Z会、GARMINコネクトへZwift走行データを連携する

IMG_350.jpg

前からだっけ?
GARMINコネクトへZwiftの走行データを連携アップロードする設定。

実は今までずっとGARMIN EDGE520jを同時に起動してペアリング、
それのデータをiPhone経由でGARMINコネクトへアップロードして管理していた。
しかしZwift中は画面内に必要なデータが全て表示されるので、
GARMIN機器本体って見ないのよね。

データ保存のために起動していたわけで、
それが必要なくなれば電池の節約にもなるしこれは便利だと設定してみた。

IMG_3501.jpg

まずはZwift mobileを起動して、
右下のMOREからSETTINGへ。

IMG_3502.jpg

続いてCONNECTIONS

IMG_3503.jpg

連携サービス一覧からGARMINを選択。
STRAVA連携している人は多いね。
Withingsも連携対象になってるのは知らんかった。

IMG_3505.jpg

GARMINコネクトにログインで完了何だけど、
パスワードがそのままじゃだめで、
もうちょっと複雑なパスワードを設定しなおしてねってメッセージが英語で出た。
大文字小文字の英数字を混ぜて8文字以上でよろしく、
て感じだったので再設定。
忘れない様にしないと。

完了すると上記の様になる。

2017-10-10_0956170.jpg

さてこれでZwiftを完了させて、
終了時にSAVEするとどうなるか。

gamin_20171010113247b47.jpg

GARMINコネクト側でこうなる。
今回はGARMIN EDGE 520jも同時に起動しておいたので、
二重にアップロードされた。
無題の方がZwift連携側のデータ。

とりあえず次回からは、
Zwift連携データのみにするので、
片方だけになる。
これでGPSの充電頻度も少し減るかな。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター