FC2ブログ

フルサイズ羨望?適材適所の履き違えと立ち位置の勘違いだと思ったカメラの話

P1120639.jpg

ダンボー君、だいぶ薄汚れて来たよね。
あえて自戒も含めて駄文をひと記事書いておこうかと。
気持ちを整理せず思うまま書きなぐっている、
カメラ初心者がろくに知識も無く半分愚痴みたいなものなので、興味無い人はそっと閉じて下さい。


なぜかここ数日、
カメラのことを考え続けてついつい夜更かしまでしてしまっていた。
と言うのも、
カメラ界隈のTLを眺めていると、
金銭感覚おかしくなりそうなほどに、ほいほいレンズ買う人や、
ボディをほいほい買う人が居る。
そんな人達を見て、ああ自分もフルサイズのミラーレスカメラでもひとつ欲しいかなあなんて。

そう考えるとなぜか頭の中で、
無印なら中古で余裕で買えるなあ、いや手ブレ補正があるⅡ型からだ。
いやいや猫撮るならアプデがあるⅢ型だ……
どうせ便利ズームしか使わんよな、評判良い24-105mmだな。
ちょっと高いけど間違いは無いはず。

いやいや、
そこまでは要らん。
APS-Cのだったらレンズもっと選択肢が増えるじゃないか。
その分ちょっと望遠側も稼げるし。
重量だって今と変わらないのがいいよね。

あ、
そうだサブで安いMFTの古いボディにパンケーキレンズの明るいのを付けよう。
それ持ち歩けばちょっとスナップに気軽に使えそう。
へえ、
S社の一昨年出たレンズってMFTでも新しいのがあるんだ。
いや、これ防塵防滴だな。
単焦点レンズでちょい広角から標準、望遠まで3種揃っってあるんだ。
これだったら3本買ってもフルサイズの便利ズーム1本分と同じ価格で買えるぞ。

そうか、
単焦点で切れの良いレンズ揃えれば撮影の幅も広がるし、
別にフルサイズじゃなくてもいいよね。
でもそうするともうちょいボディの高級なのが欲しいな。
Proか、プロでも無い素人が?
キャッシュバックのある時に買っちゃえば良かったなー。

・・・・・・

P1120615.jpg

ふと我に帰る瞬間。
ちょっとだけ良いカメラを買って楽しんだ昨年。
肝心なことを思い出した。
機材を得るよりも撮る楽しさ。
機材マウントしたいわけでは無かった。
欲しいのは撮る楽しさだった。
今の自分には今ある機材で十分なものだった。
そんな訳で妄想が晴れたので一切散財はしないことにした。
資金に余裕があるならそれもやぶさかでないが、そんな事も無く、
だからもう少し、
今ある物を持って出かけよう。
そうしよう。

何だこれ、
自転車趣味で経験して来たと同じじゃん。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ






自転車用のグローブとカメラ用は共存出来ない?

P1110788.jpg

すっかり寒くなったから、
自転車乗る時にはシューズカバーも欠かせない。
あれこれ朝の準備に時間かかるからどうしても遅くなってしまう。

IMG_6134.jpg

それでふと、
カメラを手元に持って来ると、
う、
スイッチオンオフがし辛い。
冬のグローブはパールイズミのだけれど、
変速機の操作や防寒性は良いもののカメラの操作にはやや難あり。
特に自分の場合は電動糸の指キャップも付けてて余計難しい。

カメラ用の防寒グローブと言うと、
指がパカっと開くのがあるけど、
あれで自転車乗った場合指先冷たそう。

そう考えると、
面倒だけれどガッチリ撮影する時は、
どうせ停止して構えるからグローブを取って操作すべきだろうか。

自転車兼カメラ趣味の人って冬場はどうしてるのかな?
あんまり真剣に撮影してるわけじゃないからそこまで深刻には考えて無いけども……
ふと思ってね。

スマホ操作は諦めて、指サックを外してしまおうか。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



AIで現像してくれる、RAW現像ソフトLuminarを買ってみた

lumi01.png

写真のRAW現像ソフト、Luminar 2018を買ってみた。

Luminar 2018

RAW現像ソフトと言えばアドビのLightroomが一般的だが、
現在のアドビは月払いや年払いの購入で無いと最新版が使えない。
カメラ趣味としたらやはりRAWで撮影して好きにレタッチしたいがちょっとその価格は敷居が高い。
買い取りのLightroomもあるけれどちょっと機能制限もあるしなあと思っていた。

そこでお手頃な現像ソフトがPC版も出たのを知った。
自分の解説より下記の記事の方が分かりやすい。

その名はルミナー。RAW現像に強い驚異の写真編集ソフトがあらわれた!Luminarの全貌を徹底解説!

lumi02.jpg

先日のうろこ雲を例に現像してみた。
これが元のRAW画像を開いたオリジナル画像。

何もしないでも割と良い感じではあるが、
とりあえずのAIにおまかせなら、Accent AIフィルターを適用。

lumi03.jpg

もっとおまかせや遊びたいなら、
状況に合わせたプリセットから選択するだけでも面白い。
適用量は0から100%まで適用量が変化する。

lumi04.jpg

Accent AIフィルターを適用してみた。
上部にある目のアイコンと、仕切りのアイコンで適用後、前を比較できる。
適用すると明らかにすっきりした空に変わっている。

さらに霧軽減や明瞭度、緑の強調など各パターンのフィルターがある。
被写体に応じたフィルターが多いのが特徴。

lumi05.jpg

あんまりいじるのも不自然かなと思って、
今回の画像で気になった広角歪みを最後に補正。
左上の画像メニューにFix Lens Distortionがある。

lumi06.jpg

適用するとこう、
水平線の右と左、分かるかな。
反り上がった水平線が真っすぐに修正される。
この辺もあえて残すか修正するかもあるけど、
魚眼や超広角レンズで補正もできるので便利だ。

P1090694.jpg
ビフォー

DojZe3EU4AIMmuy_20181004121645cc6.jpg

アフター

いいんじゃない?
Luminar



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




カメラをバックパックへ固定して外して持って歩いて、ピークデザイン キャプチャー

IMG_5449.jpg

PeakDesign ピークデザイン キャプチャーを導入。
カメラ趣味にしている人がPeakDesign製品に傾倒して行くのも分かる。
かゆいところに手が届くいろんな製品を出している。
今回はキャプチャー。

IMG_5450.jpg

パッケージ写真を見ての通り、
バックパックのベルト等にアダプターを固定して、
カメラ側に三脚穴を利用して着脱できるようにするもの。

IMG_5451.jpg

内容品はこんな感じ。
毎回、ポーチと六角レンチを入れて来るのもピークデザイン。
ベルト側に設置するアダプターは手回しボルトと六角ボルトの二種類が付属する。

IMG_5454.jpg

なるほど、
カメラを差し入れるとこの黒いボッチがカチャッとして固定される。

IMG_5453.jpg

外す時にはここを押しながら上げると外れる。
黒いボッチは回すと完全固定にもできる。
ふいに外れない様にもできる。

IMG_5456.jpg

カメラ底の三脚穴へアダプターを固定。
アダプターは4面どの方向でも使える構造だ。

IMG_5455.jpg

ベルト側に固定。
ベルトの取付可能幅:7.6cmとなっている。
8cmでも行けなくは無いが無理やり感になる。
自前のバックパックベルト、8.2cmある部分へ取り付け。
細い場合も行けなくは無いが若干不安。
やはりピークデザインのバックパックに最適化されているのかもしれない。

IMG_5457.jpg

カメラ本体を取付け。
スチャッと嵌まる感覚は気持ち良い。
バックパックを背負って歩いて、外して撮影、また嵌めて歩く。
主に山登りの人が良く使っているのを目にする。
また、
自分みたいに自転車に乗る場合やバイクの場合も使える。
ただ、
これだけで固定して激しく走ったり動くのは怖いので、
カメラストラップは併用して首からかけておく方が良いだろう。



オプションのベルトループを使えば、
腰部分にベルト通しで使うこともできる。
大きい一眼レフカメラを移動と撮影を繰り返すなら腰部分の固定のが良いかもれいない。

移動しながらカメラを運搬、
さっと使える固定器具として、
非常に便利な逸品である。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




名城公園でパークウォークと彼岸花とネコ、石垣に萌える

P1090131RW2.jpg

今週もフォトデイ。
今回はポタでは無くてウォークと言うことで。
大江川緑地公園と名城公園をフォトウォーク。

IMG_5725.jpg

早起ききつい。
久しぶりに名鉄に乗車。
しかしみんな休みの日の早朝、こんなに乗るのね。

IMG_5730.jpg

定刻通りに本星崎で下車。
そこからポタポタ歩いて高架をくぐって大江川緑地公園に到着。
今回も写楽さんと同行のはずが同じ電車に乗れなかったので先にフォトウォーク開始。

と、
ここで記事を書こうと言う段階で気づいた。
フォルダが別になっていた部分を古い日付のだと勘違いして消去してしまった……
彼岸花を中心にここでは撮影したのだが、
正直、、、微妙。
公園はずっと林道が続いており近所の人の散歩コースの様だ。
気を取り直して次。

市バスで栄まで、そこから名城公園まで地下鉄にて。

P1090020RW2.jpg

赤い彼岸花と白い彼岸花。

P1090024W2.jpg

白い彼岸花と赤い彼岸花。

名城公園内はジョガーが多い。
みんな固まってペース走している様だ。

P1090011RW2.jpg

ちょろちょろ水場がある。
真夏には涼を感じられる。
今日も十分暑いけれども、だいぶ残暑程度に落ち着いている。

P1090094.jpg

蓮の花にトンボが止まっていた。
こう言うタイミングが訪れるのは一期一会だなあ。

P1090005.jpg

植えられた秋桜は咲き始めか。
もうちょっともっさりたくさんの植え方だと迫力あるんだけどね。

P1090106W2.jpg

名古屋だけどオランダ風車だ。

P1090176.jpg

今日のニャンコ。
こいつ、ふてぶてしいやつだ。
構わず寝っ転がってずっと寝ている。
まるで起きない。
ごろんごろん、気ままなやつだ。

P1090192.jpg

藤棚で有名な通り。
花の咲く季節なら最高だろう。
夏場も木陰になっていい散歩道だ。

P1090165.jpg

林の中はどんぐりの木だ。
もうそんな季節、どんぐりの実が沢山落ちていた。

P1090213RW2.jpg

お堀の脇には少しだけ彼岸花があった。
もうちょっと沢山咲いていると最高なんだが。
やはり手入れされているところとは勝手が違うのだ。

P1090237.jpg

P1090228.jpg

でも、
お堀の石積み好き。
人工的なお城よりも、
(お堀の石積みも人工物だが)
この職人気質を感じられるのが良いのだ。

P1090263.jpg

てくてく名城公園内を歩いて、
フォトウォークして、
市役所まで到着。
名古屋市庁舎と役所は建物からして魅力的だ。

P1090282.jpg

地下鉄の入り口もお城風。
これが名古屋、
尾張名古屋は城で持つ。

彼岸花を目的にの今回のフォトウォーク、
撮れ高は微妙だが、
公園散策もまた面白い被写体があってこれはこれでありだったかな。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

   
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター