FC2ブログ

DAHONのブレーキケーブル交換、したはずが鋭角に折れていたので修正した

s-IMG_7563.jpg

うおおまぢか。
フロントケーブルのガイド付近でケーブルアウターが折れて露出していた。
つい先日ケーブルを新品交換したばかりなのに。

s-IMG_7565.jpg

試しに折りたたみしてみると、

s-IMG_7564.jpg

かなり鋭角に曲がって、
そしてケーブルガイドが前側にぺたんと落ちる様になる状態だった。
この一連の動作の時にバキッとガイドの部分で折れていた様だ。

s-IMG_7566.jpg

アウターケーブルを外して確認してみたら、
ぱっくりいってる。

s-IMG_7567.jpg

とりあえず新しいケーブルがあるか確認したら、
中のコイルが違う形状だがブレーキケーブルアウターがあったのでこれを使う。
分かりづらいけれど中身がコイル状のと撚り線状のがある。
どっちが抵抗低いんだろうか。
SHIMANOのSPケーブルはコイル状だよね。

s-IMG_7568.jpg

フロント側は短くて済むのでさっくり交換。
長さも元のと同じで変わらず。
長過ぎに見えるが折り畳み自転車は折り畳みを考えないと駄目なので、
これでベストである。

s-IMG_7569.jpg

最初はこのネジネジのケーブルをまとめる方式でやってみた。
折り畳みの時にケーブルガイドが奥に倒れなければ鋭角に曲がらないので、
対策としては正解だが……

s-IMG_7572.jpg

ステムを折り畳むとリヤブレーキの擦れ防止ゴムがずれる。

s-IMG_7574.jpg

下へ移動してしまってフロントフォークへ行ってしまう。
これでは駄目だ。

s-IMG_7575.jpg

要するにこのリヤとフロントのケーブルアウターが交差した状態のまま、
ステムを折り畳んでもケーブルガイドが奥へ倒れなければ良い。

s-IMG_7576.jpg

交差している部分にタイラップ留め。
たったこれだけ。
見た目もネジネジよりシンプルで良い。

s-IMG_7577.jpg

ステムを折り畳んで行き、
ケーブルガイド部分が鋭角に折れていないのを確認、
さらに展開してもリヤケーブルアウターのゴム受けが保護シール上に来るのも確認。
これで完璧だ。

s-IMG_7579.jpg

完全に畳んだ状態でこうなる。
ケーブルは弧を描いており無理にはなっていない。
折り畳み方は単純なDAHONではあるが、
実はかなりすべてがきっちり収まる必要がある。
ハンドル周りを見てもライトの出っ張り、ベルの出っ張りがチェーンステイの上に下に、
きれいに収まる位置を探って設置してある。

ミニベロってこう言う拘りと工夫が必要なのが面白いところなのだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHONの折り畳みラッチ調整、緩みは走りに影響する

s-IMG_7558.jpg

DAHONの特徴である折り畳み部分。
ここの折り畳み機構だけはDAHONの肝心要の部分だ。
自分みたいに毎日折り畳み展開をする人は変化に敏感になる。

ここ最近展開して固定する時に、
ここのラッチの抵抗感が低くなったなと思ったので調整した。

s-IMG_7559.jpg

長い六角棒の部分を緩める(反時計回り)と固定力が弱くなり、
閉める(時計回り)と固定力が強くなる。

s-IMG_7560.jpg

この六角棒を固定しているのは、
左右のネジのオスとメスで、
プラスネジの方が上から固定している側で、
レバーがある側が六角棒が入り込んで行く方になる。

s-IMG_7561.jpg

なので、
レバー側に六角棒が入り込んで行くと、
テコの原理が弱くなるので締め込みが弱くなる構造。
分かりにくいけれどやってみればすぐ実感できる。
そして丁度いい塩梅だなと思ったところでプラスネジ側で蓋をする。
これってホイールハブの玉当たり調整に似た要領かな。

s-IMG_7562.jpg

そして問題無いか展開してラッチ固定してみる。
程よい力でカクんと倒れれば良い。
ホイールのクイックレリーズよりは弱いくらいかな。
レバーの面積が大きいから手の感覚はそこまで力が必要無い気がする。

折り畳み自転車は可動部が多いので、
たまに調整点検が必要だ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHONのタイヤ交換、タイヤペンチを使う

s-IMG_7314.jpg

そろそろ山も減って来たので交換時期だな。
シュワルベマラソンレーサーなんでもたそうと思えばもってしまう。
こう言うのは思い切りが肝心と言うか定量的に一定距離走ったら交換がいいのかもしれない。

s-IMG_7168.jpg

折り畳めないワイヤービードのタイヤなので、
通販で買うと箱がでかい。
まだ20インチだからこの大きさで収まってるわけで、
ロード用とかだとやばいね。

s-IMG_7173.jpg
358g

s-IMG_7172.jpg
344g

2個の重量差が割とある。
シュワルベタイヤは結構大雑把と言うか。

s-IMG_7317.jpg

先日買っておいた厚手のタイプのチューブに交換。
張り付きを防止するためのタイヤパウダーをまぶして……

s-IMG_7319.jpg

これを使ってみる。
タイヤペンチ?
ワイヤービードのタイヤって結構固くてはめにくいんだよね。
最近流行りのタイヤキーも試してみたいけれど自宅でやるならこれかな。

s-IMG_7318.jpg

いつも通り最後のところまで、
チューブを入れ込んでペンチで奥から手前に引き上げる。
手だときついけれど、ぐいっと一上げではまった。
まあこの程度のクリンチャータイヤなら簡単か。

s-IMG_7322.jpg

リムとタイヤの相性にもよるし、
アレックスリムは内幅がワイドなのではめやすいのかも。
もっとナローリムだときつい。
自宅でタイヤ交換ならこのタイヤペンチでいいかな。
そうすると出先でパンクしたらタイヤキーがあった方がいいか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHON用のチューブを厚めのSCHWALBE 7SVに変える、とバルブコアツール

s-IMG_7202.jpg

ロードで使っていて良い塩梅だったから、
DAHONのチューブもそれらを探していたが、
どうも入手性が悪いので新しく変えるチューブもSCHWALBEのものを買った。
20インチ406サイズは2種類あって、
細めのものでは無く、1.5~2.4幅の太めのものにした。
使っているタイヤがマラソンレーサー1.5なので許容範囲内の太さ。
通勤用なのでパンクしにくさ、丈夫さ優先のもの。

s-IMG_7203.jpg

新しいパッケージ?
久しぶりに買ったから知らなかったけれどそうなのか。
バルブコアが外せるタイプと。

s-IMG_7208.jpg

重量は実測142gと重め。

s-IMG_7209.jpg

このタイプのバルブコアが外せるタイプは、
余り使った事が無かったがどうなんだろう。
レビューでそれが緩んでいたからエア漏れがある場合があると、
ちゃんと締めておかないとね。

s-IMG_7210.jpg

かなり前に買ってあったパナレーサーのバルブコアツール
試しに使ってみよう。

s-IMG_7211.jpg

楕円になっている側をバルブコアにはめて、
それを回す(反時計回りで緩める)だけとのこと。

s-IMG_7212.jpg

それで最初手でぐいぐいやっても全く回る気配が無い。
結局ペンチで回してみたらあっさり回って外れた。

s-IMG_7213.jpg

外してみたら構造は単純。
なるほど、
いつも空気入れで回している部分は、
緩めると下のゴム弁が開いて空気が入る、
閉めると弁が塞がって空気が留まるわけね。

s-IMG_7215.jpg

またバルブコアをしっかり回して戻す。
緩むと面倒なのでまたちょっとだけきつく締めておいた。
反対側が先端のねじ切りと同じ経になっているので、
キャップ代わりに出来るとあるけれど、
この出っ張りをつけっぱなしにはしないよなあ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHONのチェーン交換、僅かな伸びでも外れるから分かるCN-HG54

s-IMG_7171.jpg

実は結構久しぶりか?
シングルスピードのDAHONの方のチェーン交換。

s-IMG_7178.jpg

伸び具合はこれくらい。
これくらいって言ってもテンショナー無しのたるみ具合って分かりにくい。
それで基準がどうかと言うと、
乗っていて外れたら変え時って事で、
ここ最近外れる事が数回あったから。

s-IMG_7176.jpg

今回もデオーレの10速用で同じものに交換した。
上下に並べてみて伸びている様ないない様な。
多段利用よりはやはりシビアかもね。
なので通常の10段スプロケっと使うよりも交換頻度は高いかもしれない。

s-IMG_7177.jpg

見た目ほとんど違いが分からん。
でも乗ると違う。
チェーンが伸びるって言ってもほんとにごくわずかなものだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター