BRM614中部600km(全部乗せ)の当日編前編

DSC03320.jpg


今週末はオダックスランドヌール中部さんのブルベ、
BRM614中部600kmに参加した。

BRM614中部600km(全部乗せ)の当日編前編をどうぞ。
コースは江南のすいとぴあ江南スタートゴールで、
西ウレ峠経由の野麦峠、諏訪湖から伊那、新野峠に三河の新段戸トンネル、
瀬戸犬山経由でぐるっと廻るコース。
まさに中地方のあれこれ上りの”全部乗せ”である。


DSC03272.jpg

まずはスタート地点の江南まで自走。
0時半起き、1時半出発。
午前5時スタートだと輪行するにも始発前、
前日入りするには宿泊前提なのでね。
3時間かからないだろうと思ったが、名古屋市内の深夜帯信号峠がきつかった。
すっかり忘れていたよ。全ての交差点で止まる。

DSC03273.jpg

すいとぴあ江南到着、
午前4時半。
既に68km走ってしまった。
何とか間に合った。名古屋市内以外は快走出来た。

DSC03274.jpg

参加を表明したのが火曜だったので、
受け付けで代金支払。
ブルベカードが名前入りのジップ袋に入っていて受け取る。
カードも名前が印字されてた。

DSC03276.jpg

ブリーフィング中。
キューシートの訂正二箇所、
いまいち一個目が分からず。道が新しくなったのがまだ反映されていない?
しかし、
この難コースにエントリーが85人ってどんだけ~。出走は60人くらいだったそうで。

DSC03277.jpg

定刻通りの5時スタート。
最初のクラスタに乗車。
三船さん列車だった。
そして名古屋600kmで一緒に走ったCOLNAGOの方とも同じく。
今回はまったり走る予定だったけど、
この辺りの速い人集団でしばらく共にする。
どうしても前半の道が不安だったので。

DSC03279.jpg

今日は暑いだろうと思っていたが、
早朝は雲が多め、
涼しいし丁度良い気温だった。むしろ雲が多くて心配な。。

DSC03280.jpg

しばらく郊外の道をくねくね走って次第に山の中の道へ。
ここからほぼ道なりだろうと思って走って行ったところで、
前を走る方のGPSがピロピロと鳴った。
ルート外れの警告音だな。

と、ここがブリーフィング時の注意点か。
写真の新道は間違いで右折。まだGoogleもルートラボ地図にも反映されていないところだ。

問題無くルート復帰して先へ。
ここからはCOLNAGOの方や三船さんらと5人くらいで。

DSC03281.jpg
PC1;6:44

50km感覚でのPC設置でまだ休憩は不要な感じ。
いつも通りウィダーとブラックサンダーのみ補給。
さらっとリスタート。

DSC03283.jpg

ここからは3人ローテ。
COLNAGOの人とLOOKの人でせせらぎ街道を走る。
しかし中部のルートってのどかと言うか何も無いところだなあ。
早朝と言う事もあるけど車少いし走りやすかった。
進んでいる先は高山方面だけど、
名古屋の時は国道41号、今回はさらに西のせせらぎ街道。
交通量と言うより自分達以外誰も居ない。
上り基調がずっと続くほぼ林道だけど自転車には走りやすい道だった。
先を急ぎたいなら41号だけどね。

DSC03284_20140616095217ca4.jpg

まずは一盛り目。
放生峠を上る。
そこそこ急勾配があるものの短いのでさらっと。
しかしご一緒メンバーが速い。
おかげで前半から息絶え絶え状態。

DSC03286_20140616095217e64.jpg

岩屋ダムを通過。
通過と言うかスルー。
ああ、ダムカードもらおうと管理所で止まって様子を見るに・・・誰も居ない。返事がない。

しまったー。
8時15分頃で到着してしまっており早過ぎた。
15分くらい待てばいいと思ったが、せっかく乗りかかったローテーションから降りるのも嫌だったので諦める。
これはまた個人的に来る事になりそうだ。

DSC03289.jpg
PC2;8:48

ここは有人チェック。
道の駅「馬瀬美輝の里」で。
ここまで来ても特に暑く無いので補給は無し。
三船さん見当たらなくてもう先行ったと思ったら後方だったみたい。
トイレ休憩を別のコンビニでしたようだ。
天気が怪しいとスタッフの方と話していたが西ウレ峠辺りは雨降ってると。
ええ?、それは勘弁。

DSC03290.jpg

これから向かうメイン料理一盛り目。
確かに雲が多めでちょっと怪しい天気。
ここからは単騎でスタートした。
スタート直後に三船さんが到着してて挨拶。

DSC03292.jpg

しばらく自分のペースで走ると、
三船さんともう一人の方に吸収された。
とりあえず付いて行こう。
途中で片側交互通行で信号停止。

しかし二人のペースが速い。
ずっと会話しながら上って行くのだが、
自分は付いて行くのがやっと。
そして徐々に雨粒がGPSに水滴として付き始めて来た。

DSC03293.jpg

トンネルを通過して西ウレ峠への上り時点で路面は完全にウエット。
雨粒と言うより霧雨だ。
これくらいなら晴れれば乾くのでウエア変更無しで突き通す。
徐々に三船さんらから離されてはるか遠くへ。

DSC03295.jpg

西ウレ峠攻略。
ブリーフィングでシークレットポイントとして西ウレ峠の標高看板を撮影して下さいとの事で。

DSC03296.jpg

こっち?
どっちでも良いと思うが両方とも撮影。
で、
どっちも撮影したよっと話したが、
ゴールで確認はされなかったな?
実は初西ウレ峠だったが、
思ったより勾配は緩くて路面が綺麗なので上りやすかった。
多少距離はあるもののゆっくりなら決して険しいわけじゃないな。
どうしても、
過去のあの雪ブルベの酷いイメージしか持っていなかったので。

さて、
路面ウエットなので慎重に下る。
頂上で三船さんらに追いついていたのだが、
下りも速い彼等にはまた離されて単独走だ。

DSC03298_20140616101703fbe.jpg

高山に近づくに連れて路面は乾いて来た。
天気も良くて快晴。
ほとんど西ウレ峠だけの雨だった。
それにしても素晴らしい。
まさに自転車日和。
快晴だが暑さも感じずカラッとしていた。

DSC03299.jpg
PC3;11:29

高山のコンビニで止まると暑い。
やはり街中は少し気温が高いのと
快走している時は風を感じているので止まれば暑い。
ここで軽く昼食っぽく食べる。
ここからメイン二盛り目のと言うかメインディッシュの野麦峠が待ち構えている。
しかしルートを見ててこの前に美女街道が。
あれが余分何だよね~って話してたら、
通るルートは新道の方だった。
自分がイメージしてたのは昨年走った旧道の方だった。旧道はくねくね林道で勾配きついしあれは嫌だ。

DSC03300.jpg

美女isどこ?
美女街道を通過。
ここで乗鞍岳?がちらちら。

DSC03302.jpg

久々野へ下ってここでも正面にチラチラ。
天気も良いし気分が高揚して来た。
この風景の中を走りたくて来たようなものだ。
昨年も走ったけどここら辺は本当にいいところ。

DSC03304.jpg

道の駅、ひだ朝日村にて水分補給とトイレ。
ザバスおスポドリがあるだ。
ここで何か食べて上るかどうか迷ったが重くなるので止めておいた。
しばらく補給ポイントが無いので我慢のところ。

DSC03306.jpg

今日はバイクが多い。
バイカーにおいても良いツーリング日和って事だ。
トンネルをいくつか通過して、
飛騨たかね工房があった。
ここでも補給は可能だったな。

野麦峠への上りは二段構え、
まずは寺坂峠へ。
この地点で野麦峠まで19kmある。これにはちょっとへこたれる。
橋を渡って行くと開田高原方面のところ。

DSC03310.jpg

民家が少しあるぐっと真っ直ぐな上り。
ここから勾配がきつい。
既にずっとファイナルローなんだけど。
しかし正面に乗鞍岳が見えて来た。
これはきついけどテンション上がる。

DSC03311.jpg

幸せの黄色いハンカチ?
野麦の館。
営業はしていないけど水分補給は出来る。
もうちょい頑張るところ。

DSC03312.jpg

急カーブが増えて来て、
距離表示も10kmを切った。
勾配もきつくて路面も微妙、
これを行くかって思いつつあと少し。

DSC03314.jpg

貯水池が見えてやっと到着。
あゝ野麦峠。
今年も来てしまった。
ひだ朝日村から2時間45分ほど。見積もり通りだ。

DSC03315_20140616103555802.jpg

さすがに疲れてここで大休憩。
お助け小屋にて野麦そば。
おばちゃん達は厨房奥でずっと井戸端会議中だった。
営業してるのか分からない様なここだけ時間が止まった様な場所。
しかしその雰囲気がゆったりまったり出来て好き。
ごく普通のソバだけど疲れててしょっぱいのが身にしみる。

DSC03317.jpg

食べ終わったら展望台から乗鞍岳を望む。
今日の天気は最高である。
この時期にこれは本当に希。富士山に続き運の良い事だ。

DSC03323.jpg

15時に出発。
結局後続から誰にも追いつかれなかったか。
もしかしてソバを食べているうちに抜かれたかな。
遠くこちらも眺望が素晴らしい。
今からこちらへ下る。長野県松本市入り。

DSC03324.jpg

奈川からずっと下りとイメージしてたら、
トンネル群のところへ行く前にアップも多い。
乗鞍へいつも向かう国道158号のあのトンネルを通過。
松本へは下り基調なのでトンネルはさほど怖い思いせずに済んだ。
トンネル内は狭いが車がむしろ多くて渋滞する。
たまに上り返しがあるのでそこは譲って下りはずっと車列に乗って。

DSC03325.jpg
PC4;16:20

新島々にて。
ソバを食べた後なので軽め補給。
ここで数人ランドヌールと遭遇。
トップはかなり先みたいですごいものだ。
日暮れ前に野麦峠を通過して来たのでペースとして良いところだ。

DSC03327.jpg

そのまま松本駅には行かずに右折、
日本アルプスサラダ街道を南進する。
この辺りからの松本市内の町並みと美ヶ原方面の眺めが好きだ。

DSC03333.jpg

サラダ街道と言うからには両側がずっと畑、農場な風景。
とうもろこしだったり栽培が盛んだ。
しかしこの道、
当初のイメージでは快適な平坦路だと思っていたが、
漕いでも速度が出ない。
むしろどんどん遅くなって20km/hを割る。どう言う事か?
振り返って見ると驚きのずっと上り。
写真じゃ分からないけどこれを見ると驚愕の事実だ。
ずーーと真っ直ぐ上っていたとは。

DSC03334.jpg

街中を通過して塩尻駅をくぐる。
段々と夕暮れから夜に移行する空。

DSC03335.jpg

諏訪湖へ抜けるために、
勝弦峠を上る。
これ地味にきつい。
ずっと似たような風景で中々終わりが見えて来ないし、
ゴルフ場まで上って終わったーと思ったらメイン峠はそこからだった、
と言う二段峠。これはきっついわ。

DSC03337.jpg
PC;5:19:2

諏訪湖畔のPCにて日が落ちた。
オレンジジュースが無かったのでアップル水。
味に変化が出て良かったかな。
甘いのがちょっと飽きて来たのでこんなのを補給。

ここで休憩していたら別のランドヌールが到着。
関東の青葉400kmみたいでスタッフ方々も知ってる様で。
こんなところでかち合うとは距離感変な感じ。

日が落ちて冷えて来たのでここで着替え。
おたふく手袋の冬インナーを中に来た。
迷ったけど持って来て良かった。
日が落ちると汗で濡れてるウエアは寒い。

DSC03336.jpg

さあここまで300km。まだ折り返し。
夕暮れに染まる諏訪湖を見ながらこの先も上りが沢山残っている。
ライトフルオンにして走り出したのだった。


後編に続く。(明日更新予定)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター