Halo headband、汗が目には入らない究極の汗止めバンドの汗止め部分がぽろり

IMG_239.jpg

ヘイローの汗止めバンドを、
ローラートレする時に使ってるんだけど、
ふと洗濯したバンドを見ると違和感が。

IMG_2399.jpg

黄色い汗止めのシリコン部分がぽろりと取れてしまっていた。
さすがに使い始めて経年劣化もしているか。
しかしてぱっと見で問題は無さそうなので再度接着しておく。

IMG_2400.jpg

セメダインとかでいいのかな。
手近にあったのでとりあえずこれでくっつけておいてみる。

IMG_2401.jpg

なんかちょっと元の位置とずれてる?
ああそうか、
伸ばす素材に接着されているから伸ばして接着して丁度良い訳か。
その辺はアバウトなので適当でいいや。

それにしてもバンド無しでローラーやると、
それはそれは酷いね。
特に眼鏡かけてるから視界が全く無くなってしまってZwiftとか無理だった。

接着したらまた使い始めよう。
貧乏性なもんで物は大切に。

ところでヘイローと検索すると高確率でゲームの方がサジェストされるんだよなあ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Z会、ローラー台のマットを移動しやすくするシート

IMG_2375.jpg

前回ローラー台の下に敷くマットを購入した。
Z会、Zwiftで快適にローラーやるためのマット、アルインコ エクササイズマット

それがあると自転車を設置したまま、
丁度良い場所までローラーと自転車ごと移動させるのに重宝する。
しかしながら、
自転車とローラー台とがあるとこれが結構重くてスムーズに移動出来ない。
元々すべり止めの凸凹があるマットだから仕方がない。
絨毯の上では滑りやすい素材である方が良いので加工する。

それで、
最初は想像していた様に上記の通りレジャーシートを100均で購入して来た。
しかし開封してみると明らかに薄っぺらい。
しわしわになって使い物にならない。
結局これは無駄に。

IMG_2378.jpg

ある程度コシがあって、
滑りやすい素材のシートは何かあるか?
そうだ、
作業時の必需品であるブルーシートだ。
手持ちのがそろそろ劣化して来たので、
古い物を加工用にカットして使おう。
(作業用ブルーシートは新しく買おう)

IMG_2379.jpg

これくらいか。
丁度よい感じ。
カットしていてブルーシートって結構丈夫なのを実感。

IMG_2380.jpg

エクササイズマットの裏に接着剤を塗る。
面積が広くて結局一本まるまる使ってしまった。

IMG_2381.jpg

角の丸をカットして出来上がり。
マットの滑りが非常に良くなって、
自転車ごと移動が楽になった。
これで快適にローラーも出来る。

そんな訳で?
室内メンテにも必需品なブルーシートである。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Z会、ZwiftのVolcanoコースにヒルクライムKOM区間新設

2017-03-04_10180411.jpg

今日もズイズイZ会活動。
最近こればっかだな…
今のところ飽きて無いので。

Zwiftは運営もちょくちょくblogで報告しているので、
やっている人はチェックしよう。

VOLCANO CLIMB RELEASED

今回のアプデで暑苦しい火山コースにKOM区間が新設された。
火山コースは基本フラットとちょいアップダウンだけのコースだったが、
上り続ける区間も追加と。

Route details:
計測区間: 3.7 km
平均勾配:3.2%
獲得標高:126m

距離も短く勾配も緩めなので初心者向け?
と言うか競う人にはスプリントクライムな感じだ。

2017-03-04_0940010.jpg

KOM区間を走るにはコースでVolcano Circuit CCWを選択。

2017-03-04_0945222.jpg

スタートはWATOPIAの島からなので、
海底トンネルを通過して火山島へ移動。

2017-03-04_0947243.jpg

火山の中に最初は入って行ってと言うのはいつも通り。
身体を温めるために最初は順路通りに走っておくのが良いだろう。

2017-03-04_1008086.jpg

KOM区間に移動するには、
ここのルート選択で左の火山が噴火しているマークへ行く。
丁度下り始めるところなので、
うっかり通過してしまうところなのだ。
分からなくて一回余計に周回してしまったが。

2017-03-04_1008527.jpg

KOM計測スタート。
最初は計測開始地点が下っているが、
すぐにぐっと上りになる。

2017-03-04_1012009.jpg

丁度火山の周りをぐるっと上るルートなので、
しゅぼしゅぼ蒸気が出ているところを走って行く。

2017-03-04_10153710.jpg

桟橋みたいな板張り路面を上ってあと少し、
と思ったらまだ結構ある。
板張り路面からがレ場に戻って、
最後は10%激坂区間を100mくらい上ってゴール。

2017-03-04_10191612.jpg

上り終えたら来た道を下ってまたルートに戻る。
残念ながらこのKOM区間はルートを選択しないと行けないので、
毎回選択してチャレンジする必要があること。

まだチャレンジ数は少ないのだけど、
トップは6分台前半と既にハイレベルとなっている。
Volcano KOM (ZwiftBlog verified)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Z会、今日のKOMだったけど、Zwiftの世界は広い

2017-03-02_1102426.jpg

今週も前日からの雨でやはりZ会。
それもまた良しと言う感じになって来た。
きっちりローラー出来るからむしろ実走よりも気合は入る。

コースはいつものWATOPIAで、
Epic KOMを含む山岳だけリピートのMOUNTAINルートね。

2017-03-02_0927560.jpg

まずは身体を温めるために、
ゆるーくスタート。
この時間だとアメリカ人ばかり。

2017-03-02_0932581.jpg

最初の平坦で海底ルートは集団多くて賑やかだ。
日が出ている時の海底は涼やか。
ずっと海底みたいなのもあると夏場は良い気もする。

2017-03-02_0935522.jpg

WATOPIAの北島から南島へ移動すると山岳ルートなので、
急に人が居なくなる。
その分岐後なので寂しい。

2017-03-02_0952353.jpg

海底トンネルから分岐して、
橋のあるところを通貨するとKOM計測区間を通過する。
最初の上り口があるのが建物があるGERMAN VILLAGEできついところ。

2017-03-02_0957114.jpg

別荘地帯を抜けると雪が降ってるアルプス区間。
中々日本人が居ないんだけど、
たまたま出くわした人とデッドヒートして、
激坂の鉄塔まで走り抜けた。
鉄塔区間までの上りは他と違ってずっと10%以上で13%とか普通に出てくる勾配なので、
6%までしか再現出来ないローラーではチートじゃないかな。
きついのは変わらないんだけど。

2017-03-02_1015205.jpg

ぐるっと回って下りでちょっと休憩しつつ、
元のスタート地点に戻ったら身体が温まったので踏み込む。
2周目のKOM計測から真面目に回す。
だいたいローラー計測の出力は高めに出ている気がする。
ちょい踏めば300Wオーバーを維持できちゃうし微妙な感じかな。

雪が降るアルプスからスノーシェードを抜けてタイム計測がカウントダウンになった。
今日のKOMタイムにぎりぎり届きそう。
最後は500mを切ったところからダンシングで駆け上がって何とかKOMゲット。
水色の水玉?なゴートジャージをゲット。

2017-03-02_1129537.jpg

これはあくまで今日のタイムの中でのKOMである。
下って元のスタート地点からゲートまで来たら終わり。

STRAVAでそのKOM区間を見てみたら…
Epic KOM Forward (ZwiftBlog verified)

KOMは16:00だ。
すげーなあ。世界は広い。
自分のタイムを見て行ったけど1000位にも入っていない。
パワーメーターも専用品からローラー再現のものまでいろいろあるので、
条件が実走行と違うのは分かっているが、
上には上が居ると言うのを知ったのだった。

本日Zwiftローラー120分



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Z会、ZwiftのRICHMONDコース、と現実のRICHMOND

zui01_2017022410201984d.jpg

先日走行していたZwift内のRICHMONDコース。
そう言えばこれは世界選手権2015年のコースだったものの再現。
つまり実際に存在する場所。

STRAVAに走行データをアップすると、
実際にその場所を走ったかの様にアップされる。
Zwiftと言えば架空の島のWATOPIAだけど、
このRICHMONDとLONDONは実際の場所だ。

それでふと実際にはどうなってるのか見てみた。

zui02_20170224102017565.jpg

同じ場所のGoogleストリートビューの画像。
視点位置が違うけれどなかなかの再現度。

そうそう、RICHMONDは東西あるけど、東海岸の方ね。
川沿いの部分はジェームズ川だ。
そしてここはKOMがあるLibby Hill Parkへ向かう通り。



ああ、
あの塔のオブジェと、
地面の支柱のとこかあ。
普段の走行で何気無しに走っている部分が実際にあって、
こうやって見てみると上手く再現されているなあと再認識するのであった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エリート QUBO(キューボ) デジタルスマート B+ zwift対応
価格:42766円(税込、送料無料) (2017/2/14時点)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター