FC2ブログ

結局パナライカレンズを買う、ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.

P1030206.jpg

結局買ってるレンズ。
パナライカのズームレンズ、
ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.を購入。

元々使っていたのは、
Panasonicの方のルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.Sだった。
このレンズも凄い使い勝手良くて満足していたけれど、
上があると気になるよねと。

P1030207.jpg

並べてみるとちょっとパナライカのが大きいかなと言う程度。
そもそもパナの方が軽過ぎるくらい。
12-60mmのズームレンズなのに、210gしか無いもんな。

IMG_5287.jpg

パナライカの方は、
フードとプロテクターも込みで374g。
これでも軽いレンズだ。
当初はOLYMPUSの12-100mmPROも考えたが、
ちょっと高いのとかなり重い、大きいのでパナライカを選択した。
ボディがPanaだしね。

P1030210.jpg

ズーム、ピントリングは同じ構成、
パナライカの方は手ぶれ補正のDual I.S.2とMF、AFの切り替えスイッチがある。
マニュアルで拘るならどっちも切って三脚も使ってと言う撮影方法もありか。
基本的には持ち歩いてスナップするので両方オンにしてるけど。

IMG_5288.jpg

大きさ具合はGX8に装着してこんな具合。
まさに丁度いい。
前後のボディとレンズのバランスが良いと感じる。
これ以上重いレンズや大きいレンズは扱いにくいかも。

P1030347.jpg
広角端12mm(24mm) F2.8スタートからの

P1030346.jpg
望遠端60mm(120mm)F4.0まで。

広角でも結構寄れるから、
背景ぼかしも行ける。

絵のダンボーの距離感が逆転しているが、
遠い方が望遠端で寄れるのはこのくらい。
当然背景ボケはこっちのが大きい。

なのでお花とかネコとか被写体をメインに据えて背景ボケを出すのに、
60mmまでで結構行ける。

さてここまでで結局どんな感じなのか、
実は既に購入報告のみなので使っているのだった。
京都もお庭もしばらくずっとこれだった。
もうほぼこれつけっぱなしのレンズと言えよう。

LEICAらしさって良く知らないけれど印象としては優しいボケ味と描写が好みである。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

そうだ、京都行こう!静寂の日本庭園、詩仙堂から苔が美しい、銀閣寺へ

P1070095.jpg

思いつきで、
突然京都へ行って来た。
そうだ、京都行こう!

IMG_5659.jpg

思いつきでそうそう京都まで行くわけでは無いが、
18きっぷの残り1回分の使い道を考えていた。
当初は復旧するはずと思っていた乗鞍へと思ったが天気が芳しくない。
その代わりで撮影のみの自転車無し旅はと思ったのが京都だ。

なぜその思いつきに至ったかと言うと先週ここへ行ったからだった。

DAHONで行く、安城市で静寂な日本庭園が楽しめる、丈山苑

文人石川丈山が作った庭、お堂が地元にあって、
それは元々京都の詩仙堂を模したもの。
生まれの場所に再現されたお堂と庭だった。
ならばオリジナルを見に行かねばなるまい。
そう思って始発の電車に乗ったのだった。

P1070100.jpg

京都駅に到着。
まずは久しぶりに駅舎を撮影。
ガメラ3で壊された、そして現代、台風で天井が壊された。

P1070103.jpg

あの辺?
駅の入り口付近が立ち入り禁止になっていた。
けが人無くて良かったほんと。

P1070132.jpg

何となく行き方を調べていたので、
市バス乗り場へ移動。
詩仙堂方面は、銀閣寺方面のA1から。

いろんな案内を見るとメインシーズンの紅葉時期は渋滞が酷いから時間かかるらしい。
今回は定刻通り京都駅から50分くらいだった。

P1070137.jpg

バス停の一乗寺下り松で下車。
京都市バスは一律230円を下車時に支払い。
どうするか迷って一日乗車券を下車時に購入。
これは600円。
3回乗れば元が取れる。

ぐぐるマップでバス停から山の方面へ歩く。

P1070138.jpg

山方向へ歩くと、
結構な勾配の上りが続く。
自転車乗りとしては気になる勾配。
この辺済んでると苦労するなと観察すると、
民家の軒下に駐輪されているのはほとんど電アシ自転車だ。

P1070148.jpg

幸い雨は止んでいたので良かった。
てくてく十数分歩くと門が見えた。
人気無し、
これは期待が持てる。
(人少ない方が写真撮影しやすいので)

P1070149.jpg

地元安城の丈山苑では外苑が森と竹林と小川で小径があったが、
ここは凹凸窠と言うらしく石作りの階段で始まる。

P1070158.jpg

拝観料は500円。
さすがに本家の方がお高い。
そして建物内は撮影禁止と。
えーそうなのか。
お庭に向けての撮影はOKであると。
どう言う違いか?

P1070172.jpg

来た、
来ました、
本家も同じ庭だー。
ちょっと感激。
同じと言うかそもそも本家があって再現があるので当然だ。

P1070209.jpg

P1070222.jpg

静寂が漂う、
庭と紅葉が美しい。

P1070299.jpg

波紋の枯山水。
心落ち着く瞬間。

P1070370.jpg

静かに眺めていたら、
さーと雨が降り出した。

P1070350.jpg

静寂の庭にこの雨、
したたる音だけが響く。
むしろ雨が似合うこの空間に感謝したいくらい。
雨のせいか朝だからか観光客は10人に満たない程度で人が入らないアングルで撮影出来た。
もみじは色づき始めでピーク時はさぞきれいだろう。
ただ、
その時期は混雑するかも。
なんせ本場、京都の名所なのだから。

P1070384.jpg

内庭を楽しんだ後は、
外の庭も拝見。
雨が降り出していたので傘を差しながらでちょと苦労する。

P1070401.jpg

青もみじの季節もありかな?
あまりに人が多いと撮影もままならないから。

P1070421.jpg

鹿威しもあった。
雨降りだったからカコンカコンと音の頻度が高かった。
良く響いていた。

P1070448.jpg

小径を戻って詩仙堂を後にする。
思っていたより見学出来る部分は狭め?
小さくまとまったお堂だった。
丈山苑のが新しいからと言うのもあるが、
小径の緑具合は丈山苑が好み。
お堂と内庭はどちらも本物でどちらも素晴らしい。

P1070217.jpg
京都府京都市の詩仙堂

P1060748.jpg
愛知県安城市の丈山苑


IMG_5665.jpg

一乗駅の方へ歩いてお昼。
ここはラーメン通りと言われるくらいにラーメン屋が多いそうな。
適当に調べて人気店に来てみた。

IMG_5666.jpg

中華そば、
うーん普通か。あまりマニアでも無いので評価難しい。

P1070459.jpg

続いてルート上で効率よく来られるところ。
市バスに再度乗って、京都駅方面へ戻る途中にある、
銀閣寺に来た。
哲学の道を進む。

P1070462.jpg

金閣寺は見た記憶があるが、
銀閣寺には来た事があったか記憶が無い。
どうだっただろうか。

P1070489.jpg

ラーメン食べている間に雨はまた止んだ。
こちらもしっとりもみじが濡れていい雰囲気。

P1070494.jpg

もはや銀閣寺だが、
東山慈照寺ね。

P1070502.jpg

銀閣寺、
そうそうこのアングル。
これ見た気がする。
それは美の巨人たちだったか。
現実に修学旅行で来たのだったか定かではない。

P1070516.jpg

向月台と言うかこれいろいろ言われてるけど富士山でいいじゃんって、

P1070524.jpg

お堂から見える庭は松の木が目立つ。
常緑の松があるからもみじが色づいて来ると良い感じになるんだろう。

P1070564.jpg

P1070570.jpg

P1070572.jpg

トレビの泉か、ここのお賽銭?は回収しないのかな?してるか。

P1070608.jpg

あえて選んで来た銀閣寺、
お寺の観覧メインじゃなくて実は苔メイン。
苔寺は予約制な上に3000円もする場所なのでそれ以外で有名なのがここ。

P1070626.jpg

P1070694.jpg

P1070701.jpg

ナイス苔。
苔の手入れが行き届いていて苔ハンターには最高では。

P1070649.jpg

P1070679.jpg

庭の反対側の高台が苔を楽しみながら上って下って、
裏側からの銀閣寺を臨む。
これは紅葉シーズン凄いだろうなあ。
ずっと言ってるけど、さすがに有名地だけに外国人も多いしちょっと大変。
今日時点でこれなのでシーズンはどうだろう。

P1070747.jpg

かなぶん?
木の幹にもナイス苔。

P1070751.jpg

第二目的も達成したし、
雨がまた降り出した。
今日はここまで、
欲張らない事が丁度良いのを学んだ。
京都行きの市バスにまた乗り込んで旅情を噛み締めた。

IMG_5673.jpg

京都駅に再び、
振り返れば京都タワー。

IMG_5674.jpg

おこしやす京都、
気が向いたらまたふと来るよ。
そうだ、京都行こう、またいつの日か。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カメラストラップを変更、マリンロープとピークデザインのアンカーリンクスAL-3付き

IMG_5563.jpg

ピークデザインのストラップ スライドライト アッシュ SLL-AS-3使っていて、
これが最適解だ、
と思っていた。

デジタル一眼カメラを自転車で運ぶためのカメラストラップ、ピークデザイン スライドライト

IMG_5557.jpg

確かに、
これ長さ調整が簡単で滑り止めも真ん中辺に付いていて良いかと思った。
ところが長く使ってみて分かった事は、
自転車でショルダー使いするのに丁度良い長さに決めたら、
長さを変更しない。

そう、
長さは調整しないのである。
さらに滑り止め加工があっても、調整金具が身体に当たってあんまり役に立っていなかった。

いわゆる速写ストラップと言う部類だが、
構えるのにもそのままカメラを構えるだけで長さ変えないし。
調整機構無駄なんじゃ……
でも、
ピークデザインの取替アタッチメントであるアンカーリンクスは使いたい。
何かいいもの無いか?

IMG_5555.jpg

当初は適当なストラップをピークデザインストラップ化する事が出来る、
アンカーリンクスAL-3を買ってストラップを別購入しようと思った。
ところが、
アンカーリンクスAL-3のみの販売が終了している。
これだけのパーツは廃番?

そこへアンカーリンクスAL-3を検索していたら、
このマリンロープのストラップとアンカーリンクスAL-3が固定されたものが出てきた。
おお、これは良いのでは。
長さ調整しない、先端はピークデザインのアンカーリンクスAL-3、丁度良い長さ。
これだと思って購入。

事前にスライドライトの常用長さを計測しておいて、
だいたい1メートルだったので、これも1メートルのものを購入。
色はレッド、カーキ、ブラックがあったのでカーキにしてみた。

IMG_5564.jpg

先端はこれ。
アンカーリンクスAL-3に合皮の縫い口とマリンロープ。
ほつれも一切無く、きれいに縫製されている。

IMG_5566.jpg

マリンロープの直径は約10mm。
太すぎず細すぎずで丁度いい。

IMG_5565.jpg

長さ1メートルタイプを購入したが、
んん94cm?
アンカーの先端~先端でこれくらい。
ストラップの部分だと90cmだった。
そこは適当なのか。
背負った時にちょっと背中の真ん中くらいに来るので問題無いけどね。
伸ばす分にはアンカーを直付けしているのを三角環追加すると伸ばせるけど。

これでしばらく使ってみたところ、
カメラの背負う、構えるがささっと出来る様になった。
変な調整機構が無い方が実は使いやすかったという結果に。
そして先端はアンカーリンクスなので取り外しも容易。
中々いいものが買えた。

購入は残念ながら国内では見つからず。
eBayにて購入。
先端が普通のストラップタイプやハンドストラップもある様だ。
Marine Rope Cord Camera Neck Strap(eBay)

作っているのは英国のメーカー?かな。
The Photography Team



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

四日市で工場萌えは心踊る風景

P1050359.jpg

さて、
前回の続き。
甲賀の山奥でミホ・ミュージアムに行き、
不思議体験をしたあとは次の目的地。
四日市で工場萌えしたい。

IMG_5532.jpg

石山駅にバスで到着して、
そのまま草津駅へ移動。
乗り降り自由なのが18切符の利点よね。
お昼をだいぶ過ぎていたが駅前の近江ちゃんぽんでお昼。

IMG_5531.jpg

これも前回のDAHONサイクリングでのやり残しなので。
近江ちゃんぽんは野菜多めの汁は透明なあっさり系。
久しぶりに食べたけどうまかった。
お酢を途中で入れるのもいいもんだ。

IMG_5536.jpg

緑の車両の草津線で柘植まで。
そしてそこからワンマン電車で亀山まで。亀山からは普通の列車にて関西本線で四日市へ。
こっち周りで戻るのは初めてだ。
このローカルな路線、凄いところを走っている。
途中でキャノンボールでおなじみ加太駅も通過した。

IMG_5539.jpg

いやこっち周りも結構時間かかる。
既に時間は午後5時を回っている。
ほとんど夕方だがこれから工場見学に。

P1050308.jpg

JR四日市駅の改札出てすぐ左手にあるこにゅうどうレンタサイクル。
ここで自転車をレンタルする。
電動と普通車があるが普通車で120円と格安。
夏休み期間中は営業時間も午後8時までと余裕があった。

P1050310.jpg

最初は重いしサドル低いしでママチャリに乗り慣れず、
漕ぎにくいなあと。
サドル高がポスト長足らず最適値に出来ないママチャリあるある。

P1050312.jpg

まずは駅から東に向かって、
国道23号を渡った先にある定番地点。
大正橋からの眺め。



P1050334.jpg

なんかいきなり最高だった。
ここだけで結構満足。
コスモ石油四日市製油所を対岸から望める。

P1050315.jpg

ついでに後ろのタンクも。
昭和電工ガスプロダクツ 四日市工場のタンク。

P1050333.jpg

P1050400.jpg

P1050389.jpg

ぐねっとでかいポンプと言うか配管と煙突、
赤錆がいいでしょう。

P1050349.jpg

奥には中部電力 四日市火力発電所の煙突が見える。
四日市では一番広く集積している工場地帯がここ。

P1050340.jpg

堤防を先端まで行くとここまで。
車停めて釣り人が一人いた。

P1050386.jpg

P1050397.jpg

この集積具合、
たまらんですわ。
ほんの数m横移動しただけでカタマリ具合が変わって、
見え方が変化するからちょっと移動しては撮影して移動して撮影してた。
正直ここだけでかなり満足。

P1050402.jpg

目立つ煙突を横目に次へ移動。
やはりこのエリアを巡るなら自転車が良い。
しかし国道23号の交通量から歩道移動ばかりなので、
持参するよりレンタサイクルのママチャリが丁度良かった。

P1050404.jpg

23号沿いを走って四日市ドームへ。
大会があちこちで開かれていた後で選手やらバスやら多い。



P1050408.jpg

ここも定番地点。
対岸にはKHネオケム 四日市工場 霞ヶ浦製造部製造第一課とある。

P1050409.jpg

ここも製油関連のプラント工場なので、
タンクと煙突のコラボがいい感じ。

P1050439.jpg

ちょっと距離があるので、
もう少しズームレンズが必要だった。
きっちり一角だけフレームインするなら100mm以上必要かも。
一人三脚立てて定点撮影していた。
ずっと撮ってたからタイムラプスでも撮ってるのかな。

P1050466.jpg

停泊する船があるから、
それとのコラボもいい。
だんだん日が落ちて来た。
ここの撮影場所は日中よりも工場夜景で有名かな。
三脚も用意して光芒出して煙流した写真を日が落ちてからじっくり撮影すると良い。
そうなると自転車返却時間がギリギリなので、
冬の日が落ちるのが早い季節が良いだろう。
寒いけど。

P1050495.jpg

海岸沿いを走ってさらに北へ。
工場地帯を展望出来る場所がある。

P1050497.jpg
四日市港ポートビル



下調べしてるから分かっってて来たけども。
ここからの展望室から最高の景色が拝める。
しかし今日はお盆休みと言えど平日。

P1050498.jpg

がーん、
やっぱり17時で営業終了していた。
夜間営業は土日祝日のみである。
お盆だから期待したが駄目だったか。

P1050505.jpg

ここからはコンテナ置き場も見える。
キリンさん(ガントリークレーン)、もっと間近で見たい。

P1050522.jpg

少し駐車場の立体交差になっているところから眺める。
ここだともうちょっと高度が無いとよく見えない。
Google Mapsでそれらしい感じは体験出来るけども。
惜しいなあ。

P1050528.jpg

そして今日も日が沈む。
ママチャリ移動で特にルートを検討もせず、
ナビも無かったのでそこそこ迷いながらで疲れた。

P1050536.jpg

欲張って南の地区の方へ向かうも迷う。
もう一箇所は塩浜地区だけれど、
適当に来たら四日市港へ入り込んでしまった。
盆休みにレンタサイクルで夕闇に走るのは怪しすぎる。

結局完全に日が落ちたので南側は諦めて戻ることにした。

P1050539.jpg

ちょっと迷いつつJR四日市駅に戻って来た。
ママチャリで結局16kmも走った様だ。
レンタサイクルを返却して駅へ。

IMG_5543.jpg

うーん、
次の列車まで40分近く待ち。
どうもタイミングが悪い。
四日市港で迷った分だけ前の電車に間に合わなかったか。
こう言う計画性の無さは本当に旅に向いていない。
いつも行き当たりばったりだ。

IMG_5545.jpg

今回もマッチで終わりを告げる。
ほとんど電車移動だったけれど、
後半はママチャリで頑張ってしまった。

P1050546.jpg

ここからまた電車で1時間以上かけて帰宅。
このガソリン輸送車両が走ってるところも撮ってみたい。
ここから近くにそのスポットもある。
またそれは別の機会に。

今回は電車での撮影含めた旅、
これもまた疲れるけど楽しいものだった。

終わり。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

甲賀の山奥、異界へ続くトンネルの先のミホ・ミュージアム

P1050119.jpg

前回の奥琵琶湖のDAHONサイクリングの際に、
結局時間切れ体力切れでDNFした目的地、
ミホ・ミュージアムへ改めて行って来た。
今回は自転車を持たずに電車旅だ。

IMG_5509.jpg

今回2回目の早起き。
少々朝からお天気が怪しい。
自転車じゃないからいいけど念の為折り畳み傘を持参した。

IMG_5512.jpg

今回も電車を乗り継いで2時間50分くらい。
琵琶湖の南端、石山駅に到着した。
自転車の時は南草津から上って行くのがベストだが、
バスの場合は石山駅から帝人バスが出ている。
片道820円で50分、1時間に1本と中々タイミングが難しい。
途中で電車の遅れが発生してミュージアム行きのバスに10分間に合わずで乗れず。
定刻通りなら始発バスの10分前に到着だったのに。

IMG_5514.jpg

休日ダイヤの最初の9時台だけは次のバスが30分後の、
9時50分にあって待ち時間は30分で済んだ。
平日だとほんとに1時間1本しか無いので注意が必要。

IMG_5518.jpg

石山駅からだから、
お馴染みの瀬田の唐橋を渡って甲賀市の山中へ進む。

IMG_5522.jpg

途中から大戸川沿いを上って行く。
ここが先日DNFした川沿いだ。
大戸川発電所があるところを通過した。
改めて思ったことは自転車で真夏に来るのはかなり過酷と言うところ。
路線バスと乗用車でもすれ違いぎりぎり。
道幅が狭い上に交通量が多いのだ。
往路では1台だけロード乗りを追い越した。
ロードでもそこへ行くだけのためでギリギリかなあと言う道だった。
ましてや外の気温は34℃以上で後半の勾配はきついしミニベロじゃ無理だな。

P1050083.jpg

そんなわけで、
今回はバスでゆったりガタガタ道を上って来て到着。
甲賀の山中にある異質なミュージアム、ミホ・ミュージアムに到着。
その建物もさることながら、立地も凄いところで一度訪れてみたかった美術館、博物館の一つだ。

P1050086.jpg

バス停から階段上ってすぐの場所はレセプションホール。
カフェとチケット売り場とグッズ売店、休憩所になっている。
大人1100円チケットを購入していざ行かん。

P1050091.jpg

レセプションホールからは坂を歩いて上ってトンネルを通過、橋を渡った先がメインのミュージアムとなっている。
歩いて10分かそこらだが、電気自動車が往復していて乗ることもできる。

P1050096.jpg

もちろん最初はこれが体験したくて歩いて来場。
異界への入り口だ。

P1050099.jpg

千と千尋の神隠しが如く、
まさに異界への入り口のトンネルがある。
こんなんワクワクせずに居られない。

P1050103.jpg

サイドには一定感覚でぼんやりとライトが点在している。
なんかこれって灯籠みたいでは。

P1050107.jpg

P1050114.jpg

P1050111.jpg

山の上にあって、そこを通り抜けるトンネルだから風が抜けて涼しい。

P1050124.jpg

電気自動車が通過して行った。
これに乗ってもいいけど歩いて行くとより一層不思議体験が出来るし気分も高まる。

P1050137.jpg

異界へ入り込んだ。
その先は吊橋だ。
吊橋だから微妙に揺れる。
そしてやっとミュージアム本館が見えて来た。

P1050153.jpg

これがミホ・ミュージアムのメイン建物。
和とも洋とも取れる不思議な形。
屋根はお寺みたいだけど、ガラスと鉄骨の組み合わせ。
丸窓があると、やっぱりお寺か。

P1050160.jpg

入り口に入ると、
ガラス扉が左右にすーと開いて、
丸い部分が割れる。
何かRPG感がある。

P1050164.jpg

入ると天井のガラス屋根が見える。
この感じ何か思い浮かぶ?
フランスのルーブル美術館の入り口にあるガラスピラミッド、あれ。
ここの建築デザインしたのがそのI.M.ペイだからだ。

P1050169.jpg

メインロビーの大きなガラス窓から見えるその先は甲賀の山並みが見てとれる。
右手に松が植えられ中々の絶景。
その奥に不思議な建物が2つ見える。

P1050197.jpg

何でこんなところに建物が。
まあそう言う建築をするのはそれ相応の費用がかかるよね。
その宗教団体のもの。
つまりこのミュージアムもそれ。
その資金力と奇抜さ、なるほどねえ。

P1050171.jpg

まずは企画展から。
赤と青のひみつ。
古代からの赤い顔料や青い古物品の、
それぞれの色をテーマにされた展示だった。

P1050175.jpg

中々に興味深い。
赤は何となくアジアに多い、
青は西欧から、中東までのイメージ。
それが混ざってシルクロードでそれぞれに伝わって。
常設展示にもあったけど古代エジプトのラピスラズリのアクセサリーとか良かったなあ。
展示室は撮影禁止なので写真は無し。

P1050180.jpg

P1050182.jpg

P1050211.jpg

企画展から常設展と一通り見た。
帰りのバスも1時間に1本で50分ほど時間があったので、
さらにここの建築記録ビデオや、もう一度常設展示を見てしばらく休憩して本館を後に。

P1050230.jpg

外に出ると暑い。
山の上と行ってもそこまで標高は無い。
さすがに今年は暑い。

P1050299.jpg

帰りも自分の足で。
異界から現世へ戻る。
この不思議トンネルはちゃんと意味があるんだなあ。

P1050306.jpg

レセプションホールに戻って来て、
無料の水をもらいつつまた石山駅行きのバスを待つ。
帰りも50分。
バスの乗車人員は9割中国人だった気がする。
こう言う場所が人気なのね。

面白い体験が出来た。
一度は訪れたい、そんな不思議なミホ・ミュージアムであった。

ルイ・ヴィトンのコレクション発表時の動画があった。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター