ロードバイクのチェーン交換したのいつだっけか

IMG_4823.jpg

やっとロードバイクのチェーン交換した。
いつ交換したんだっけと記憶とブログを見返してみて、
何とeTapに変えた時だ。
チェーン交換と言うより組み替えて以来なので1年以上振り。
さすがに遅すぎた。

DSC00875_201804112336359d6.jpg

すっぽり入ってしまった。
なぜこれに気づかなかったのか。
それはウルフトゥースのチェーンリングが新しかったから。
過去にもフロントシングルでウルフトゥースを使っていたが、
古いバージョの物は歯のチェーン保持力が弱めだった。
なので、
チェーンが少しでも伸びるとトップギヤでチェーンが外れやすかった。

DSC00876_201804112336374e5.jpg

ところがeTapに変更した時のこのウルフトゥースリング、
ナローワイドのところが厚み増してチェーンがより外れにくい。
そんな理由によりチェーンの伸びに気づかなかった。

DSC00882_20180411233634649.jpg

今回は新品のDURAチェーンをおろすので、
スプロケも外してきっちり掃除してから交換。
フィルタークリーナーで筆塗りして汚れとオイルを落としてから、
水洗いして戻す。

DSC00878_201804112336394bb.jpg

eTapのRDって水ぶっかけて大丈夫なのかな?
心配ではあるのでなるべくかからない様に。

IMG_4829.jpg

乾燥させてチェーンを張って、
最後はこいつ。
掃除も余りしなかったから
これからはもうちょっとちゃんとやろうか。
このチェーンオイルも同じくメンテ頻度下げた理由だけど。
それくらいに汚れても気にならないので。
黒いボロボロは沢山落ちるのは玉に瑕だけど。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ボルクリも歯が立たないカギ?OTTOLOCKの長い方を買いました。

IMG_4839.jpg

昨年の6月に、
Kickstarterで出資したこの鍵、
OTTOLOCKの短いタイプが届いた話を書いた。

ボルクリも歯が立たないカギ?Kickstarterで出資したOTTOLOCKが届いた

それから一年、
やっぱり長い方も欲しいなあと思って長いタイプも購入。
60インチ≒150cmタイプである。

IMG_2713_20180410092552ef3.jpg

短いタイプ18インチだと前輪か後輪のみをロックする程度。
ちょい停める程度ならこれでいいかもね。
でもこの程度でいいなら結局これで無くてもいいし、
使う頻度は多くない。
そもそも高価なロードバイクを長時間停める事が無いんだよね。
使うのはミニベロとかで停める時かなと思って、
ならば前後輪をロック出来る長い方がいいのではと。

IMG_4838.jpg

重量は237g
短い方は118gなので、倍くらいか。

IMG_4840.jpg

面倒くさいからローラー台でロック試してみたけど、
ちゃんと前後輪を通してロックが可能な長さだ。
向こう側に何か柱とかがあれば地球ロックが可能。

過去の持っていたロックはこんなもの。

IMG_2740.jpg

tateもあのABUSっぽくて人気出たよね。
でもこれ破壊動画がめっちゃアップされちゃって堅牢性は?なもの。
素人には丈夫に見える。

IMG_2741.jpg

カフェ2.0かな?
この手のロックも今じゃボルクリやニッパーで簡単にカット出来るのが実証されてる。
盗ろうとする輩には無防備だな。
しかも重いし。

IMG_4841.jpg

OTTOLOCKはワイヤー部分が平べったいこんなもの。
3mm厚しか無い。
1年経って一般販売が開始され、
それなりにユーザーの元に普及したと言えるので、
破壊動画もあるだろう。



海外のユーザーによる破壊動画。
オフィシャルが上げた破壊や実験動画はいっぱいあったが、
ユーザーによるものは余り無かった。
これだけ耐えるなら十分では無いかなと思う。

1年経って国内ではワールドサイクルが取扱い開始した。
残念ながら自分が買った一番長い60インチはまだ無い。
(自分は高い送料払って本国から直接買ったよ……)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

春夏インナーは汗を吸い上げてくれるか、 おたふく手袋 デュアルメッシュ JW-601

IMG_4619.jpg

やっぱり気になって買った。
おたふく手袋のデュアルメッシュ JW-601。

前回にはOTF(オーバーザファンクション)を試してみた。
夏冬無敵と言うより春先最適、おたふく手袋 オーバーザファンクション

そろそろ日中は汗ばむ季節になって来たので、
今度はメッシュ素材のこちらの登場だろう。

IMG_4620.jpg

他の方のレビューも参考に、
今回は半袖のMサイズを購入。
細身の体型で腕の長さとか考慮しないならMサイズなんだよね。
ジャージとかは主にMサイズなので。

IMG_4621.jpg

これも、
デュアルメッシュと言う商品名からして、
モンベルのアレとかファイントラックのアレと同じ役割だろう。
なので吸収性の良いアウターを着用した方が良い。

IMG_4622.jpg

サイズ感はLサイズのOTFと重ねてみた。
OTFがLサイズなので小さく見えるが、
OTFが若干大きめでのLなので標準のMサイズかと思う。

IMG_4623.jpg

IMG_4624.jpg

身幅もLのOTFに対してのMサイズでこれくらい。
インナーを普段着でMサイズがぴったりならMで良いだろう。
丈幅もレーパンに入れれば丁度良い長さで背中が出てしまうことも無い。

IMG_4625.jpg

OTFは通常さらっと若干冷っと感じ、
デュアルメッシュは冷っと感じは無くてさらっとしている。

今回は10℃スタートくらいから、
後半は18℃くらいまでに気温上昇する状況で、
デュアルメッシュの上にOTFを着用、その上は冬用ジャケット。
2時間ほど走った。

汗をこの時期かく状況だと冬ジャケットで暑さがチクチク感じるのが普通。
ところがOTFのおかげかデュアルメッシュのおかげかそれは皆無。
さらに汗を多くかき始めると、
普通は身体の表面をインナーとの間で垂れる感じがあるが、
それも無く即座にデュアルメッシュが吸い上げている様だ。

今回は春先だったのでアウターが冬ジャケット、
その時点で外界の風がインナーからの汗を乾かす状況になかったので、
帰宅後アウターを脱ぐとOTFはしっとり、デュアルメッシュはぐっしょり汗を保持していた。
風が直接インナーに当たる状況じゃないので汗冷えは無い。

そしてこれからの季節、
アウターを夏の半袖ジャージになった場合、
吸い上げた汗を外の風ですぐに乾かしてくれれば夏も快適に走れそうである。
これはまたその季節に向けての長期試用でそのうち。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

「例のポンプ」が入れやすくなる2連結チューブとパナレーサー米仏アダプター

IMG_4559.jpg

「例のポンプ」を使いやすくする、
カスタム?としては最終章か。
今回はお助けチューブ的なものを2個連結して使う。

いやそれもう今さらでしょって話はわかっている。
その話が出て来る直前、
例によってAliexpressでお助けチューブと似たものを見つけたのでポチっていた。
それがやーと届いたのでそれのインプレ。

こちら↓
2PCS/LOT Bicycle Pump Extension Hose Inflator Tube Pipe Cord

IMG_4560.jpg

こちらのチューブは2本セットで販売されている。
口金の形式は米式のオスメスとなっており、
2本連結して長く使う事が出来る。
米式のチューブ・バルブなら1本でも2本でもそのまま利用可能。
米式と言えばBROMPTON純正で乗ってる人にはそのまま使えるかな。

重量は1本10g、2本で20gはお助けチューブと同じである。

IMG_4561.jpg

お助けチューブよりネガティブな部分がここ。
米式の口金なのでロードで使う仏式に変換が必要な事。
なのでパナレーサーの仏米アダプターが余分に必要なのだ。
それが5gってことでトータル25gとなった。

IMG_4562.jpg

例のポンプは当然米式にして利用する。
そこへこの延長チューブを噛ませてやる。
噛ませるアダプターによっては相性がある様だが、
お助けチューブもこのチューブも問題無く接続できた。

IMG_4564.jpg

早速テスト。
300回で6bar丁度くらいまで入った。
若干適当にカウントしてたが概ねこれくらいか。

IMG_4563.jpg

何より楽なのはこの状態で入れられる事。
片方を押さえて片方を例のポンプでポンピングする。
チューブの口金に力が加わらないから安心、
ポンピングもヘッドを地面に固定できてより楽に入れられる。

IMG_4565.jpg

6bar入っていても追い込みポンプも余裕。
追加で20回くらいポンピングして常用の6.4barまで入れた。

25gの追加重量だが、
これで究極の携帯ポンプ環境が整った。

この中華延長ポンプ、
今のレートで180円くらい。2本セットで。
お助けチューブは1本432円。
パナレーサー米仏アダプターが216円。

まあとんとんってところ?
延長チューブとの出来は中華チューブのがきれいで高品質に見えるけども。

BONTのシューズ用トウ&ヒールカップ交換に難儀した話

IMG_4549.jpg

BONT VAPERシューズのヒールカップが摩耗してて、
そろそろ交換しないとやばい状況。
早速注文しておいた。

実は最初直販で買おうと思ったら品切れ、
国内で売ってる他のショップもことごとく品切れでどこにも無い。
結局eBayで買ったものが届いた。
と思って直販見たら入荷してる?入手段階から何か無駄骨か。

IMG_4550.jpg

状態を見るとこんな具合。
ヒールカップ部分がネジまで擦れてネジ山がそろそろ消えそう。

IMG_4551.jpg

トゥカップ(つま先側)は特に停止時に足付きする左足がひどい。

さて作業開始と、ネジを外す。
基本的にこのタイプはネジで固定するだけだろうと思っていた。
なので作業は簡単だろうと。

IMG_4552.jpg

ネジは簡単に外れる。
まだネジ山残ってるし駄目ならネジザウルスもある。
さてカップ外れるかと思ったら……
接着されてる。
そうか、
かなりカーブした形状の靴裏だしカーボンだし、
接着剤使ってるよなあ。

IMG_4554.jpg

剥がすの苦労した。
マイナスドライバーでこじる程度じゃ無理で、
結局カッターでめりめり剥がして整えてやった。

IMG_4556.jpg

ネジ止めだけだろうと思っていただけに疲れる。
それだとカーブしているところが浮いた状態になってしまう。
だから付け直しも接着剤が必要。

IMG_4558.jpg

この接着作業も大変で、
カーブしてる細いところと反対があっちを付ければこっちが剥がれる。
ずっと手で押さえていないと駄目で、
先が浮いてしまったがもう妥協した。

IMG_4557.jpg

何とか前後左右分を接着してネジ留めして完了。
結果的に2時間くらいかかってしまった。
圧着するにはクランプが要るなと思った。
それか瞬間接着剤のが良かったのだろうか。

とりあえず、
多少くっついてるしネジ留めされているので大丈夫だろう。
もう1回この作業するかって言うとお断りしたい。

[ボント/BONT] Toe & Heel Pad Set トゥ&ヒールパッドセット [ワンサイズ]

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター