コーラではなく、METs(メッツ)運動強度についての話しとダイエット

sinpaku.jpg

ダイエットにおいて、
運動とカロリー収支を考えるのは基本中の基本。
基礎代謝量と消費カロリー、摂取カロリーを比較してマイナスなら痩せるしプラスなら増える。
凄く単純だけど意外と無頓着だったりする。

そんな中で運動をしようと考える時に、
この運動はどれくらい効果がある運動なのかを強度から指標化する数値としてMETsと言う単位があるのを知った。

■METs(メッツ)、運動強度について考えよう(白鯨の健康日記)

1METsだと安静時何もしていない場合で、
それの何倍負荷のある運動をしているかでカロリー消費量を計算している。

上記のページが非常に詳しく各個人の状態に応じた計算機があるので当てはめてみた。
基礎代謝量:1471.8kcal
エネルギー所要量:2207.7kcal

ここで注目はエネルギー所要量のカロリーで、
普段の生活をしていて必要とされるカロリーの事。
なのでカロリー収支を考える上でこれより摂取するとプラスでこれより少ないとマイナス。
ここに運動による消費量を追加するので、
運動した事による総消費カロリーでマイナスが続けば痩せると言うわけ。
(本当にざっくり単純化した場合だけど)

下の表にどんな運動をどれくらいやると何カロリー消費するのかが計算される。
主にウォーキングから表示されていて、
ちょっと早歩き程度のウォーキング(3.8METs)を1時間やって175.3kcalの消費量だった。

まぢか!
1時間歩いてたったの175.3kcal程度。
実際やってみると分かるが1時間も歩いたらそれなりに運動した気になってしまう。
歩くと言う運動強度ってそこまで低いものか。

じゃあマラソンと言われるくらいの呼吸が苦しいランニングだと(9METs)で10km1時間ペースは、
504.8kcalの消費。
これも思ったより少ないな。きつい割には。

では肝心の自転車はどれくらいだろうか?
ここの数値には自転車の強度が書いて無かったので以下を参考にしてみた。

■自転車での身体活動別METs値/消費カロリー(dietrooms.com)

そうすると、
だいたい自分はいつも8METsくらいで走っているみたい。
ざっくり計算すると先日は1474kcalの消費と出た。
自転車カテゴリーの無い上記計算機だと同じ8METsランニングで1177.3kcalとある。

ウォーキングとランとの負荷具合から考えて自転車の場合は
だいたい1000kcalは超えてその間くらいと言えよう。

自転車ってそう考えると自覚する運動強度に対して、
長時間運動出来るしカロリー消費量も多いのでダイエットに向くと言うのも頷ける。
時間に対していウォーキングとかより効率的だ。
何より簡単に心拍のコントロールが出来るから。

同じ運動強度でランニングやサッカーとかビーチバレーがあるが、
同じ強度で3時間以上出来るかどうか?
そう考えてみれば自転車は余裕だがランニングは厳しい。
逆に言えば自転車なら8時間だって続けられる。
やる気になれば24時間であろうとも……

長時間やるには心拍数から考えてTTの運動強度だと15METsは無理だ。
もしダイエット目的でやるなら心拍数を縛って低すぎず高すぎず長時間出来る強度で、
これが一番良いのが分かる。
時間が許すところでダイエットしたいならその状態での運動を1週間続けられる強度を積み重ねるのが効率的と言う結論だ。

自転車ならLSDよりもちょい上くらい。
秋から冬に向かってちょっと食べ過ぎるかなあと思う人は、
この運動強度(METs)とカロリー消費量を計算してみると良いかもしれない。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター