富士の国やまなし 第11回 Mt.富士ヒルクライム2014の前日編

DSC03186.jpg

富士の国やまなし 第11回 Mt.富士ヒルクライム2014の前日編
をまずはどうぞ。

今年は出る事を迷いつつも、
簡単にエントリー出来てしまったので出場する事になった。

エントリー数は6500人、
昨年よりさらに増大した日本一の参加者数を誇るヒルクライムイベント。
まずは前日受付をするために会場入り。

DSC03164_20140602093307b01.jpg

今回もご一緒メンバーは大勢なので、
車分散乗車と言う事になった。
自宅にてスーパーrヒロちゃんさんにピックアップしてもらう。
ここではtAkEdAさんとの3人で合流の美合PAへ。
話し込んでて危うく通過するところだった。

美合にてようさんと合流。
それにしても暑い。午前中から気温がぐんぐん上がっている。
程なくして、
目立つ天井キャリアのペダルイ2号さん車と合流。
きん坊さんの新しいCannondaleが青く目立つぞ。久しぶり伊吹山ぶりのカジカワさんともご挨拶。

さて一路富士山を目指す。

DSC03165_20140602093308a35.jpg

とその前にお腹が空いたら、
なので浜松SAで昼食。

DSC03167.jpg

そう言えば昨年もこれ食べたか。
結局いつも嗜好は同じって事か。
正直さっぱり目でイマイチかもな。
大会前だからさらっと食事で良かったとも言える。

DSC03170_20140602094008c78.jpg

会場受け付け地点の富士北麓駐車場に着いたと思ったら、
駐車場はもっと先と誘導された挙句、
結局分からずに反対車線に後方から合流してこの渋滞。
1km進むのに30分以上待った。

受け付けも車分散するようにしちゃった方が良い気がする。

DSC03176.jpg

天気が最高。
暑い。
富士山最高。
こんなに綺麗に見えるのは珍しいんじゃないか。

DSC03181.jpg

今年も参加のキクミミさんも。
撮影会?も大人気だったようで。
当日はどれだけの人が追い越しされたのだろう。

DSC03182.jpg

さすが大きな大会。
沢山のブースが軒を連ねる。
ライトウェイトの高級フレームを舐める様に見る。

DSC03183.jpg

この方もお馴染み木フレームの方。
ホイールも木なんだ。

DSC03185.jpg

ぐるっと回って受け付けを済ませて、
参加賞などを受け取る。
今年はウィンドベスト。
がっちりファンライドのロゴ入りで使いドコロに悩む。
反射材がもっと大きければブルベで使えたかもだが。

ポディウムでイベントとインタビューなどを横目に、
明日誰がここに立つのか思いを馳せつつ会場を後にした。

DSC03189.jpg

昨年の反省を踏まえて、
宿へチェックイン前にコンビニで朝食購入。
このタイミングだと沢山食材はあった。

今年もお世話になる宿へ。
大部屋が取れなかったので、
2部屋に分散。

ゼッケンの準備をして夕食へ。

DSC03190_20140602094839be1.jpg

こちらもお馴染み小作。
大会参加者の占有率も中々の広い座敷で食べる。
ほうとうは消化に良いか、
ヒルクライベント前日の食事としては良い方なのかな。

DSC03192_20140602094841794.jpg

熱々でふーふーしながらほうとうをほうばる。
野菜も多いからこれだけでもかなりお腹いっぱい。
すっかり体が増量してしまった。

食事を終えて宿に戻りひとっ風呂浴びたら就寝準備。
21時を回るところで寝る。

しかし隣部屋うるさいぞ。
何度か注意したくなった。

お陰で全く寝られず。
さてどうなる事やら。

大会当日編に続く。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター