かつて星空を見た思い出の場所へ、平谷高原の長者峰

DSC06108.jpg

今回は前から気になっていた思い出の場所へ自転車で。
平谷高原から治部坂峠へ向かう途中にある長者峰・高嶺山へのヒルクライムルートへ。

余り早起きは出来なかったが、
何とか起きた6時頃から準備して7時過ぎにスタート。
なかなか早起きは苦手だ。

DSC06074.jpg

早朝は少し暑さも和らいだ?
空を見ると若干の秋の気配も感じられる。
世間的にお盆休みなのか人の気配が余りしない感じがする。

DSC06075_2015081309033446b.jpg

今日のマヨ橋。
今日も良い天気だ。
体調は悪く無いがやはり寝不足気味で前半は脚が回らない。

DSC06076.jpg

ルートをどうするか迷っていたが、
前回が小渡往復だったので往路はまたこちらへ。
いつもの大多賀峠TTスターチ地点から。
ペースは40分をベースにして進む。
だいたい遅すぎず速すぎず。
このくらいのペースでも後半の勾配がきつくなると厳しい。
最後はちょっとタイムが微妙になったので急いで登頂。

39:46くらい。

DSC06080_2015081309033807f.jpg

そのまま稲武から153号を上って下って大野瀬から旧道へ。
やはり急ぎでは無いならこちらのルートがのんびりした雰囲気で良い。

DSC06081.jpg

田舎の水処だと湧き水が多い。
庭先で水を貯めて生活用水にしているところが多い。
これがあると何か田舎に来たなあと感じる。

DSC06083.jpg

根羽からはそのまま10km上りコースへ。
ブルベでは何度か走ったこの上りコースはずっと直線な上りが続く。
精神的にも体力的にもきつい。
真夏のこの時期にこちらを選択したのはちょっと後悔した。
余りに暑くてドリンクも枯渇、
かなりぎりぎりだった。
こんなルート選択してるの自分くらいかと思ったら一人奇特のローディーが見えて来た。
まるいちのジャージの人?
そう言えばショップツーリングで昼神温泉行くと言っていたが一人だけ後追いかな。

DSC06087.jpg

ネバーランドを何とか超えて喫茶峠、平谷高原スキー場を通過したらやっと平谷道の駅。
ここまでが長く感じた。
やはり上矢作ルートのが良かったか。
ずっと太陽照りつけるヒルクライムは体力を消耗し過ぎる。

DSC06088_201508130917246dc.jpg

やっと水分補給。
アクエリと水を補給して飲み干す。
あと少しだが1本分ボトル補給出来たので残り保つか。

DSC06091_20150813091726ec4.jpg

ひまわり畑は小ぶり。
手前にトウモロコシ畑で奥にひまわり。
トウモロコシのが多いな。

DSC06092_201508130917279f3.jpg

少し上って今日の目的地。
いつも通過するだけでそう言えばと思い出した場所のこちら。
高嶺入り口、6km10分(車で)とある。
小さい頃の記憶だが、
ここには来た事がある。
天体望遠鏡を持って星を見に来た。両親に連れられてここで星空を見た思い出の場所だ。
そこに今、
30年振りに自転車で来た。

DSC06093.jpg

いきなりきつい勾配。
スタートが1000mくらいから1500mで6km弱なので、
ずっと5~6%くらいか。実際のところは6~8%くらいだと思うんだけど。
もう少し脚を残していれば楽なのだがさすがに余力はなかった。
かなり時間をかけて上って行く。

DSC06106.jpg

38分くらいかかって登頂。
きつかった~。
頂上は記憶にあった通り小さい駐車場になっており、
ここからさらに登山道も続いている。

DSC06104.jpg

こんなモニュメントもあった。
当然自分の記憶の中ではこれは無い。
当時はだだっ広い砂利の広場だけだったと思う。
現在は他にトイレも備え付けられていた。

DSC06094.jpg

長者峰へ少し歩いて上ったところにある。
ロードシューズで行けるのはここくらいだな。

DSC06095.jpg

上ったところに看板と三角点、標高は1573.6mとある。
鹿児島県の霧島山、高千穂峰と同じくらいと書いてある。

DSC06096_201508130930599a2.jpg

この看板の奥に見える山が蛇峠山、
数年前に上ったあちらの山もきつかった。あそこには電波塔が見える。

DSC06103.jpg

展望台の東屋からは平谷の町並が見下ろせる。
丁度あの交差点が道の駅から平谷高原へ行く方と、上矢作へ行く方、上って来たスキー場方面。

DSC06101_20150813093542f9b.jpg

引いて見える山は茶臼山方面。
ちょっと今日は霞んでいる。

ここの展望台から少し奥に入ったところから、
パラグライダーの離陸台がある。
時折楽しげな声と共にパラグライダーが飛んで行く姿が見えた。
ここへ上る途中に大きな影が頭上を通過したと思った。
大きな鳥だと思ったがグライダーだったのか。

DSC06109.jpg

しばらくこの景色を眺めながら、
持参した食パンを食べながらシューズを脱いで高原の風に吹かれていた。
日陰のある木立の下で座ってぼんやりしていると疲れも取れて来る。
ずっとここに居たい気分だが、
そうも言ってられない。
現実に戻ってさて帰ろう。

DSC06111_20150813094357052.jpg

帰りは下り基調。
と言っても喫茶峠まで少しだけ上り返し、
往路でひーこら上ったところをずっと滑走。
真っ直ぐな下り道なので非常に楽ちん。

DSC06112.jpg

帰りは大野瀬の旧道から矢作ダム経由のいつものルートで。
毎度の事ながらこちらの道は路面が悪くて後半は振動がきつい。

DSC06113.jpg

さらにここまで来るとさすがに暑い。
青空と緑の湖面がいかにも夏って感じだ。
帰りの矢作湖周辺を走るのはいつも長く感じる。
途中にクラインガルデンがあっていいなあと眺めながら走る。
平谷への上りでもあったが、最近この手の施設と言うか別荘良く見るな。

DSC06115_20150813094401a7c.jpg

小渡まで何とかたどり着いて最後の補給。
安定のオレンジジュースとガリガリ君のすいか。
これで何とか持ち直して帰りはまったりと左岸で帰宅。

さらっと行けそうな平谷高原方面だけど、
気がつけば距離が結構ある。
やはり早起き出来た日で無いと体力消耗度が大きいなと思った。

本日196km。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター