2014年第29回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍の参加記の当日編

IMG_0697.jpg

2014年第29回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍の参加記の当日編をどうぞ。


乗鞍レースサイクリングの続き。

IMG_0684.jpg

午前4時起き、
2時くらいにトイレに起きて二度寝してからの。
思ったよりは寝られた感じがする。

朝食はオニギリ、メロンパン、玉子サンドウィッチ、アミノバイタルゼリー。
食べてしばらくしたら催す。
出発直前に宿で軽量化完了。
幸先良い。

会場到着。
往路の国道はほとんど前車居らず、
早々にDNSを決めた人も居そうな感じ。
つまりシトシト雨だった。

IMG_0691.jpg

これから上るスタート地点。
全く視界が無い。
これは開催自体が危ういのでは無いかと。

I吉さんへ当日参加のための預かり荷物を渡す。
相変わらず1日だけの強行参加でお疲れ様である。

車に戻って開催の可否を決定される午前6時まで待つ。
6時少し前に会場へ聞きに出る。

アナウンスに耳をすます。
乗鞍大雪渓のつぶやきを見る。
天候が回復傾向にあり、
予定通り県境までのフルコースで開催決定。

IMG_0685.jpg

やるのか。
やらないといけないのか。
正直、
この時点で気持ちは途切れていた。
雨だと走る気がしないのは自転車乗り共通の事。当たり前だ。

IMG_0686.jpg

開催されるなら走ると決めてはいたので、
自分は出走準備。
tAkEdAさんペダルイ2号さんは雨と分かった状況での走行は無し、
と言う事でDNS。

スタート準備に向かう。

IMG_0687.jpg

チャンピオンクラスは場所取りも特に必要無い程度に少ない。
101番~のゼッケンで380番くらいまでで、
雨だったの考えると実際250人くらいか。


荷物預けに全てを預けて戻った。
その頃から天気が回復傾向から一転、
悪化傾向へ。
どんどん雨脚は強まるばかり。
待機列で待っていた選手も皆、
お店の軒先に集まり初めていた。

6時ではフルコース開催を決定した主催側も再度審議中。
いつもご一緒のカワァイさんとも合流でどうでしょうと会話中。
話しをしていたらサッチーも発見。
自分らと彼とは出走時間が1時間違うから大丈夫じゃない?って感じで。

そうこうしていたら主催から発表。
頂上は風が強く気温も低いため、
ゴールを大雪渓までの短縮19kmとして開催、スタートを30分繰り下げとの事。


はあ、
内心中途半端な開催だなと。
大雪渓まで行くならフルとそう変わらんよと。
そんだけ距離走らないといけないのかと。
どうせなら位ヶ原山荘までの方が昨年と比較出来ていいのにと。
いっそ中止でも良かったのにと。


この時点で心は既にレースでは無くなっていた様だ。
一度切れた気持ちは繋ぎ直すのが難しい。
それが出走前で全て決まってしまっていたのだと今になって思う。


スタート30分前になった頃に少し雨は小降りになって来た。
自転車に戻ってスタート地点に移動。
今回も全く緊張感のかけらも無い。

正面にスタートのバルーンを仰ぎ見る。
頑張っても目標の3分オーバーくらいだなと、大雪渓ゴール60分から63分にと修正。

寒いからボトルの水も一口飲んでから全部捨てる。
乗鞍ガールがカウントダウンのプレートを掲げつつ、
スタート1分前、
30秒前、
5、4、3、  スタートです。






チャンピオンといえども300人近いので先頭から後方に位置する部分で30秒以上通過時間が違う。
ネット計測なので慌てずゆっくりスタートラインを通過と同時にLAPボタンを押してスタート。

路面が完全ウエットで怖い。
普段のタイヤでも怖いのに細い、高圧タイヤで平地でも滑りそうだ。

集団が細い左折路へ入った瞬間に詰まった。
いつもの感覚でブレーキかけたら全く止まらない。
周りで叫び声みたいなの飛んだ。
自分も周りもぶつかりそうになる、
序盤から勘弁してくれ。
さすがにチャンピオンに出る程度の選手なので慣れたもんで、
接触事故とかは無く上手く交わしてばらけて行った。
自分は怖いのでブレーキングしてから後方集団にあえて下がって行ってしまった。
ここでカワァイさんを早々に見送る。

さて、
いつものレースレポだとここで頑張った、
ここで誰それと競り合ったとか書くところ。
今回は最初に下がり切ってしまったところ気持ちぽっきり折れてしまった。
あ、
苦しい。
上げて走らないと駄目なのにこの苦しさから開放されたい。
そこに突入して行きたくない。
そう思っていたらもう上げれない。

ばらばらと遅れて行き、
周りの集団も無くまばらの走行。
路面は濡れてて怖いし前方は霧雨で視界不良。
全く踏み込む気力が湧かなくなってしまった。

ペースはもはやレースのそれでは無い。
ちょっときついサイクリングペース。
ブルベで頑張っている程度のペースだなこりゃと自分でも思いながら走った。

目標スプリットをGPSに貼っていたが全く目に入らなかった。
三本滝ゲートはまだ?まだか?とそれだけでも長く感じた。

一人二人と抜かれるのに、
全く気にせず抜かれる。抜かれたら着いて行くべきなのにその気力も無い。
ただただ追い込まず走っているのみ。

建物が見えて開けて来たから三本滝ゲートか。
ショートコースでここでゴールでもいいやと思ったりした。
昨年18分30秒くらいで通過のところを今年は19分丁度くらいにゲート通過。
遅い。
昨年でもスローペースだと思った通過タイムより30秒さらに遅い。

もう駄目だね。
切れた糸は戻らない。

ここから九十九折のきつい区間。
なかなか速度がケイデンスが上がらないし心拍も上がらない。
なので急勾配の時だけちょっとこわごわしつつもインを突いて無理やり上げてみたり。
そうするとショートカットして一人二人を追い抜く。
でも元に戻ってすぐ抜かれる。
さらに抜かれる。

それの繰り返し。
だいたい周りの集団は同じ様なメンツになりつつあった。
しかし自分より先行している場面のが多い。
それをそのまま容認してしまう気持ちもずっと続く。

大きくきついカーブを曲がって見上げると位ヶ原山荘が見えて来た。
通過タイムを見ると??
50分丁度くらい。
昨年はここがゴールだったが52分台だった。
なんでサイクリングペースで走ってるのに2分速いんだ。

わけがわからない。

ここからさらに勾配が上がる区間がある。
もしかしたら最後尾争いか?
てくらいまばらなのでちょっと心配になって来た。

余裕が出て来たので、
ここからちょっとだけ頑張ってみる。
気が張った状況なら周りのペースを見るにどんどん追い抜ける感じ。
しかし今日はそれも一瞬で終わる。
戻す事は不可能だった。

晴れていれば正面に見えるはずの乗鞍岳はまだ見えない。
しかし岐阜県側の方向は徐々に晴れて来た。

何だ、
晴れてるし。路面乾いてるし。

景色を眺めながらもうちょっとだけ我慢したら全てが終わる。
また抜かれるが別にいいやと思って走る。

さらに大きく右にカーブしたら大雪渓まであと少しだ。
ゴールまで500mを切ったところで、
最後くらいはと思ってダンシングしてみた。
大きく身体がブレる。
力は残っていなかった。
前を走る人も同じくダンシングしてラストスパート。
追い抜く事も無くそのままゴール。


終わった。
予想通りかタイムは
63分を少しオーバーしていた。

DSC03839_201409081033336da.jpg

なんて良い天気だ。
空の上は雲上の世界。
最後に見せてくれたのは乗鞍の最高の景色だった。

DSC03846.jpg

荷物を探してカワァイさん健闘を称える。
4分差を付けられたのはいつも通り。

DSC03855.jpg

着替えていつもの写真を一枚。
周りに人多めだったので控えめに。
大雪渓をバックに。



DSC03861_201409081035508ce.jpg

ゴール地点。
こうやって見ると結構上ってるところ。

DSC03864.jpg

さっさと下りつつ時々下山休憩を挟みつつ。
後半ほど天気は回復傾向にあり、
これから暑くなりそうだった。
しかし山肌を見ると秋の気配がもう近くある。

DSC03866_20140908103829a3b.jpg

今年の乗鞍はヘリも飛んでいたがドローンも飛んでいた。
空中撮影の捗るアレだ。
テレビ放送もある様なので楽しみにしておこう。

DSC03867_20140908103830639.jpg

ゆったり下って、
完走証を受け取る。
今年はスイカじゃなくてりんごだった。

DSC03869.jpg

下山後の乗鞍は晴れ。
午後から気温は上昇、
晴れてサイクリング日和な模様。
大会終わりで既に上り始めている人も居た様だ。


全てが終わった。
後悔ばかりが残るがそれも一つの結果。
サイクリングペースだろうが、
それも実力のうち。


DSC03873_20140908104147ad7.jpg

最後の開放感。
この瞬間は楽しみたい。
明治亭にてソースカツ丼を食べた。

ほんとにこれの瞬間が1年の終わりと感じる。

長い様で早かった一年がまた終わった。
乗鞍を境に自転車生活は一年と締めくくる。

また新たな一年が始まるけれど、
それがどんな一年になるか、
どんな一年にするかはまだ白紙。

全て白紙で始めてみよう。


おしまい。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター