FC2ブログ

DAHONで行く、小堤西池のカキツバタ2019

s-P1160450.jpg

先週に続いてカキツバタめぐり。
今週は刈谷市の小堤西池のカキツバタ群落まで。

先週に行った思い出の地、
八橋のカキツバタは人が管理してしっかり作り上げたカキツバタ、
こちらは少し自然よりなカキツバタで開花時期が1週間以上ずれる。
後になるのが刈谷の小堤西池のカキツバタである。

s-P1160405.jpg

今日のアプローチは先週と同じルートから。
9時ちょい前スタートで快適な県道56号を西進する。
さらに追い風なもんだからずんずん進んでしまう。

s-P1160412.jpg

安城市から知立市へ入ってから田んぼの中の道を進む。
八橋のカキツバタまつりは終わってしまったので静かなものだ。

s-P1160413.jpg

逢妻川沿いに出て、
この辺りの昔の記憶ではほとんどが未舗装路で田んぼばかりだったのだが、
それを突き進む様に大きく広い道路が工事中。
さっきの通って来た県道56号、通称名古屋岡崎線なので、
全部開通すれば国道1号より快適に名古屋方面へ抜けれそうなんだけどな。

s-P1160422.jpg

いつの間にか三河八橋駅も高架駅になっている。
クリーニング店はむかしデイリーヤマザキだったはず。
あそこで良く買い物したものだ。

s-P1160424.jpg

先週はかきつ姫公園までだったが、
そこからさらに駒場を抜けて逢妻女川まで出て来た。
ここから自転車歩行者道なので快適路。

s-P1160426.jpg

これが三好まで続いているのがいい。
そう言えばこっちの自転車道も踏破していない気がする。
次はこれかな。

s-P1160430.jpg

しばらく快適に走っていると刈谷ハイウエイオアシスの観覧車が見えて来た。
行き先はあのさらに先のところ。

s-P1160434.jpg

伊勢湾岸自動車道をくぐるのに、
高岡公園の地下道を行く。
先に追い抜いて行ったストライダの人、
無理やり車道を横断して行ったけれどちょっと危ない。
下車しないで通過できる地下道があるのに。

s-P1160436.jpg

少し進んだ先にも川沿いに進める。
左岸を見てみると残念ながら未舗装路だった。
こっちはオフ車が必要だ。グラベルロードかMTBか。

s-P1160437.jpg

川沿いにあった木立のこの花って何だろう。
ジャスミンみたいな小さい花が咲いてる。
ジャスミンは終わった頃で葉っぱだしなあ。

s-P1160443.jpg

トヨタの工場と社員寮のアパート群を抜けて、
洲原公園に出た。
散策道を抜けて、
公園内をショートカット。

s-P1160457.jpg

今年はどうだろうね。
今日の5月19日時点で一番見頃らしいけれど、
広大な池の奥まったところに咲いている。

s-P1160601.jpg

s-P1160564.jpg

s-P1160579.jpg

なのでこんな感じでさらっと全体を見渡す風景になる。
八橋のカキツバタとはまた違った趣きはある。
より自然の群生地なのだ。
お花をバッチリアップで撮影するならかなり高倍率ズームレンズが必要。
ガチな人らが奥に陣取ってるけどそりゃあ大きいレンズだわ。

これも自分の記憶違いか、
思い出補正か分からないけれど、かつてはもっと花が密集するほど咲いていた様な気がする。
ここも花が咲かない様な状況ってあったのかな。
もちろんここだって守る会があって手入れして毎年咲かせる努力がある訳で、
より広大なだけに大変さがある。

s-P1160595.jpg

反対側を見ると今年は一面の麦畑だった。
水鏡を期待したが稲作から交代の年だったか。
もう少ししたら黄金色になる。
それもまた一つの田舎風景か。

s-P1160627.jpg

往路がまさに強い東風だったものだから、
復路は当然向かい風。
面倒だったので一つ北側の幹線道路の県道56号で戻って来た。
アップダウンが多めなのでミニベロにはきついんだけど。

そして矢作川沿いは堤防下へ。
向かい風に疲れたのでまったりしたかった。

s-P1160629.jpg

そう言えば下から見上げる矢作橋、
古い方の橋の端?残ってるんだな。
矢作橋の架替えからもう何年だ?

かつての子供時代の町をポタリングしたり、
記憶の中の花の風景を思い出したり、
ノスタルジックポタリングが二週続いたのであった。

本日44km。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHONで行く、八橋のかきつばた、思い出は綺麗で30年前の記憶をたどる

s-P1160276.jpg

復活をしつつある、
八橋のかきつばたを見に行って来た。

実は余りここを訪れるのは今まであえて無かった。
なぜと言うほど理由があるわけでは無いが、
ここはかつて私が過ごした生まれ育った地であるのだ。

s-P1160307.jpg

午前9時過ぎスタート。
今週後半は非常に暑く、
この時間でも既に暑さが感じられた。
黒いウエアだとちょっと厳しいかな。
ただ日差しは弱め、霞んでいるのはPM2.5か黄砂か花粉か。

s-P1160215.jpg

県道56号を行く。
国道1号の一本北を東西に走る幹線道路なのだが、
片側1車線で路肩が広く走りやすい。

s-P1160220.jpg

実はこの道が、
途中までしか完成していない。
岡崎市から安城市、知立市と抜ける道なのだがまだ未完成部分がある。
地図上で波線だけど行けるかなと思ったが駄目だった。

s-P1160224 (1)

山田製菓さんのある辺りの住宅街と田んぼ道をあっちへこっちへ迂回しながら、
まだ未完成の道の横を見ながら進んで行く。

s-P1160229.jpg

工事看板があったので見てみると、
工期は9月まで?
この手の工期はあてにならない。
今年中に完成したらいいなくらいの気持ちで。

s-P1160226.jpg

歩道橋や青看板は出来て真新しいまま放置されていた。
これが抜けられると非常に便利になるんだけどね。

s-P1160231.jpg

デンソー工場を抜けて行くと、
新しい自転車屋があった。
かつて安城市に居た時に一度ママチャリを修理してもらった事があるな。

s-P1160235.jpg

八橋町に入ってこのアングルを撮影した。
これは今日の時点、安城市方向を向いて。

s-CIMG0004.jpg

(2001年撮影の写真)
デジカメで一番古いデータがこれ。
ほぼこの地に居た最後の写真だ。
鉄塔の配置は変わらず右側の木立などは当然無い。
周囲の住宅は変わった家も多いが道路はそれほど変わらない場所もある。

s-P1160255.jpg

ここへ来るのは果たして何年ぶりだろうか。
おそらく上記の写真を撮影した当時も、
かきつばたは当たり前の存在でありあえて見に行っていなかった気がする。
そうすると本当に30年ぶりと言えるかもしれない。

s-P1160246.jpg

在原業平像がある。
もちろんこれが出来たのは最近だろうか。

s-P1160247.jpg

からころも
きつつなれにし
つましあれば
はるばるきぬる
たびをしぞおもふ.

s-P1160282.jpg

s-P1160270.jpg

一度全滅してしまった八橋のかきつばた。
水を池を入れ替えて再起を図る。

s-P1160242.jpg

かつて、
早朝にスケッチに来たりした幼少時代、
あの頃は朝露に濡れる花弁がそれはそれは美しく、
厳かで優美な花々だった。
一度は枯れてしまった花だが努力が実って昨年から徐々に復活して来た。

s-P1160286.jpg

俯瞰するとまばらだが、
またかつての思い出の風景を見せて欲しいと願うばかり。

s-P1160289.jpg

場所を移動して大流住宅地へ向かう。
逢妻男川のある方向へ下って行く。
小さい商店が2件あった場所。
すずやさん、もう閉業していた。
そろばん塾に通っていた帰りに毎回駄菓子を買ってだべった場所。
コスモスの自販機が可動していた時代。

s-P1160290.jpg

在原寺、
黒板にもかきつばたと短歌が書かれている。

かきつばた
衣に摺り付け
大夫の着襲ひ猟する
月は来にけり

大伴家持

s-P1160291.jpg

根上りの松は健在。
来迎寺の方にもあるけれど、
根っこが顕になっていると寿命が短くなるが、
良く保存されている。


s-P1160296.jpg

そして逢妻川を渡った先に大流住宅街の中にある、
かきつ姫公園の中にある一本松。

s-P1160297.jpg

落田中の一松
在原業平がかきつばたの歌を歌ったのは、
実際にはここら辺らしいと言う。
八橋の無量寿寺にあるかきつばたは、
お寺の境内とともに後から植樹整備されたと言う事だろうか。

s-P1160302.jpg

帰りも逢妻川沿いを走って、
また元の県道へ戻る様に走って来た。
この川でも入って良く遊んだ場所だ。
田植えの季節か工事のせいか今日は濁っているね。


s-IMG_7452.jpg

最後に両親から拝借した写真を一枚。
思い出は綺麗で、いつも輝いている。

本日29km






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




DAHONで行く、安城市榎前町のレンゲ畑2019

s-P1150916.jpg

今年も見に行った。
安城市の榎前町にある休耕田を利用したレンゲ畑。
今年もそろそろ見頃だろうかと思ってポタポタDAHONで行ってみた。

s-P1150760.jpg

9時半頃スタート。
もう夏ウエアで良い季節だな。
しかしインナーはいつものおたふくインナーしか出して無かった。
面倒でそのまま長袖のおたふくインナーに夏ジャージ。
ちょっと暑かった。

デンパークへ向かう田んぼ道。
いつもはあんまり車通らないけれど、連休で抜け道利用かたまに通行があった。
デンパーク前はもう大渋滞。
駐車場も満車でこりゃ大変だ。

s-P1150761.jpg

デンパーク前を通過してセブンイレブンの先を住宅街の中進んで、
バイパス下を行く。
幹線道路を避けて走りやすい方を選ぶとポタリング仕様の自転車でも気軽に走れる。

s-P1150941.jpg

長田川を渡ると眼前にピンクの絨毯が見えて来た。
もうこれだけで今年は当たり年だ。
道路を挟んで左右にレンゲ畑が広がっている。

s-P1150890.jpg

ほわー。
本当に一面がレンゲ畑だ。
バイパスが遠くに見えるが、
幹線道路を挟んで2面分の畑がレンゲ畑になっている。
面積もそこそこ広い。

s-P1150849.jpg

角から俯瞰してみる。

s-P1150930.jpg

全面レンゲ畑で。

s-P1150872.jpg

寄って見てレンゲ畑。
昨年は時期なのか出来なのかまばらだったので、
この当たり具合はすごい。
もちろん人為的な種まきと整備の賜物なので運営している方々には感謝のもの。
ここの畑は、
レンゲ→ヒマワリ→コスモスと季節を移ろって花を植えている様になっていて、
毎回やっているかは不明だが、運が良ければこんな豊作な年もある。

まさに今が見頃のレンげ畑なので、
見に行ってみると良い。

s-P1150944.jpg

さて、
帰りはまたデンパーク前の渋滞を横目に、
安城自転車道を南下してアイシンの最後まで行ってから矢作川ショートコースにて。

s-P1150949.jpg

志貴野橋を対岸へ渡って快適コースへ。
しかしここが直通だったら楽なのに。
将来的に整備されるのかな。今はダートと工場で寸断されているので、
西尾市スポーツ公園の南側を迂回していかないと行けない。

s-P1150961.jpg

はあ快適。
少々向かい風だけれど、
それに抗うほども踏まず、ゆったり戻って来た。
GWだろうがこう言うのでいいんだよ。
ほんとリラックス出来た。

本日35km。

ところで、これを書くのは無粋かなと思ったんだけど、
咲いている場所って安城市福釜町何だよね。
なぜ榎前町って言うかと言うとひまわりの里って看板が手前にあって、
榎前町内会って書いてあるので。真相はどっちなのかな?町内広報を見る限り共同運営って事でいいかな?
榎前町せせらぎ・ひまわりまつりと言うのをやっているからか。

安城市榎前町の長田川西沿い辺り




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHONで行く、矢作川左岸の快適路、矢作川ショート

s-P1150373_20190414164716dfd.jpg

今回もまた雨か、
そう思って起きてみると思ったより雨雲は遅めの予報。
早起きしたら行けそうかな。
しかし少し前みたいに走り出した途端に本降りは勘弁してほしい。

雨雲レーダーを睨みつつ行けそうなので近場をショートライドとした。

s-P1150363_20190414164714bba.jpg

雲がうっそうと広がっている。
先週と同じ夏ウエアとおたふくインナーで7時半頃スタート。
時間が早いので少し肌寒い。

s-P1150358_20190414164713929.jpg

山の方は雨が降りやすそう。
こう言う日はあちら方面は辞めた方が懸命か。

s-P1150385RW2.jpg

いつものルートにて川沿いからゆったり走って、
志貴野橋手前の桜通りに出た。
やはりほとんど葉桜だ。
先日の雨と風でほとんど散ってしまった。
まだ残っている花びらが舞って桜吹雪がきれいだった。

今日は気になっていた川の反対側、
左岸を走ってみようと思って橋を渡ってから戻るルートを左岸へ向かう。

s-P1150405RW2.jpg

矢作古川を渡ってから橋の袂に気になるところを発見。
地図を眺めていた時に見つけた。
龍宮社?
あの龍宮か?

s-P1150412RW2.jpg

雰囲気のある竹林を進むとそこに龍宮社があった。
なかなかしっかりしたお社だ。
旗が建っておりそれぞれに奉命があったので、
これは寄付のものかな?豊川稲荷でも見たけれどそれなりにご利益があるところだろうか。

s-P1150423RW2.jpg

西尾のスポーツセンター脇と、
アイシンの横をぐるっと迂回するかたちで元の矢作川沿い左岸へ出た。
工場がある関係ですんなり川沿いを周回できないルートなのが残念。
そして今日の目的地。

なるほど、車止めがしっかりあってその先に散策路がずっと続く。
こんなところが左岸にあったのを知らなかった。

s-P1150424RW2.jpg

矢作川水域の説明看板。
奥矢作湖から、三河湖からこうやって三河の農業用水、飲料水が疎水されているのだな。

s-P1150427.jpg

こんな感じで完全に封鎖された道路なので、
安心して走れる。
ランナーがたまに走っている程度。
上の堤防道路は車両が走って行く。

s-P1150436RW2.jpg

新幹線の横断するところから少し手前まで続いていた。
自転車で走るとあっという間の距離だけれど、
これはゆったりのんびり走るには快適だ。

ほんと近所なのに何も知らない。
たまには道を外れてみるのも悪く無い。

本日26km。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



DAHONで行く、岡崎城から伊賀川沿いの桜と安城豊田自転車道の桜再び

P1150160.jpg

今週こそは桜満開、
本当は散り際を撮影したかったけれども、
お天気予報が芳しくない。
混雑が心配されるが今日しか無いか。
毎年恒例の伊賀川沿いの桜と、ついでに先週の安城豊田自転車道の桜を再訪した。

P1140987.jpg

味噌蔵通りから。
混み合うのでいつもより少し早めの8時過ぎスタート。
やっと夏ウエアと指切りグローブで。
春らしくなって来た。

P1140985.jpg

個人的にお気入りのお寺さん。
ここの桜は少し早めで岡崎公園のより早く散る。
そして桜の花びら絨毯が素晴らしい。

P1140991.jpg

岡崎公園入り口の乙川沿いにて、
名鉄と桜のおなじみアングル。
カメラマンたくさん、車の往来と人もすでにたくさんで大混雑。
やはり日曜は様相が違うなあ。

P1140999.jpg

振り向けば岡崎城。
やっと満開だね。
なんと昨年比で2週間遅かった。
藤棚はいつになるのかな?

P1150019.jpg

混雑が過ぎるので岡崎公園には行かないで、
いつも通りの伊賀川沿いを遡上する。
まだ時間が早めなのでいつもの穏やかな川辺だ。

P1150035.jpg

枝垂れている桜が美しい。
中々アングルが難しいのは、
あちらこちらでビニールシート敷いてお弁当食べてる人が居るから。

P1150056.jpg

国道1号をくぐるところ、
早い時間だとこれが見られる。
桜リフレクティブ。
いいねえ。

P1150069.jpg

地上へ移って住宅街の桜通り。
この時期だけは川沿いの住宅が羨ましく思える。
騒がしいかな?

P1150061.jpg

午後から家康行列が出陣する伊賀八幡宮の参道方向。
毎年同じアングルだけれど毎年同じ様に桜が咲くのって凄い事だよね。

P1150087.jpg

ほとんどが護岸工事されて殺風景なコンクリート壁ではあるが、
ちょっとだけ里川っぽいところもあったりして落ち着く。

P1150092.jpg

P1150112.jpg

P1150102.jpg

オート三輪の窓越しの桜。
この場所とか車の状況ってずっとこのままであるのかな?
ある意味フォトジェニックだけど微妙な存在。

P1150121.jpg

高速道路手前で折り返し。
人が多い公園よりもこの辺がやはり良い。

P1150175.jpg

P1150203.jpg

たっぷり撮影したのでここで戻ろうかと思ったが、
まだ多少時間の余裕があったので先週と同じルートを逆戻りしようか。

P1150259.jpg

今日の味噌樽。
移動して今度は安城豊田自転車道方向へ。

P1150270.jpg

工事中の三連水車手前を自転車道から離れて田んぼ道。
自転車道より田んぼの中のが道きれいでいいんだけどね。

P1150273.jpg

このもさっと咲いたのを見たかった。
でももう少しかな。

P1150280.jpg

近寄って見るとまだ蕾が見られる。
こんなに粘って咲かないものなのか。
一斉に咲くと言うより順番に咲くものなのかな。

P1150310.jpg

のんびりしていたら時間を食い過ぎた。
撮影半分、移動半分、結局コースタイムが自転車のみより倍かかる。

P1150326.jpg

こちらは散り始めていた。
すれ違う自転車も散歩、ランナーも多い。

P1150347.jpg

やっと春本番らしいね。
でも黄砂と花粉のダブルパンチ、
見えてる景色と違って中々ハードなサイクリングだった。

本日36km。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター