パンクしたら記事にする、PanaracerのR-Air外れチューブ?

DSC06738.jpg

先日のパンク原因の記録掲載。
いつもの夏山町TTの後に下り基調のルートに入ってしばらく、
少し民家があるところまで下って来たところで突然後輪からシューっと音がして空気漏れ。
ただの風切り音と思いたかったがあっと言う間に後輪が凹んでパンクした。

ロードでのパンクは今年2回目、
前回は異物刺さりでのパンクだったが今回の原因は何だろう?

後輪を外してタイヤ外周をぐるっと確認してみたが、
それらしい異物が見当たらない。
今回の様にあっと言う間に空気が抜けるパンクの場合は、
異物が貫通した場合の状況なのだが、その異物が分からない。
念のためタイヤに残っている砂利等を安全ピンで取り除いておく。
(指で取れない細かい石刺さりもあるので安全ピンは携行しておくと良い)

DSC06739_20151217141544c50.jpg

原因はこちら。
パックリ穴が空いていた。
チューブはPanaracerのR-Airだが何かが刺さって空いた穴かどうか分からない。

DSC06740.jpg

同一部分のタイヤ内部と外周部を確認したが、
小石刺さりや異物は無かった。
SCHWALBE ONEは問題無い。

今回はチューブで外れを引いたのだろう。
軽量チューブだけにこう言う外れもたまにはあるか。
安心を得るならブチルチューブの厚みのあるのを選択した方が良いかもしれない。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター