熱中症になった、では無くなって行った

IMG_1220.jpg

そら暑いわ。
日曜には久しぶりに外を走れる楽しさから、
ついつい無理して走ってしまった。

それに追い打ちを掛けるように、
もしかして8時間切れるんじゃない?と思ったところから無理をした。
おかげで帰宅後直ぐに扇風機全開にしつつアクエリアスを一気に飲み干してしばらく身動き出来ず。

その日の夜くらいには、
若干頭痛がすると言う状況だったが、
どう考えても熱中症の症状だったと思う。

kion.jpg
最新の気象データ >日最高気温(気象庁)

土曜から今日までにかけてずっと真っ赤な日本列島。
徘徊しているブログであちらこちらで熱中症と思しき状態になっていた人を散見した。
山に行けば気温は多少下がるけれど、
標高上がればその分日差しは強くなるので、
大会があった乗鞍でさえ暑かったと言う。

熱中症になった経験がある?
と言う問いに「無いかな」と答えてしまうのは、
倒れたり吐き気を催したりそう言う意味での「無い」と言う答え。
この考えがそもそも危険で、
人間の身体なんだから0、1の値では無く徐々に危険に重篤化して行くものだ。
そこで突然に意識を失ったりしてしまう。

これってインフルエンザになった事があるか無いかにも似ているのかな。
なった事があるか?に対して、やはり無いと答えているが、
高熱になって重篤化していないだけでかかってはいるが自覚していないだけだ。

おそらくいつもの後半はクールダウンと思って走っていれば、
単なるライド後脱水だけだっただろう。
ついつい頑張る性格なのも問題だ。

スポーツ時の熱中症予防については、
ポカリスエットや所さんのCMで有名なOS-1(オーエスワン)の
大塚製薬のページが分かりやすい。
熱中症からカラダを守ろう>効率的な水分補給(大塚製薬)

これを見ると、
程よい温度の水分と共に、
ミネラル塩分と、吸収しやすい糖分も摂ると良い。
上記の説明にあるように、
”塩分(ナトリウム)と糖分を含んだ水分補給が効率的”とある。

そう考えるとスタート時に飲んでいたいつもの粉飴飲料は理にかなったものだった。
下記参照
■ブルベやロングライドで長く走り続けるための補給品届く
それかオレンジジュースも良かったのかな。
夏場は水分補給をメインにするので、
濃度は半分くらいの薄さで氷を入れて作る。

基本は水分、塩分、糖分の程よい摂取と無理はしない事か。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター