夏休みライド2014、受難のライドでDNFの本編

DSC03709_201408141223548df.jpg

数日前からずっと天気予報と睨めっこしていた。
この日しか無い。
そう思って水曜日に一日だけ夏休みライドを計画。

今年もあの空の下へ。
もちろん乗鞍へ行こうと思った。
前日までは降雨のためにスカイラインが土砂崩れで通行止めになったり、
エコーラインも雨量規制で通行止めと解除を繰り返す日々で悶々とした。
しかし何とか前日までに雨は上がりこれは行けると決行したのだった。

DSC03661.jpg

久しぶりの輪行サイクリング。
と言ってもブルベの帰りに一度しているが。
その時にも見た定光寺駅を通過。
電車内から見るとこんな風なのか。

鈍行にゆられて4時間以上、
中津川で乗り換えて薮原駅に到着。
そう言えば先月に大雨で流された鉄橋を無事通過していった。
わずか1ヶ月以内に復旧させたJR東海の本気具合を実感。

DSC03663_2014081412235563b.jpg

折り畳み自転車の輪行はお手軽。
え?
これで行くの?
本気である。

DSC03664_201408141229593c8.jpg

薮原駅から県道26号を上って行く。
スーパーマーケットまると

今まさに開催中のTJARの選手も買い物して行ったお店だ。
レースレポもちょっと報告していた。
周囲にコンビニも店も無いので買い物にはここしか無いだろう。

DSC03665_20140814123000202.jpg

今年はなぜかお盆に入ってから天気が不安定。
今日は何とか保ちそうな良い天気。
暑過ぎず、夏にしては涼しめ。

DSC03666_20140814123441e5b.jpg

右折すると味噌川ダムまで3km
どうしよっかなと思ったが先が長いので今回はスルー。

DSC03667.jpg

徐々に勾配が増して来た。
ぱっと見で5%くらいなんだけど、
シングルギヤにはきつい。
普段のロードならなんて事無いはずだが、
変速出来ないってこんなにも負荷がかかるのか。

DSC03668_201408141237060da.jpg

時々10%近くの上りになると、
最早ケイデンスは30を切りそうなくらい。
後輪がゴリゴリ言う。
大丈夫かなと思いながら無理やり上る。

そんな中で、
道路工事のために片側交互通行の停止信号が。
上る車と一緒に待って青に変わって上り始めたが、
ここが一番きつい勾配だったので、
九十九折に上って行っても当然信号タイミングに間に合わない。
対向車線から普通に車が来ていた。

DSC03669.jpg

既に汗だく。
境峠を攻略。
ここに来たのって何年振りか?
らうむさんとしいはらさんとで雨の中上った記憶が蘇る。

DSC03670.jpg

さーと下るかあと思って、
だだっと振動を受けたら何かが後輪に当たりつつ脱落した。
え?と見たら電池と蓋にバラバラになったキャットアイのリアライトが。
振動でブラケットから脱落してしまった。
戻って何とか回収したが、蓋と本体の間にある防水のゴムが見つからなかった。
はめてみるもアレが無いとゆるゆるで駄目だ。
とりあえずバッグに戻して再開。

DSC03671_20140814124341b18.jpg

一気に下って、
奈川に入ったら野麦街道と合流。
ここも全部乗せで走ったところだ。
若干上り返してからすぐ下り、
今日はこちらへ。
左折すると乗鞍高原20kmの看板。

まっすぐ行くと梓湖と奈川渡ダムのあるトンネルが多いルート。
こっちから行けなくも無いけど怖い。
左折すると白樺峠越えで乗鞍高原までヒルクラ林道。
自転車ならこちらをお勧め。

DSC03672.jpg

蕎麦屋が数件軒を連ねる中を再度ヒルクラ開始。
もともとスーパー林道として有料道路だった。
今は無料開放区間。
奈川渡ダム経由と違って交通量は極めて少ない。
ただし勾配もそこそこあってきついルート。


料金所を過ぎてからしばらく、
ハンドルを押しつつヒルクラしてて、
前輪から何やら気になる音が。
最初は落ち葉がブレーキシューとリムの間に挟まっている音だと思った。
いやもっと甲高い音、
泥除けが割れたか?
止まって空転させてみたら・・・
あああ、ホイール振れてる。
カラカラ音がする。
やっちまった。

またニップルの頭が1個飛んだ。
前に治したのと同じ症状。
もちろん別の箇所だが前輪なのは同じ。
どうも振動でいってしまったのか。


DSC03673_20140814125124a8b.jpg

ちょっと羊羹食べて落ち着いて考える。
先へ行くか戻るか。
ここまで約30km。
乗鞍高原まであと10km上り。

しかし乗鞍高原の観光センターまで到着しても、
この状態で乗鞍エコーラインをさらに上るのは無理だ。
当然さらに下って高山へ帰るのなんて怖くて駄目。
観光センターからバス輪行しても金が余計にかかる。

戻るしか   無いのか。



殘念ながら乗鞍まで10kmを残して今回のサイクリングはDNFを決意した。
お腹を少し満たして来た道を戻る事に。
下りは極めてゆっくり。
なるべくリムに負担を掛けないように後輪ブレーキをメインで。

DSC03676.jpg

奈川から境峠の上り返し。
逆からもきつい。
確か下る時に8%の看板を見たな。
ゆっくりながらも不安にヒルクライム。

DSC03678_20140814125539078.jpg

何とかまた堺峠を攻略。
もともと乗鞍へ行ってから戻る場合は同じ行程となる、
境峠上り返しだが、
乗鞍に行って無くてもかなり太ももがぷるぷるできつかった。
乗鞍に行った場合上れただろうか。

DSC03683_20140814125822e8d.jpg

途中に気になった人口の滝を見物。
釣りしている人が居たが何か釣れるのだろうか。
水場付近に行くと涼しい風が吹いて来て快適。

DSC03688_20140814130013972.jpg

下っている途中は曇っていたが、
段々と晴れて来た。
何か逆に恨めしい。
乗鞍まで行けばきれいな雲海が拝めたかもしれないのに。

ある程度下ってもう駅から直ぐ帰るかと思ったが、
そう言えばダムがあったなと。
行く時にスルーした道をダムへ目指していた。

DSC03691_20140814130014675.jpg

味噌川ダムへ向けて上りになっていた。
何この激坂。
九十九折が余裕で10%オーバーだったので、
躊躇無く押し歩き。
ホイールの事を考えたらそれしか無い。

DSC03692_20140814130016e2b.jpg

ダムサイトに到着で資料館があった。
カモシカの剥製だ。
昨年来た時に見かけたな。
この辺はとても多い。

DSC03693_20140814130422acb.jpg

カードは資料館じゃなかったみたい。
銘板で撮影。

DSC03694_201408141304231b8.jpg

ダム湖は広い。
奥木曽湖の貯水量はそこそこ。

DSC03699.jpg

堤を渡った先にある管理所で、
事務所の方にダムカードをもらう。
お盆期間だけど人は居た。

自転車で来たんですか?って驚かれた。
かなり山深いので珍しいのかな?

来た道と反対の下りを下る。
2通りあったルートでこっちのが楽だったんじゃ。
押し歩いたくねくね道のがきつかった模様。

DSC03701.jpg

薮原駅の近くにて。
村民センター前に展示してあるSLのD51を見学。

DSC03704_20140814130909a3f.jpg

中が見える。
機関室が萌える。マシーン計器萌え。

DSC03708.jpg

思いがけず、
最後に良い目の保養。
こんなのがあったのだな。
中山道の一里塚後とSL。


無事薮原駅に戻って来たところで、
列車が出た直後だった。
急いでも間に合わないので、
ゆっくりトイレ行ってドリンク補給して待合所でぼんやり待った。
次の列車まで40分。
鈍行の旅は移動時間が長い。

帰りの列車もずっと立ちんぼ。
4時間かけて帰宅したのだった。

殘念ながら乗鞍へシングルスピードミニベロで、
は達成ならず。
しかし境峠往復だけでも足がプルプルできつかった。
とりあえずしばらくはいいかな。
ダムとSL見たし今回はここまで。

またホイール直してもらわんと・・・


DAHONで61km。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター