またSkyジャージが増えたよ、Team Sky Ocean Rescue Tour De France

IMG_5334.jpg

またSkyジャージを買ってしまった。
今年は海洋生物保護を謳っており、
チームスカイは全ての活動においてリサイクル出来ないプラスチック製品を使わないそうな。

Sky Ocean Rescue journey by unveiling a new kit design for the upcoming Tour de France

そう言えばRaphaのジャージは買ったけれど、
カステリになってからのジャージは買って無かったな。
海洋保護精神は良しとして自分は純粋にデザインの好みで買っているけど。

IMG_5335.jpg

そのワンポイントな裏地のシャチ。
ツールド・フランスで列車を組んでいるSkyチームを見ていると、
これが並んで面白い。

IMG_5336.jpg

購入したのは、
メンズ半袖のジャージでMサイズを買った。
ジャージは基本的にMサイズを買っている。
メーカーで結構Mサイズでもばらつきがあるがこれはどうだろう。

ジッパーはYKKである。

IMG_5337.jpg

背中の下端部分は滑り止め加工がされている。
縫製はまあ普通かな。
縫い終わりのビローンって糸が出てるのが目立つけど。

IMG_5338.jpg

ツール見てると背中から結構なスケスケ具合が分かる。
(ビブタイツの肩掛けが分かるくらい)
これはレプリカだろうけど、どうかなと思ってみたが、
脇部分が薄い素材になっていた。
前面と背中は普通のジャージ程度かなあ。
選手供給品とはやはり違うのかもしれない。

IMG_5340.jpg

着用した感じでは、
腕まわりがきつい。
着るのも脱ぐのもここがひっかかる。
特に夏場は汗で滑らなくて苦労した。
着脱はアームカバーを付けてからした方がしやすいかもしれない。

IMG_5339.jpg

着用感はRaphaのSkyジャージと似た感じ。
ちょっとタイト目に身体ぴったりとした着心地。
お腹が出てるときついと感じるかも。
ゆったり好みならLサイズか。
背中周りから肩、腰までぴっちりするけど突っ張る程では無い程度。
(178cm、66kgくらいの場合)

IMG_5341.jpg

そんなわけで、
初代のアディダスから今回のカステリまでこんだけSkyジャージが揃った。
薄くて背中は白基調なんで夏には丁度良いジャージじゃないかなあ。
何よりシャチがいい。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

レーパンの前部のパッド長さって気にならない?PEARL IZUMI サイクル コンフォートパンツ

IMG_4999.jpg

いつもやってるイメージのAmazonファッションの割引クーポンセール。
セールのタイミングでレーパンをいつも買っている。
今回いつも使っているパールイズミの一番ベーシックなレーパン、
PEARL IZUMI 2003DE サイクル コンフォートパンツでは無くて、
高級な方のを一度注文した。
したが試着して返品した。
なぜか。

IMG_5001.jpg

パッドの前部の長さが短いから。
レーシング向けの高級な方のパッドはそれはそれは良い履き心地でお勧めできる。
変なところも擦れないだろうしレーサーにはいいかもしれん。

IMG_5005.jpg

まずはこれ、
PEARL IZUMI 2003DE サイクル コンフォートパンツ
お尻中心の縫い目から前部のパッド上端まで14cmくらい。
メンズのサイズMである。

IMG_5003.jpg

こちらはかなり古めのdhbの高い方のやつ。
13cmしか無い。
しかも薄手。

メジャーの当て方が微妙だが、
実際に履くと結構違う。

パールイズミの3D プリントパンツ何だけど、
ここが13cmタイプで結構タイトめな履き心地なのだ。
そうすると立ち姿はちょっとアレなんだよね。

と言うわけで、
結局残したのはベーシックなサイクル コンフォートパンツである。
安いけど別にこれで不満は無い。
前部のパッドの面積に気になる人は、
サイクル コンフォートパンツのベーシックなのが少し長めなので良いかもしれない。
擦れとかはクリームで防ごう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


心拍計を新調、腕心拍でも無くGARMIN旧型ハートレートモニター

IMG_4904.jpg

結局迷ったが、
同じものを購入。
ハートレートモニターはずっとこのタイプを使っていた。
プレミアムも出ているがつけ心地が変わるのと、
金額が高いのもあったので結局前と同じ旧型のハートレートモニターにした。

IMG_4905.jpg

これ何年使ったんだろう。
駄目になった原因は本体部分がもう折れて切れそうだった。


IMG_4906.jpg

メインと電極?のところが出てきそうでこれはやばい。

IMG_4903.jpg

電池は付属していてSONYのCR2032だった。
腕心拍のものも欲しいなあと思っていたが、
腕時計を付ける習慣が無いし、
スイッチとペアリングの必要性がタスクに追加されるのが面倒に思って見送った。

IMG_4907.jpg

後は、
洗って伸びてくるベルト部分も付属してくるわけで、
ここも変え時だったので丁度良かった。
まだまだ旧型ハートレートモニターは使えそうだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

GARMIN Edgeにルートラボからスマホ経由でルート転送できる2018

IMG_5244.jpg

いつからだっけ?
ルートラボがしばらく停滞期に入って、
Google Chromeからもルート作成できなくなったりした時期があったが、
いつの間にかまた前の様に使いやすくなって来た。
細かいアップデートもいきなりされたり時々変わったり。

そんな中で、
今のところだけどGARMIN Edgeにルート転送するのに、
PC不要でスマホとGPSと回線があれば事足りるのを知った。
USBケーブル無くても出先で転送可能と言うこと。

あくまで自分の環境での話なので他の組み合わせは未検証である。
iPhone SEからGARMIN Edge 520Jへのルート転送が可能。

IMG_5243.jpg

まずは自分で引いたものか、
他人のデータでもいいのでルートラボの転送したいページを開く。
そしてiマークをタッチすると、GPS、TCX、KMLファイルのダウンロードリンクが出る。
ここはGPXで良いだろう。
ブラウザはサファリでもChromeでも良いか。

IMG_5223.jpg

GPXをタッチするとローカルキャッシュにダウンロードされる。
この状態からGARMINコネクトへ送る。
次で開く。

IMG_5224.jpg

GARMINコネクトにコピー。
GARMINコネクトが起動。

IMG_5242.jpg

GARMINコネクトが、
コース→コースの作成→舗装道路でのサイクリング
のページに飛んで起動するので、
舗装道路でのサイクリングを選択する。

IMG_5240.jpg

そうすると画像の様に
ルートがそのままGARMINコネクトに転送される。
名前が作成日時の(◯月◯日のサイクリング)になっているので、
任意の名前に変更しておこう。

そしてここで、GPSの準備。
EDGE520Jを起動してiPhone(スマホ)とBluetoothで事前にペアリングしておく。

そしてEDGEの
Setting→Device Transfersと押すと、
EDGE側が転送待受モードでクルクルしているので、
iPhone側で地図表示の右上のスマホマークを押すと転送開始。
EDGE側に転送完了と上に表示される。

これでEDGE内に、
Training→Coursesで今転送されたCourseが出て来るはずだ。
あとはコースライド開始でスタート。

※追加注意事項
(ライド記録中は転送モードを使えないので注意。
GPSで記録動作していると何度やってもGPXが転送されなかった。
ルートを転送する時はGPS記録を一旦停止する必要がある。)



うむ、
これでPC要らずのコース転送が完了。
USBケーブル忘れた、コース入れ忘れたとなっても、
ルートラボにコースが上がってさえすれば出先でもコースを転送可能である。
普段のツーリングならこれで十分だろう。
ブルベの場合は自前でコースを作っておこうね。
主催者がルートラボデータを配布しているところもあるけど自己責任である。

やり方を2018としたのも、
ルートラボもGARMINコネクトも仕様がころころ変わるので、
今はできてもこの先はわからない。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


日焼けしない、おたふく手袋のBT冷感パワーストレッチアームカバー

IMG_4868.jpg

前回夏用のインナーにデュアルメッシュを追加したが、
今度はアームカバーを追加した。
暑いジメジメギラギラ時こそ、おたふく手袋のデュアルメッシュ2枚目
これが夏の定番になる。

IMG_4872.jpg

アームカバーは特に新製品でもなく、
数年前からある定番商品である。
メッシュ部分があるタイプと無いタイプがあって、
少しでも暑さ対策にとメッシュありタイプを使っている。
ボディタフネスは冬用と夏用があるのでそれも注意ね。
冷感なので夏用。

IMG_4870.jpg

毎年春夏秋と使っているので、
使い古した方(ホワイト)はだいぶ伸び伸びになって来た。
今回は気分転換にブラックを購入した。
古い方はやはり腕に対して緩く感じる。
新しいものはそこそこ付けている着圧感がある。

IMG_4871.jpg

サイズがフリーなので、
長さはどうかなと思うが178cmの身長の自分でも十分に腕部分をカバーできる。
腕っぷしの太い人には着圧感が強くなるかな。
細い人はちょっと緩めかも。
女性向けでは無いビジュアルから、
女性用の日焼け防止カバーはそれっぽい手まで覆うものがあるのでそちらを。

IMG_4884.jpg

私の使用方法はこうだ。
インナーにデュアルメッシュを着用して夏ジャージ、
腕にアームカバーを、グローブはOGKカブトのエアロタイプで完全に覆う。
自転車乗りに多い腕輪っか日焼けをしないためのこの組み合わせは良い。

夏場は腕に水をぶっかければ涼しいし、
日焼けも防げるのでお勧め。

アームカバー メッシュタイプ クールコンプレッション BT JW-619
by カエレバ


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター