FC2ブログ

立ち上がれイエーガー、パシフィック・リム: アップライジング

IMG_4853.jpg

映画館で映画見るの久しぶりだな。
前は何だっけかなと思いだしても、
打ち上げ花火下から見るか横から見るか、以来か?
BDまでの発売サイクルが短いからどうしても億劫になってしまう。
しかし、
今回は1も映画館で見たし気になったので見に行ってみた。

公開からある程度の日数が経つと、
ネタバレとまでは行かないまでも評判、レビューが目に入っってしまう。
そうすると前回ほどの出来は期待出来ないとかこれはちょっと…と言うのもちらほら。

お話の筋としては、
前回のKAIJUの出てくる穴が塞がって形だけ平和にはなった10年後、
息子世代が大人になった世界。

まず目につくと言うか鼻に付くのは、
制作会社の?配給会社の資本が中国になったところか?(そこか)
これが気になってしまう人はとことん嫌悪感を抱いてしまいそう。
ストーリーの基幹も中国企業の大手イエーガー会社から進むので、
かなりうーんと唸ってしまうかも。

でも、
これって何となく既視感あるなあと思ったが、
バブル時代のダイ・ハードで出てくる日本企業なのかな。
時代は変わって今の資金源は中国って事か。
そしてAIで動かしてもう安心って流れ。
監督の日本好きも入っているのか、エヴァのマギシステムかと思い浮かべるだろう。

戦う相手が◯◯なのもそう言う事か。
後半の戦闘シーンが日本なのは、見ててツッコミたくなる事請け合い。
ガンダムも出てくるし、バンダイの看板が認識出来るのもね。
ただハリウッドが作った日本風じゃなくて中国っぽい日本風だけど。

イエーガーの戦うシーンや、
冒頭のスクラッパーのコロコロしたり飛んだり跳ねたり、
正直な話、あれ?トランスフォーマー見てるんだっけかなと勘違いしそう。
CGでバリバリゴリゴリしたロボット動かすともうそれしか思えない。

総評としては、
自分は面白いトランスフォーマー見たかなと言うところ。
中国資本がーってのは別に気にはしない。
大きいお金が動く世界ではそうなるのは仕方ない。
むしろラストの落とし所としては、アレでアリなんじゃないか。

富士山裾野から、
次がありそうなまた期待して待とう。

イエーガーがバトルのを見たいなら、
Netflixとかが買い取ってGガンダムみたいなの作れば?とも思うよ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
   
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター