FC2ブログ

トヨタの歴史がここから始まった、トヨタ産業技術記念館

s-P1240418.jpg

とある用事で名古屋へ出て行くついでにさてどこか行きたいと思って、
そう言えば名古屋駅からほど近い、
トヨタ産業技術記念館へ行って来た。

s-P1240405.jpg

秋晴れ!
天気予報では雨のはずだったのに。
雨予報だから室内で楽しめるところを選択したのに、何だこの晴れは。

s-P1240384.jpg

久しぶりに名駅。
大名古屋ビルヂングもでっかいなあ。
真ん中手前のネジネジって無くなるって聞いてたけどまだあるね。

s-P1240805.jpg

徒歩で名古屋駅から歩いてみたら、
そこそこ距離があった。
無難に栄生駅まで名鉄乗っていけば良かったか。

s-P1240453 (1)

既に汗だくでトヨタ産業技術記念館に到着。
チケットは500円。
結構広い施設の割には良心的である。
何となく海外の方が多い。
やはり中国系の人がほとんど。

s-P1240441.jpg

先程見た大名古屋ビルヂングの元のパンフレットがあった。
こっちのがイメージに合うねえ。
下側は今も同じ感じになっているけど。

s-P1240431.jpg

横の展示室でまず、
トヨペット・クラウンから眺めて見始める。
全部の展示に解説員が居てさすがにトヨタなだけある。

s-P1240464.jpg

元々のこの技術記念館があった場所が、
トヨタ自動織機の工場があった場所で、
その広い敷地の模型がある。
レンガ造りを残しつつ天井の三角屋根が今風のガラス鉄骨組になって今に至る。

s-P1240468.jpg

その創業者豊田佐吉の像。
そしてその初期の織機。

s-P1240473.jpg

古来の機織りの歴史からスタート。
糸紡ぎを見ると何か古いアニメを想像してしまう。

s-P1240475.jpg

糸の種類が展示されてて、
左から綿に始まり麻、羊毛、絹と来てポリエステル、ナイロン、とあって最後がカーボンだ。
織物工業がどう現代に変化して来たのか良くわかる。

s-P1240476.jpg

そして展示室がこれまた広い。
元々広大な工場の中なのでその通りなのだが、
織機を大量生産する施設にはこれくらい敷地が必要だったわけか。

s-P1240487.jpg

s-P1240501.jpg

s-P1240510.jpg

海外の織機から織物の大量生産の歴史を紐解く。
実機の重厚さに圧倒される。

s-P1240521.jpg

何と凄いのが、
この辺りが動態保存されている事。
実際に動かして実演解説をしてくれる。
流れに沿ってお客さんも解説を聴き入っている。

s-P1240584.jpg

古い機器の動作に、メンテンスも大変なのに、
日に何回も解説実演するんだから凄い。

s-P1240530.jpg

一口に織物と言ってもこれだけの技術と進化があるのか、
驚くばかりである。

s-P1240536.jpg

そして最後の場所では現代の機器も展示。
やる事は同じでも精度と速度は段違いだ。

s-P1240607.jpg

お姉さんが解説してくれたのはフルカラー印刷みたいな織物がそのまま出てくる。
写真転写されたものがその場で出来上がって来る。

s-P1240616.jpg

そして次は自動車工場としてのトヨタの歴史へ。
上演室では鍛造と切削の実演をしていた。
大きな実車を作るためのものの、縮小版、練習用でも同じものが出来る。
その流れが分かって面白い。

s-P1240636.jpg

展示室を移動。インターバル。既にお腹いっぱい。

s-P1240637.jpg

おお、小奴らはロボット楽団。
残念ながら静態展示で演奏は見られないらしい。

s-P1240643.jpg

トヨタ自動車としての歴史は控えめに。
漫画と語録が展示されていた。
あくまで豊田自動織機の方がメインだからね。

s-P1240660.jpg

s-P1240682.jpg

s-P1240690.jpg

ドラマのリーダーズ出演者のサインがパネルに書かれていた。
あのトラックも展示されている。
実物見ると結構大きい車両なのね。

s-P1240697.jpg

この頃のエンブレム、漢字の豊田がかっこいい。

s-P1240717.jpg

これは大型プレス機。
3階建てくらいの高さがあるので地下部分。

s-P1240724.jpg

実際にプレス動作するところが見られて非常に迫力ある。
子供が怖がっていた。
確かにこの実物大展示はびっくりするだろうね。

s-P1240737.jpg

そしてプリウスボディの組み立て工程にあるロボットアーム。
ガコンガコン動いていた。

s-P1240750.jpg

そして2階から見下ろしていた実車展示ブース。
トヨタ博物館ほどは無いけれど厳選された数台が展示されている。

レクサスLFAだ。

s-P1240753.jpg

お尻がセクシー。

s-P1240761.jpg

セリカだ。
自分はここまでの古い世代では無いので、
懐かしさは思えないけれどね。

s-P1240765.jpg

そして2000GTも。

s-P1240781.jpg

最後はミライ。
これもお尻。
この中で実際に走っているのを見たのはミライだけか。
たまに夜に見かけるからすぐわかる。
この真っ直ぐ横一文字尾灯がね。

s-P1240796.jpg

一通り見終わって、
(キッズ向けのテクノライド以外)
少々時間を食ってしまった。
小一時間で見終わるかなと思ったが織機コーナーで解説とともに移動していたら、
思いの外時間がかかる。
じっくり見たらそこそこの時間が必要だ。

フードコートにてカレーを食べて少し足早に記念館をあとにした。
雨でも楽しめるし、一つ一つの展示に解説を聴けるし、
これで500円とは大したものである。
名駅から少し離れているが、訪れる価値あるところであった。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター