Speedplayのクリートのいもネジ調整でこうも変わるものかと、の話し

DSC04019_20141003132551dce.jpg

いつの間にか緩んでやがる・・・
前回に、
■Speedplayのクリート交換、バネじゃない部分の破損とかは初
と言う事でクリートバネ以外を交換したところなのだが、
なぜかここが緩んで来ていた。

ここと言うのは、
こも外側のイモネジ部分の事。
Speedplayにおいてここは何を調整するかと言うと、
シューズを固定時にかかとの振り幅を調整する部分だ。
この写真の状態だと、
左足なのだが外れる状態に行くまで5度から10度くらい遊びのあるままになる。

Shimanoなどのクリートで言うところの、
黄色とか青とか赤とかの色で変更する部分だろうか。
それがリニアに変更出来る点はこれの良いところ。

膝に良いと言われる所以は、
この調整代があるので、
各個人に好みの状態で変更出来るところにある。

それでここが緩んだ状態でも普通に乗れる。
固定されている事に変わりは無いのだから。


DSC04020.jpg

しかし思い出した事があった。
今さらだけれど乗鞍ヒルクライムの最後の最後の、
ゴール手前でダンシングスパートをかけた時に、
クリートが外れそうになった事がある。

と言うのは、
力をかけた時に膝から下がぶれて遊んでしまった状態になったのだ。
あれ?
これって力が逃げる、膝がぶれる、
時としてパワーを掛ける時に良く無いんじゃないか?
ふと思って、
ある程度遊びを残していた設定を上記の写真の様に完全固定にしてみた。

固定は若干のがに股、
カカトが内側に入るところで完全固定。

DSC04022.jpg

どうも緩みやすいイモネジなのでロックタイトをしっかりと。

DSC04021_201410031325545b4.jpg

そして今こんな感じ。

結果どうだったかと言うと・・・




まだ2回乗っただけだが、
すごくダンシングがしやすい。
力がかけやすい。
膝からしたがぶれにくい。

先日の夏山町TTでも何となくそう感じた。
よりパワーをかけた時にそう感じた。
もしかして今まで凄いパワーロスしていたんじゃないだろうか。

あくまでパワーをきっちりかけたい時に限るので、
短いTTにはこれがいいのかもしれない。
ただし、
遊びが無いのがロングライドでどうなるかは未検証。
人によるだろうが、
固定してしまうとロングライドで膝に負担がかかるかもしれないので、
要確認と言ったところか。


TTでここ一番って場合は、
Speedplay利用者は完全固定してみるのも一考である。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター