打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか、見るべきか、見なくて良かったか

IMG_3206.jpg

打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか

過去の名作をアニメ化、ドラマ化、映画化と言うリメイクは数多くあれ、
なるほど、
今これをアニメで作るとこうなるか。

公開前からPVを繰り返し見ていたから、
これは期待しちゃうなーと思って待っていたから期待はしていた。
元はもちろん岩井俊二の実写映画で、
見たことはあるんだけどほとんど内容覚えていないかも。

それで、
実際映画が公開されて週末を挟んだ頃のあちこちの評価を見るに、
これは中々散々な様であららと、見るべきかを迷ってしまった。
結局見ないでは何も言えないので見て来たわけだが。

IMG_2631.jpg

絵柄を見れば分かるけど、
シャフト絵と言われるこの作画や、演出、
物語シリーズを好きで見慣れている人には好きなんじゃないか。
自分は余り好きでは無い方で、やたらとアップになる人物とか、目頭のアレとかが苦手で、
一般受けの定型になったジブリ絵の素朴な人物描写に慣れてると、
ちょっとそれが気になってしまう。

このキャラクターの描写って結構重要で、
物語で終始動いてしゃべっているのだから、
見慣れている、見続けるのに耐えられると言うのは重要なファクターだったりする。
君の名は。で新海誠をコントロールしてキャラデザをぎりぎり最近のアニメ寄りから、
ちょいジブリ寄り?(一般向け)に動かしているのはその辺か。

DSC09135_20170824121800873.jpg

物語の考察はそれ専門にやってるサイトがそこそこあるので、
それを見てもらえればいい。
単純にタイムリープものと言ってしまえば過去のアニメと比較せざるを得ないし、
比較しちゃうから評価の低さに繋がってしまう。

だって君の名は。に、時をかける少女(細田守作品)にある、
好きな人を助けないと死んじゃうカタルシスが無いんだから。
劇場作品もあったけど、STEINS;GATEみたいにタイムリープしてもしても、
世界線は死ぬ事に収斂してしまう苦難も無い。

物語の主軸がまだ恋する手前の少年と、少し先に成長する少女の物語なので
上記のタイムリープものよりも、彼女を絶対に助けないとって言う動機が弱いってのがある。
典道がなずなを好き?なのかな??と言う段階で、
タイプリームを誘発するもしも玉の登場となってしまうから、
見ている側も、
戻ろうとする典道もその動機が弱い。
そこは3回も投げて繰り返すタイムリープなので後半に向けてもっと盛り上がるべきだけど、
お互い理解するのはほんとに最後で、
え?これで終わり?ってなってしまった。

細かい二人と両親の関係は原作に記述があるそうなので、
背景を知った上で見ると、
もう少し二人の思いが分かるのでは無いかな。
初見ではあっさり過ぎてしまって肩透かしに終わってしまった。

最後にあえて自分が言うまでも無いけれど、
声を当てている二人の習熟度がいまいち低いのが気になった。
もうちょっと……ねえ。

シャフト画と言われるアニメ作画に違和感無く見られる層には、
そこそこ佳作と言っていい内容かと思った。
あとスク水の拘りか。

主題歌PVのカット割りと歌はすごい好きです。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

お盆休み、終戦の日、この世界の片隅に

この世界の片隅に [Blu-ray]
この世界の片隅に [Blu-ray]

お盆休みは先祖のお墓参りして、
テレビ見て、
そして終戦の日。

良くこの季節テレビでやってたのは火垂るの墓だけど、
今見て欲しいのはこちらかな。
劇場公開時に見る機会が無かったからソフト発売を待っていたところ、
GYAOで見られる事を知ったので見た。

アニメ映画「この世界の片隅に」オンライン特別試写会 8/15まで|GYAO![ギャオ]
yahooプレミアム会員に登録した上でエントリーを今日中までに済ませると、
無料で8月30日まで見られる。

戦争の映画と言うと、
多くはドンパチ戦闘機や戦艦だったり、
戦争のど真ん中の映画が多い中、
これは戦時中の呉や広島の人々の、生活を描いた映画。
周囲で戦闘が起きていても家族は今日も生きている。
ただの絵が好きな少女のすずさんが見た世界。

知らない土地へ若くして嫁いだ少女の見る世界は、
戦争中でもそうでなくてもこうなんだ。

ぜひ今だからこそ見て欲しい作品だった。
ところで最後の女の子、あの当時、ああやって受け入れる事は普通にあった事なのかな?
火垂るの墓のそれとは違う未来へ進んだ少女の話し。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



いざ日本海へ、ろんぐらいだぁす! (9)、自転車本読書

ろんぐらいだぁす! (9) (REXコミックス)
ろんぐらいだぁす! (9) (REXコミックス)

ろんぐらいだぁす! (9)、
ついに9巻目。

著者もカバー折り返しで語っているが、
一桁巻数最後の9巻目。
毎回言ってる気がするけどよくぞここまで続いた。
この着々と続く感じはまさにロングライド。
並足でも一歩進めばいずれこんな長い距離を走っていたとなる。

前回の続き、
亜美と葵の二人はフレッシュを見据えてそれに近い距離のロングライドを決行。
関東から直江津まで碓氷峠を超えてロングライド。
夜間走行時の山岡家(丘岡家?)のラーメンに加えてオートレストランの自販機、
普段とは違う夜の体験は旅感満載で楽しい。
自分も子供頃にはまだあった?高速道路SAでハンバーガーを食べたなあと。

しかしながらラーメン二杯は食べ過ぎだw
夜間ロングライドってなるとどうしても食欲が止まらない時ってあるけど、
食べてしまうと眠気誘引しちゃって走る事にはちょっとマイナスになってしまうのよね。
ハンガーノックは避けないと行けないけれど、
眠気で走れなくなると言う諸刃の剣だったりする。
(ブルベならタイムアウトの危機だ)

翌日の宿に到着して200km18時間、そりゃあそれくらいかかるわな。
でも安全第一だから眠くなったら素直に仮眠しよう。

翌日宿を経って海野宿。
行き交うサイクリストとの挨拶に戸惑う亜美ちゃん。
この二輪文化と言うかイエーって感じは中々自然には難しいのかな。

「同じ自転車を趣味としてる仲間同士だから……」
なかなかそうは言うけど確かに引っ込み思案な性格だと難しい。
そこで出会った年の離れたおばおねー様が同じFOCUS乗りでの会話、
何か共通点があると話しも弾むんだろう。
ところでこの人ってモデルの誰か居るのか?

後は下り基調、
亜美たちのロングライドはもうちょっと続く。
(裏で噂する雛子たちとの偶然の集合が、次巻に続くのか)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



自転車ロード・レース映画、疾風スプリンター、自転車映画鑑賞

sp.jpg

やっと発売になったので見た、疾風スプリンター。
台湾の自転車ロード・レース映画だ。
公開当時に見たいと思ったけれど結局公開劇場も少なく発売まで待った。

邦題が疾風スプリンターだから確かにスプリンターの話しかな。
原題は”破風 To the Fore”

台湾の自転車チームの話し何だけど、
中国香港映画みたい。
序盤からその演出が、あれ?香港映画かな?と言う流れ。
落車シーンからして思いっきりぶっ飛んだりしておおうってなる。

チームへアシストとして入った二人の主人公?は、
髪型とか出で立ちからなるほどらしい顔立ちだ。
ライバルチームの嫌がらせが露骨だし、
憎ったらしい顔つきと言動が入るのは香港映画でも良く見る定型っぽいなと思わせる。

そこへ入れる要素はやはりかわいい女の子との出会いで、
顔合わせ的なシーンでお互い意識したりするのね。
アジア圏のドラマって必ずこんなシーンがあるよね。

肝心の自転車レースシーンは、
引きや俯瞰の映像はああちょっとCG感が拭えないなと思うけど、
カーブして行くところや煽りはちゃんと撮影してるみたいで迫力はあった。

台湾ではお馴染みのタロコヒルクライムもレースで登場。
しかし下りシーンで落石がそのまま放置してあったり、
おいおいと突っ込みたくなるシーンも。

ところどころの事を起こす転結の転の話しが、
余りに定型的で自転車ロード・レースの映画撮るとこうなるし、
これ入れるだろうエピソードがそのまま出てきてちょっと定型過ぎる気がしないでも無い。

映画ストーリーとしてみると安定の流れで、
普通に起承転結して行くのではあ面白かったとはなるかな。
胸を締め付けるくらいのカタルシスがもう少し欲しい気がした。

最後にはちゃっかりルイ・コスタ本人が登場する辺り、
映画の世界も自転車レースの世界もスポンサー様、さまさまなのだね。
俺たちの戦いはこれからだ!はい。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

その先にあるものは、鈴木裕和 「ブルベのすべて」、自転車本読書

IMG_2620.jpg

直球のタイトルにも惹かれてこれはと思い購入。
これまでブルベと言うニッチな分野の本って商業誌では余り無かった。
そもそもボランティアで小さく運営、開催されているブルベが表立っては居なく、
自転車を趣味としていても、へえと言うちょっとした別世界な気がしていた。

そんなふうに考えていた時期が…
自分がブルベに参加した初年は2010年、
いわゆるBRMと言うのが始まったのでも2002年から。
国内ではまだそこまで歴史は長くは無い。
(ジロ・デ・イタリアが今年100回目とか言うのと比べたらだけど)

そのブルベだが、
割りと一般人的にも認知が進んだのは、
同人誌ロングライダースであり、漫画のろんぐらいだぁす!だろうね。
ここ数年でブルベ始めましたって人はここが入り口の人も多い。

IMG_2622.jpg

さて本題の本の話し。
この本の著者、鈴木裕和氏はもちろん面識は無い。
無いがブログはそこそこ前から拝見していた。
ブルベと言うロングライドを楽しみつつも、ヒルクライム大会へ自走で参加して自走で帰宅する、
ちょっと意味が分からないと思ってみたりした。

著者がブルベに参加したのが2005年から。
その自転車がフラットバーのクロスバイクって言うから驚く。
ダイエット片手間で始めた自転車でいきなり200km走ろうって言うから、
最初からそう言うロングライド素質はあったんだと思う。
文章からは謙遜と言うか最初はみんな初心者だから、と言う雰囲気はあるがなかなかそうは行かない。
現実、私はロードバイクを初めて初200km超えは4年か5年目だったと思う。

IMG_2621.jpg
(ダンボーミニさんと同じ厚み)

さて各章は、
ブルベの認定は短い距離から順番に、が基本なので、
そもそもから始まり200km、300km、400km、600kmと順番に解説されている。
既にブルベを走っている方からすると、
装備だったりロングライドにおいての注意点だったりは既知の話し。

ブルベに向いている自転車は何?
と言う話題は特に出てくるけれど、
公道を走れる車種なら何でもありよと言える。
ファットバイクも最近は見たりする。
本書でも度々述べられている通りに、
エンジン次第なので。

ただ、
自分の経験と本書の中で触れられている電動シフトは良いよ。
デメリットの電源や構造性もあるが長時間ライドを楽にしてくれる道具は、
一度使うと辞められない。

各章ごとに囲みで挿入される、
ショートストーリー的なコラム。
あとがきでどうだろうと言っているけれど、
これは入れて正解。
むしろ既知の情報が多い自分にとってこっちがメインで楽しめた。
(半ストーリーで小説書いてみては?)
一部フィクションと言って200kmからトラブルや苦労を盛り込んで、
400kmは満身創痍での完走としているけれど、
その実際にあったかもしれない状況はとても参考になる。

ブルベやロングライドでの話題に上げるのは結局機材トラブルか身体的トラブルなのだ。
機材については、やはりある程度自分で自転車をいじる経験が必要。
命を預けるロードバイクを素人の自分がいじるなんて!
と言うメンテは全てプロショップへ投げるって人は一定数居る。
しかしブルベを走るならそれは駄目だと思うんだよね。
いちから組み立てられる知識や技術を持てとは言わないけれど、
パンク修理以上の自転車構造知識は持ってから参加して欲しいところ。
(特にレベルの高い技術でも無く、変速調整やヘッドパーツの構造程度の事だけど)

身体的なトラブル。
ハンガーノックや補給の難しさ、
これは実際に走ってその疲労の中で自分を知るしか無い。
胃が強い弱いがあるし食べ物の好みもある。
本を参考にしてなるほどと思っても実践出来るかはやってみなけりゃ分からない。
一つ、著者経験から記載がある”熱中症”
これだけは気をつけて。
当時Twitterでもアメリカ横断レースを観戦していて、
熱中症で意識喪失、落車と言うのを傍から見ていて凄く心配した。
先日ブログでもタブレットを紹介したが今時期からでも、
晴れの日には注意して欲しい。

長い距離の開催がほぼ春先までに集中しているブルベ、
もちろん真夏はその熱中症の危険もあるので、心配は少なめかと思う。
その次の項目、
睡眠、眠気について。
これを書くのは憚れると言うのも、
居眠り運転は絶対に駄目な行為。
しかし飲酒運転と違って数値化出来ない症状だ。
客観視出来ない限りこれも本人の身体的状況次第である。

この項目で著者はPBPでの経験から、
眠くなったら直ぐ寝る、寝ることを前提に計画を立てる。
至極まっとうな回答を経験からも記述している。
コラムで満身創痍の400kmから次の600kmストーリーではネットカフェで仮眠している。
事故を起こしたら元も子もない。
眠くなったら立ち止まって寝よう。
どこで寝るか?そこも問題視されるが、
なるべく目立たない安全な場所でね。がっつり野宿では無いはずなので良いと思う。
15分だけ目を閉じるだけで効果がある。

1000km~
先の項目は自分にとっては未知数。
しかし読んでいて意外?と無理数では無い気がする。
そこは余暇が取れるかにあるが、
600kmをマネジメントして走れる走力が身についた人なら行けるはず。
そこのノウハウは本の細かな解説よりも、
あなたの経験がもうその資格に達している。

追記とさいごに
おろらく執筆の最後の出来事であっただろうけど、
この本のカバーに笑顔で写っているAJ会長稲垣氏の事故死の事。
非常に心苦しい出来事であったと思う。

そう、
毎回ブルベの事を書けば必ず書かなければならない事は、
お家に無事帰るまでがブルベです。
忘れてはならない。
家族にへとへとで帰宅して今日は何km走ったの?と聞かれて◯◯km~
はぁ馬鹿じゃない?と呆れられてやっと終わりである事を。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター