FC2ブログ

DAHON boardwalk改のタイヤローテーション、タイヤ振れはどうしようもない

IMG_6592.jpg

DAHON boardwalk改のタイヤローテーション。
先日前ホイールの振れ取りをしてもらったので、
ついでにタイヤローテ。

IMG_6591.jpg

上が元の前輪で下が後輪。
真ん中の筋が若干残っている程度。

IMG_6593.jpg

それで、
タイヤ装着できたと思って良く見たら、
方向性が逆だったと言う落ち。
SCHWALBE KOJAKって本来タイヤの方向性は無いのだが、
このひし形の模様がタイヤサイドにあって、
方向性を示しているとも解釈出来る。


IMG_6594.jpg

だから方向性を合わせるなら、ひし形が右下へ寝ている方向、
(画像で言う右方向)
が正しいって事だろうか。

IMG_6595.jpg

そして交換後に空転させてみた。
やはり、
前輪でタイヤ振れを感じていてホイールも振れていると思って振れ取りを依頼したが、
実はタイヤ振れも大きかった。
後輪にローテーションしてもそこそこ振れている。
実はタイヤ自体が振れると言う状況は多々ある。

ミニベロほどタイヤの真円度が低くなりがち。
こればかりはどうしようも無い。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



予備チューブが届いたので交換、チューブの折り畳み方って

IMG_6629.jpg

なるほど、
こうやって発送するのか。
Amazonでチューブ買うのにショップから買うとこれ。
確かに箱のままだとかさ張るから送料多くかかるからな。
箱から出して畳んだ箱と中身が袋に入れられて届いた。
別に箱は要らんけど。

IMG_6630.jpg

早速予備チューブ用としての準備。
いつも通りのタイヤパウダーをまぶしておく。

IMG_6631.jpg

パウダーまぶし完了。
それで届いた新品の状態だと、
バルブがある部分が直角に折れ目が入っているので、
こうじゃないよなと思って一旦空気を入れて膨らましてまた抜いて畳み直す。

IMG_6632.jpg

折り畳みはこう。
このチューブの折り畳み方ってどうなんだろう。
収納時のチューブの折り畳みも拘りがあったりする?
新品で売っている状態のままだと、
この様にバルブを中心にして巻いたもの、
(シュワルベがこれ)
それかパナレーサー方式、
バルブが一番外側にするとかある。

収納時の体積に違いはそんな無いんだけどね。
どうでも良い拘りだったか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




パンクしたら記事にする、未遂だけれどチューブ交換失敗が原因か

IMG_6618.jpg

先日の帰宅時、
乗った瞬間アレっと違和感を感じた。
あーパンクかーと思ったが完全にでは無く超スローパンクの様だ。
空気圧が1barか2bar程度。
空気を再充填すれば家まで保ちそうなくらいだったので、
何とか無理やり乗って帰宅した。

そして翌日になってからも、
空気は完全に抜けておらず、これは本当にパンクなのか?と疑いつつチューブ交換した。

IMG_6619.jpg

チューブを外してみると、
バルブの両側がシワになって凹んでいた。
触ってみると若干傷ついている気がする。
これが原因か。
異物刺さりは今回無かったのでそれっぽい。
出先での修理は時間の制約もあってかうっかりミスもある。
しかしそれは昨年の11月、
3ヶ月近く問題無かったのが不思議なところ。

IMG_6620.jpg

シワになったチューブはパッチでも修復出来ないので、
前回パンク時に買ったチューブに交換する。
ちゃんと今回もタイヤパウダーをしっかりまぶしてね。

IMG_6621.jpg

チューブ交換してみて気づいたけれど、
バルブ長が長過ぎた様だ。
ロードのリムハイトをイメージしていたので同じ48mm買ったけれどこんなに飛び出た。
36mmで丁度良かったな。

IMG_6624.jpg

そして肝心のパンク原因の確認。
やっぱり。
シワになっている部分から本当にごく僅かに気泡が出て来た。
ぶくぶくでは無くて小さく気泡がす~と出て来る程度。
これで超スローに空気が減ったわけか。
そしてシワになって穴が空いたのは、
チューブ交換時によじれていたから。
ちゃんとチェックしたつもりだったがこう言う失敗もあるか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




DAHONのシートポストがずり落ちる問題再び、シムを交換で解決

IMG_6607.jpg

中国からLiteproのシートポストシムが届いたので、
早速交換した。
どれが良いのだろうと思って購入者が一番多いところを選択するのが、
アリの定石かなと思って買ってみた。

IMG_6608.jpg

しかしこれって明らかにコピー品だよなあ。
ロゴのプリントがすごい取って付けた感じがしてならない。
そもそもロゴのカラーがグレーなところが既に違っている。
(本来はレッド)
まあそこはシステムの根幹ってほどじゃないのでこれで良しとしよう。

IMG_6609.jpg

まずはクランプの周り留めを緩める。
昔のクランプはこれ無かったけれど、
最近のモデルはだいたいこのボルトあるかな。

IMG_6610.jpg

マイナスドライバーとニッパーでこじって引き上げる。
雨でも走行しているから結構汚れが目立つ。
シムにステンレステープ巻いていたかなーと思ったらやっぱり巻いてあった。

IMG_6611.jpg

新旧比較。
やはり本物の方はクリアっぽい素材、
新しいのは不透明な素材、いかにもって感じがする。
そして巻き癖がかなりある。

IMG_6612.jpg

なので単体でシートポスト内に通すと、
ストンと落ちてしまった。
ポストを入れた状態で無いと駄目っぽい。

IMG_6613.jpg

なので、
あらかじめシートポストにクランプ部とシムを通してから、
車体のポストへ押し込んだ。

ちなみに、
シムにステンレステープを巻いたが、
これで多少締め込み具合が少なめできっちり閉まる。
ここはアルミフレームなのでなるべく無理させない様にと思っての事。

IMG_6614.jpg

固定してみた。
先日までの良い塩梅よりも軽い締め具合でもサドルが左右に動かない固定力になった。
締め込みもそんなに力が要らない程度になった。
その代わりシートポストの上下が若干きつめになった。
上下させるのにグリグリが若干必要な程度。
固定力的にはこれくらいが良いのかもしれない。

しかしこれ、
シートポスト抜いてしまうと、
またシムが中に落ちてしまうよな。
しばらく使えば広がった状態で癖付けされると良いのだけど。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHONのシートポストがずり落ちる問題再び、締めれば良いのだが

IMG_6580.jpg

最近シートポストが下がる問題が再発。
過去に何度と無くこの問題に対策を講じて来たわけだが、
今のフレームに変えてからは大丈夫だった。
今使っているものは、
Liteproのシートポストに付属のプラスチックシム、純正のクランプの組み合わせ。
基本的にはこれでずり落ちはしないのだが、
1年以上使うとずり落ちる。

IMG_6581.jpg

軽い締め付け具合で走り出して乗車して、
段差多めの路面を走ると1メモリくらい下がっている。
1メモリは10mmなんでかなりおかしいと思うよね。

IMG_6585.jpg

原因は分かっていて、
シムがプラスチックだからすれて劣化したことと、
シートポストの締め付け位置も若干削れていること。

IMG_6582.jpg

それで今のところ、
乗車位置でシートポストをいい塩梅に締め付ければずり落ちない。
ずり落ちない締め付け具合のいい塩梅とは、
固定した状態でサドルを左右に回しても回らない状態具合のこと。
ところが、
折り畳み時のシートポストを下げた状態で同じ締め付け具合で締めようと思っても締まらないくらいきつい。

IMG_6583.jpg

乗車時の締め付け位置。
精密ノギスじゃないとわからんけど、
交渉33.9mm

IMG_6584.jpg

折り畳み時の締め付け位置。
明らかに太い。
34.1mmくらいある。
だから折り畳み時に同じ締め付け具合だと締められないわけだ。
この場合、
過去には締め付け位置にステンレステープを巻いて対策していたが、
あれはすぐ剥がれるしイマイチ。

新しいプラスチックシムを注文中なので、
とりあえず、
太い方を細くして対策しておこう。

IMG_6586.jpg

つまり上側を削る。
Liteproのシートポストは滑り止めなのかヘアライン加工みたいになっているので、
少なくともその分は削っても大丈夫だろう。

IMG_6587.jpg

あくまで表面だけね。
強度には問題無いくらいの0.1mm程度。

IMG_6588.jpg

あらかたラインの部分を削って紙やすりで整えて。

IMG_6589.jpg

最後は軽くコンパウンドで磨く。
同じことを乗車位置でやるとつるっつるに滑ってしまうので、
それはやらない様に。

IMG_6590.jpg

何回か固定と削り磨きを繰り返して、
これくらいかなと言うところで辞める。
ほぼヘアラインが消えるくらい削って磨いた。
この状態で、
乗車位置のいい塩梅の締め具合を、
折り畳み状態で同じ締め具合にて締める事が出来た。
持ち運び時でも特にポストが抜ける様な事も無い。

今回はあくまで一時的な対策。
本当は今の状態では、乗車時の締め付け具合がきつめでフレームによろしく無いので、
新しいシムが届いたらまた調整しようと思う。

プラスチックシムは年1回くらいは交換が必要か。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


   
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター