DT SWISS RWSと言うクイックでは無いホイール固定の話し

DSC03594.jpg

自転車のホイールを固定するには、
ロードバイクの場合ほとんどクイックリリース方式である。
これはその字の如く、
レバーを開閉する事で簡単にホイールが着脱出来る。
ロードレースではパンクが頻繁に起こるので、
クイックリリースがほとんどだ。

で、
今回買ったのはDT SWISS RWSと言うもの。
RWS=Ratchet Wheelmounting System
の事でラチェット式にホイールを締め付けて固定する方式?

なぜこれにしたか?
とあるまたもや議論になっていたTwitterでの話し。
これにする事でホイールをより強固に固定出来て剛性アップ、
よりバイク乗車時の剛性感もアップすると言う。
まさにレース向けなアイテム。

眉唾だなと思いながらも試してみたいのが心情で買ってみた。

DSC03600.jpg

基本的には構造はクイックと同じなので、
現在付属している物を抜いて交換するだけ。

DSC03599_20140809120543bee.jpg

クイックレバーでは無いので、
レバー部分は倒す構造では無く、
締め付けはそのままグイグイ時計回しに回すだけ。
ラチェットの部分はこうだ。
レバーを上げるとレバーの位置を任意で動かせる。
厳密に言うとラチェットでは無い。
何回かモデルチェンジしてその名前が残った形か。

DSC03597_20140809120541765.jpg

どれくらい締め付け力が上がるかと言うと、
これが不安になるくらい締め付けられる。
クイックで固定力が高いと言うShimanoの9000系ホイール付属のクイックよりも
余裕で倍くらいは固定力がある。

自分のバイクはチタンなので、
後輪は割とみっちり固定してみた。

逆にフロントフォークはフルカーボンなので、
こわごわしつつ、
Shimanoのクイックよりは1.3倍くらいまでで固定。




早速走ってみたのだが、
どうも走ったのが余り体調の良い時では無かったからか、
これに変えた優位性を見出す事が出来なかった。
しかしながらいつもよりがっちり感を感じられる・・・様な気がする。
まだ、
さらっと乗っただけなのでもう少し乗り込んでみて再度インプレしてみようと思う。

最後に実測重量を掲載。

DSC03596.jpg

DTSWISS RWS スチールシャフト リヤ 130mm:54g

DSC03595.jpg

DTSWISS RWS スチールシャフト フロント 100mm:51g



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター