FC2ブログ

焼かない剃らない人のために、おたふく手袋 レッグカバーロングJW-634

s-IMG_7089.jpg

おたふく手袋さんの今年の新製品、
冷感消臭タイプのレッグカバー買ってみた。

自転車乗り的には太もも出して走る人と、
絶対出さない人といるだろう。
私は絶対出さない焼かない派でかつ、すね毛剃るの面倒なのでレッグカバー必須。

s-IMG_7090.jpg

買ったのはMサイズ。
よほど太めか大腿がムッキムキじゃなければMサイズかSサイズでも良いだろう。
冬場のパワーストレッチロングタイツとサイズ感は同じらしい。
自分もロングでは無くてパンツタイプのを持っているが、
Mサイズで良かったのでMを買ってみた。

レーパンも基本Mサイズ。

s-IMG_7091.jpg

ちょっと気になったのは滑り止めがこのタイプ。
直接肌に接して滑り止めするので、
長時間の着用で影響が無いか心配。
今の自分は長時間着用の予定は無いからいいんだけど、
ブルベとかロングライド派の人は折り返して着用した方が良いかもしれない。

s-IMG_7093.jpg

履いてみたの図。
冷感タイプなので生地は薄めで膝を曲げるとほんのり肌色が見える程度。
ペダリングを妨げるようなつっぱりは感じない。

s-IMG_7094.jpg

ただ、
自分の理解不足と言うか、
これってすごく長い。
股の付け根まで引き上げても足首部分がちょい余る。
短足なだけか?

s-IMG_7095.jpg

手持ちのレッグカバーと並べてみた。
いわゆる自転車用として売ってるレッグカバーはそんなに長く無いのだ。
レーパンの下に大腿部分を入れると数cm重なる程度が一般的。
おたふく手袋のレッグカバーはMサイズで65cmくらいあった。

s-IMG_7096.jpg

大腿の部分の幅は、
20cmくらい。

s-IMG_7097.jpg

足首の幅は、
10cmくらい。

これはどちらも一般的なサイズ感で、
大き過ぎず小さ過ぎずで良かった。

長さ部分は折り返して着用するかで調整しないとだめかな。
脚長の人にはいいんだろうけどね。
UVカットでもあるので、
脚を日焼けしたく無い人には安いしお勧め出来ると思う。

s-IMG_7451.jpg

その後の追記。
結果的に長い部分は折り返して、
滑り止めが外に来る様にしてレーパンに重ねて利用している。
こうする事で滑り止めによるかぶれも防げて一石二鳥。
(レーパン側、レッグカバー側ともに)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



ものぐさ注油用にAZの狭所用オイラー DX へ入れ替えて使う

IMG_6897.jpg

AZのオイラーを買ってみた。
安い方のオイラーは使っていたけれど、
どうも根本からオイルが漏れるので使いにくかった。
DXと付いているからこれなら使いやすいかなと思って。


IMG_6898.jpg

パーツ構成はこんな具合。
プラボトルに金属の針ノズル、根本のシールゴムと金属のオイル注油料調整部分がある。

IMG_6899.jpg

これの肝はオイル量を調整できる部分かな。
DXじゃないのはこれが無かった。

IMG_6900.jpg

今回はこれに今使っているKUREのオイルを入れて使う。
KUREのこのオイル、ノズルからのオイルがドバっと出てしまって使いにくいんだよね。
だからオイラーに入れ替える方がいい。

IMG_6901.jpg

白濁液のオイルを半分以上くらいに入れて、
撹拌するために、ステンレスナットでも入れておいた。

IMG_6902.jpg

早速使ってみた。
これで、一滴ずつちょいちょいちょいと子気味良く注油出来る。
安いタイプみたいに根本から漏れることも無くて使いやすい。
これは良かった。

ちなみにこんな安いのに、
単品で送料無料で送ってくれるAZはやはり太っ腹な気がした。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




冬物ウエアをそろそろしまっちゃうよ

IMG_6868.jpg

自転車ウエアのインナー、アウター類、
ジャージ以外は無印良品の衣装ケース大に1箱で収まる様にしている。
先日は最高気温20℃までになった。
そろそろ冬物はしまって良いだろう。

IMG_6863.jpg

今年もお世話になった、おたふくインナーシリーズ。
と言ってもしまうのは、防風インナータイプのみ。
腕まで防風タイプ、極寒の日にはこれが本当に良かった。
後は何年目?クラフトのインナー2種類。厚手と薄手で気温に応じて使い分けた。

IMG_6864.jpg

普段でも通勤にも、
バラクラバと、フリースワッチ、フリースネックウォーマー。
今年はそこまで冷え込んでいない気がする。
一昨年が寒すぎたんだろう。

IMG_6865.jpg

BBBのシューズカバーもうん年目。
これはきっちりシューズを覆うのでおすすめ。
ただ難点もある。

IMG_6866.jpg

補修をしているが、
足先も覆うので足付きする度に擦れる。
当然穴が空いて来てしまう。
補修したのがもう剥がれて来てしまった。

IMG_6867.jpg

かかと側も同じく。
さて、来シーズンは新しく買った方がいいかなと言う程度。
冬物って着用頻度がそこまで高く無いものがあったりで長持ちする。
何シーズンも使い倒して消費する衣類なので、
気に入ったものはとことん使い倒す。

そう言う意味ではコスパ高いものが良いねえ。
なのでおたふく手袋さんの製品には本当に助かっている。

ここで一つしまっていないものがある。
それはいわゆるおたふくインナー、ベーシックな奴。
これは万能なので真夏以外はほぼ通年でいつでも着用出来るように出してあるのだった。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



ものぐさチェーンライン掃除と注油、ドライ系オイルって割と黒くなるね

IMG_6769.jpg

先日の若干な雨天走行でチェーンが汚れてそうなので、
ちゃんと掃除するかーと思ったがそこまででも無い。
そんな時にものぐさチェーンライン掃除と注油。

IMG_6768.jpg

ワイプオールにクリーナーを含ませて、
チェーンをゴシゴシとしごくだけ。
表面上汚れが取れればいいやと言う感じで。

IMG_6770.jpg

数回回転させてやるともうこの驚きの黒さ。
KUREのオイルを使いだして、何回か注ぎ足し注油した後だが、
ドライ系でもウエット系でもだいたい真っ黒になるね。

IMG_6771.jpg

一番汚れが付着するのがRDのプーリーなんだけど、
ここは固形に汚れが付着する。

IMG_6772.jpg

ごっそり垢の様に取れる。
こう言う部分が駆動効率を下げるんだろう。
この部分掃除するの面倒なので。

IMG_6774.jpg

最後は注油して完了。
どうでもいいけど、
黒いボトル、薄い白濁液のオイル、いきなりどばっと出る。
このKUREのオイルボトルはちょっと注油しにくい。
セミウエットのスプレー式のがいいと言うのはそうかもしれない。

233390833_org.jpg

そう言えば過去にAZのこれを買ったのだが、
ロードでは使っていなかった。
もしかしてこっちのがいいのかな?
オイルも沼だ、あれこれ使ってみて日々移ろい続く。
結局どれもメリット、デメリットがあるので決定打が無いものだ。

こう言う作業が不要なスポーツ自転車用のベルトドライブとか、
もっと普及しないかなあ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



ブレーキワイヤーのフレーム保護ゴムがいつの間にか無くなる

IMG_6741.jpg

こやつ。
いつの間にか無くなってた。
私はジャグワイヤーのゴム製のを使っている。
ネジネジのを使えば落ちないじゃんって話はあるけれど。

IMG_6740.jpg

eTapにしてから、
ワイヤーでのハンドルの制限が無くなるので、
ちょっとしたことでハンドルが切れる。
そうするとここの保護ゴムが良く落ちる。
走って来て気がつくと無くなっている。
チタンフレームって言ってもこれが結構ワイヤーでダメージがあるので必要だ。

IMG_6742.jpg

このゴムの保護材、
実はジャグワイヤーのワイヤーを買うと何個か付属しているので、
まだたくさんある。
だからあえてネジネジ式のを新しく買うのも、勿体無いのでこれでいいか。
両面テープ留め。

IMG_6743.jpg

幅が広いので裏側で巻き込んでそのまま接着。

IMG_6744.jpg

たかが保護ゴム、
無いとちょっと不安。
ロードバイクのパーツって些細なところが変わるだけで気になるものだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター