GARMIN Edgeにルートラボからスマホ経由でルート転送できる2018

IMG_5244.jpg

いつからだっけ?
ルートラボがしばらく停滞期に入って、
Google Chromeからもルート作成できなくなったりした時期があったが、
いつの間にかまた前の様に使いやすくなって来た。
細かいアップデートもいきなりされたり時々変わったり。

そんな中で、
今のところだけどGARMIN Edgeにルート転送するのに、
PC不要でスマホとGPSと回線があれば事足りるのを知った。
USBケーブル無くても出先で転送可能と言うこと。

あくまで自分の環境での話なので他の組み合わせは未検証である。
iPhone SEからGARMIN Edge 520Jへのルート転送が可能。

IMG_5243.jpg

まずは自分で引いたものか、
他人のデータでもいいのでルートラボの転送したいページを開く。
そしてiマークをタッチすると、GPS、TCX、KMLファイルのダウンロードリンクが出る。
ここはGPXで良いだろう。
ブラウザはサファリでもChromeでも良いか。

IMG_5223.jpg

GPXをタッチするとローカルキャッシュにダウンロードされる。
この状態からGARMINコネクトへ送る。
次で開く。

IMG_5224.jpg

GARMINコネクトにコピー。
GARMINコネクトが起動。

IMG_5242.jpg

GARMINコネクトが、
コース→コースの作成→舗装道路でのサイクリング
のページに飛んで起動するので、
舗装道路でのサイクリングを選択する。

IMG_5240.jpg

そうすると画像の様に
ルートがそのままGARMINコネクトに転送される。
名前が作成日時の(◯月◯日のサイクリング)になっているので、
任意の名前に変更しておこう。

そしてここで、GPSの準備。
EDGE520Jを起動してiPhone(スマホ)とBluetoothで事前にペアリングしておく。

そしてEDGEの
Setting→Device Transfersと押すと、
EDGE側が転送待受モードでクルクルしているので、
iPhone側で地図表示の右上のスマホマークを押すと転送開始。
EDGE側に転送完了と上に表示される。

これでEDGE内に、
Training→Coursesで今転送されたCourseが出て来るはずだ。
あとはコースライド開始でスタート。

※追加注意事項
(ライド記録中は転送モードを使えないので注意。
GPSで記録動作していると何度やってもGPXが転送されなかった。
ルートを転送する時はGPS記録を一旦停止する必要がある。)



うむ、
これでPC要らずのコース転送が完了。
USBケーブル忘れた、コース入れ忘れたとなっても、
ルートラボにコースが上がってさえすれば出先でもコースを転送可能である。
普段のツーリングならこれで十分だろう。
ブルベの場合は自前でコースを作っておこうね。
主催者がルートラボデータを配布しているところもあるけど自己責任である。

やり方を2018としたのも、
ルートラボもGARMINコネクトも仕様がころころ変わるので、
今はできてもこの先はわからない。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター