バーテープの末端処理にシリコンリング、ロードバイク組み立て2017その9

IMG_2147.jpg

ちょっと滞っていたロードバイク組み立て記事シリーズ。
書き終える前に2017が終わってしまう……
なのでこれで書き終わる。

バーテープの末端処理は人それぞれで、
普通にビニルテープだったり、
事故癒着テープだったりいろいろ好みと知見がある。
今回はそんな中でシリコンリングを付けるタイプにしてみた。

IMG_2153.jpg

これをやるには面倒な事が一つある。
変速機、ブラケットをまるっと外さないと付けられない事。
なので付けるならeTapに変える段階だなあと思って買ったまましまってあった訳だ。
シリコンリングをハンドルに通してブレーキケーブルを通して準備。

IMG_2154.jpg

ブレーキケーブルの位置合わせをしてここはビニールテープ留め。
結構シリコンリングが幅を取るのでケーブルとの取り回しを何回か調整しつつやる。

IMG_2156.jpg

バーテープはいつもの、
SRAMスーパーコルクバーテープ。
コルクだけど伸びが良くて切れにくい。
結構伸ばしてもぶちって切れないので気に入ってる。
しかも剥がす時糊残りが少ないのも良い。

IMG_2157.jpg

末端はめくれてしまわない様に、
結局ビニルテープは巻くのだが。

IMG_2159.jpg

シリコンバンドを位置固定して、
これで完了。
握り心地はそこそこ良くて、
ハンドル幅狭いから良くここを握る。
なかなかこれはこれでありなんじゃないだろうか。

次にバーテープ交換の時はシリコンリングを内側に寄せておいて、
バーテープのみ交換は可能である。
リングを外す時はブラケットも外すか切ってしまうしか無い。

えーと、
とりあえずロードバイク組み立て2017その9で終わり!?



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター