FC2ブログ

ブレーキケーブルとバーテープ交換、噂の日泉ケーブルを試す

s-IMG_7368.jpg

やっとこさこれを使う。
日泉ケーブルのブレーキケーブルに交換だ。
余りロードバイクでロングライドしなくなったのと、
変速系はeTapにして無線化してしまったのでケーブル交換と言う作業を忘れかけていた。
シフトケーブルと違って太めなのでブレーキケーブルはそうそう切れたりしないからね。

s-IMG_7369.jpg

とりあえず今まで使っていたのはただのSHIMANOアウターケーブル。
インナーはBBBのテフロンケーブル。

s-IMG_7371.jpg

ブレーキケーブルのアウターとインナーを交換すると言うことは、
必然とバーテープも交換することになる。
バーテープはずっとSRAMのコルクタイプ。
糊残りが無いので剥がすのが簡単だ。

s-IMG_7372.jpg

外したブレーキアウターケーブルを新品の日泉ケーブルに添わせて同じ長さでカット。
先端をヤスリで整えてカットした穴をきれいにしておく。
(実はこの後微妙な失敗を犯すのだった)

s-IMG_7373.jpg

先端のタイコ部分は変わらんね。
黒いのはBBBのテフロン加工タイプ。
日泉ケーブルはぱっと見て普通のステンレスケーブル何だよな。

s-IMG_7374.jpg

アウターケーブル内にはオイルが必要かの見解は、
公式で引きの軽さ重視ならドライ系のスプレーで良いとあったので
クレのドライファストルブを吹いておいた。

s-IMG_7375.jpg

あとはハンドルに沿わせてビニールテープで留めてやって……

s-IMG_7376.jpg

バーテープを巻いた最後の末端処理は、
ビニールテープで巻いた後にシリコンバンドで固定している。


これは今まで使っていたもの。
これを使うにはレバーを外さないと駄目なので面倒くさい。

s-IMG_7377.jpg

インナーワイヤーをブレーキに通して、
キャップをかしめて完了と、
この時点では思った。

s-IMG_7389.jpg

ところが、
吊るしているジェントスのライトを戻してみると明らかにケーブルが短い。
ハンドルを切ると引っかかる。

s-IMG_7391.jpg

アウターケーブルは2mを売っていて、
これはよほどの事で無ければ前後分カットして余裕がある。
問題はインナーケーブルだ。
適正な長さにアウターケーブルをカットし直して、
インナーケーブルを元のまま通すと、
あ……足らん。どう頑張っても足らない。
既にカット済みのインナーケーブルはどうにもならない。

s-IMG_7390.jpg

アウター側で足りなかったのはわずかこの差だ。
2cmくらい?
結局この日は作業打ち切って、
後日Amazonからもう1本追加購入したインナーケーブルが届いた。

s-IMG_7381.jpg

その前に、
リヤケーブルはこれも使った。
トップチューブに使うライナー管。
外通しになる部分に使っておく。

SHIMANOでも出ている。GIZAは廃盤?


s-IMG_7384.jpg

無くても良いけれどサビ防止になるかなと。
リやケーブルのが長くケーブルをカットするが、
こちらは同じ長さでカットして全く問題無く交換完了した。

s-IMG_7392.jpg

そして後日届いたフロント用のインナーケーブル2本目。
フロント用なので使うのは全体のケーブル長の3分の1も無いのに。
タイコがあるからアウターみたいに残りを再利用ってできないのが痛い。

しかし、最初の適正値だと思ったカット長が違った。
元についていたSHIMANOケーブルと同じ長さでは駄目だった。
そこがこの日泉ケーブルのしなやかさのせいだろうか。

それで肝心のケーブルの使い心地はどうだ?
はい、実はブレーキケーブルは特に違いを感じなかった。
確かに滑らかなんだろうけれど、
元々のBBBのテフロンケーブルも評判良いものであるので、
その差は僅か。
そこそこの金額を投資したが、微妙な結果となった。

シフトケーブルならそこそこ違うんだろうけどね。
あえて利点を上げるとしたらアウターのこの柔らかさしなやかさだろう。
フレームによっては取り回しがきつい状況もあるから、
クニャクニャと曲がっても通せるアウターケーブルを使う利点があると思う。

そう、
折り畳み自転車のミニベロには最適かと思う。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



XOSSのケイデンスセンサーを導入してチェーンステイがすっきり

s-IMG_7344.jpg

実は結構前に買ってあったのを、
時間が出来てようやっと開封して付けた。
これまではGARMIN純正品を使っていたが、
いつの間にか中華パーツにもこんなセンサーが出て来た。
これがまた評判はそこそこ良いのだからあなどれない。


s-IMG_7345.jpg

中身は、本体と留めるゴム大小、説明書には中国語と英語のみ。日本語無し。

s-IMG_7346.jpg

電池はおなじみのCR2032だが、謎のメーカー品が付属していた。
絶縁シートを抜いて通電。
そのうち日本製の電池に変えた方がいいかな。

s-IMG_7347.jpg

自転車に取り付けるのは、
ケイデンスセンサーならクランク用のゴムスペーサー。
本体は1個なのでスピードセンサーならハブ軸へ。

s-IMG_7348.jpg

今までのずんぐりむっくりなGARMINのセンサー、
とりあえず使えるのは疑っていたので、
両方付けたままで試してみた。

s-IMG_7351.jpg

ローラー上で、
GARMINとペアリングして問題無く感知した。
14722って言うのがこのXOSSのセンサーね。
後で名前をXOSSに変更しておいた。

s-IMG_7355.jpg

動作確認出来たので、
古いGARMINセンサーはさようなら。
この赤青タイラップも今回までか。

s-IMG_7356.jpg

そしてこんな時に気づいた、
先端折れてやがる。
そう言うタイミングだったのだな。

s-IMG_7358.jpg

そして、
スピードセンサーはもう1個買えばハブ軸測定出来るが、
もうそこまでの精度は必要性を感じないので、
GARMINのGPS計測のみとする。
だからマグネットも不要。

s-IMG_7361.jpg

ここのネオジム磁石も不要だな。
これには随分お世話になったものだ。

s-IMG_7363.jpg

レビューを見ると先端付近より根本(BBに近い)方のが良いらしいので、
この位置に変更した。
ほぼほぼBBの周囲を周回しているだけの状態。

それで先日実際に走行してみたが、
問題無く計測された。
確かに加速度センサーだから走って即は反映されない。
それでも低ケイデンス30rpmくらいから計測された。
普通に走る分には十分の性能だ。

そんなわけで外付けセンサーはこれ1個のみでフレーム周りはスッキリしたのだった。
eTapもだけれど楽な時代になったものだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




クリンチャータイヤのチューブ・バルブのリムナットは必要か不要か?

IMG_6621_20190306211027db2.jpg

先日、
主にパナレーサーのチューブの取り付け方について、
マニュアルが貼られていたので気になった件。

そして、
バルブナットの存在。
これって使ってる?使っていない?必要?不要?
なんか自転車屋によっても、ライダーの熟練度でも意見が違っている気がする。




パナレーサーのR'airチューブについての説明書のPDFなんだけど、
これによると、

バルブにリムナット用のネジ切りがある場合は、必ずリムナットを使用してください。



ふむふむ、
PDFとツイートで言いたい事は、
ナットの有無では無いんだけれど、
取り付け時にバルブが引っ込んだまま空気を充填すると、
根本に負荷がかかってそこが噛んでパンクするよ、注意してねって内容なんだけど……

barubu.jpg
https://panaracer.co.jp/products/pdf/PIF04-001.pdf

その図でバルブベースの引き抜き不十分、十分であるとある。
それに掲載された図で、ナットの締め込み位置が悪いからの様に掲載されている。

IMG_6631_2019030621084292e.jpg

チューブを買うとだいたいのチューブは、
スレッドがあってナットが付属している。

IMG_6475_2019030621084027b.jpg

取り付け時はナットを外して、
ホイールにタイヤを嵌めて、チューブを入れて、
空気を入れてナットを留めてキャップを付ける。

IMG_6469_201903062108397f6.jpg

んん?
この状態で空気を入れるべき?
パナレーサーのマニュアル手順通りだと、
先にバルブナットを付けて適正位置までねじ込んでやって、
引き抜きが十分な状態にしてから空気を入れるのが良い様に読める。

でも、
空気入れるとバルブって結構引っ込んだところから高圧になればなるほど飛び出て来る。
なのでねじ込み位置もまちまち、もちろんリム高でもまちまち。

自分の場合は、
チューブの噛み込みが無いかを確認してから、
チューブバルブを押し込んで噛み込みが無い様にして、
また引き上げてから空気充填、ナットは適正空気圧まで入れた後に付けている。

一時期何となく通ぶって、
バルブナットもバルブキャップも付けていない時期があった。
キャップは無くても問題無いだろうが、
リムナットはどうか?

マニュアルによると、
引き上げが十分になる様に必要性がある様に読める。
詰まるところ、
バルブ引き上げが十分であればナットはあっても無くても問題無い?
そもそもスレッドが無いタイプのチューブ(マビックとか)では無いのだからね。

以上のことから、
ナットは適正にチューブが入っていれば無くても良いが、
チューブの引き上げが十分になる様にするための補助具として役割があるので、
ナットが付属している、
と言う事なんだろうか。

自分が思うに、メーカーが付けているんだから付けるものだろうと思っているのだが。
さて皆さんの見解はいかに?

どっちの状態でも問題無く使えているから、
どーでもいいよそんな事と言われそうだけど。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



7,855.50 km振りタイヤ交換、SCHWALBE ONE 25C

IMG_6463.jpg

だいたい見た目と距離からそろそろ交換しなきゃなーと思いつつ数週間。
年末が丁度良い区切りかなと思ったけど、
結局日の出見に行ったりでその後になってしまった。

今回もずいぶん保ってくれたSCHWALBE ONEのクリンチャータイヤ。
備蓄しておいたものに交換しよう。
距離は7,855.50 kmであった。
ノーパンクで完走と優秀である。

IMG_6464.jpg

モデル名に変化は無く今回の選択も25Cサイズ。
しかし前回の初期モデルには無かったトレッドが追加されて、
さらにタイヤ方向性の指定が追加されるマイナーチェンジ版。

IMG_6465.jpg

243g

IMG_6466.jpg

226g

まあこんなもんか。
重量差が思いの外あった。

IMG_6467.jpg

69g

IMG_6468.jpg

65g

タイオガのチューブもちょっとだけ差がある。
これも信頼ありでノーパンク完走。
安い上に実は良いチューブ。

IMG_6469.jpg

リヤホイールの方はロゴに合わせる。
バルブホールとはオフセットされているから、
どっちに合わせるかとなるが、ロゴかな。
このタイヤとの組み合わせは、非常に楽。
素手で最後のビードも難なく入る。

IMG_6474.jpg

装着時にはタイヤパウダーもまぶしておく。
これやっておくとタイヤとチューブの擦れや接着防止になるのでやっておこう。
1年以上付けっぱなしにしてもくっついてしまうのを防ぐ。

IMG_6477.jpg

7barほど入れてみて幅を計測してみた。
およそ27mm(26.8mmくらい)だ。
17Cホイールにはめてこれなので数値よりお太り系タイヤなのかな。
コンチだと28mmくらいになりそう。
今となってはこの太さも慣れてしまって個人的には28cタイヤを使ってみたいところ。
フレームクリアランスが厳しいだろうな。

IMG_6475.jpg

ところで
パンク履歴の無いチューブとタイヤ、
どうする?
何となく廃棄するのもったいないなあと思うのだった。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



CAT EYE テールライト OMNI5とOMNI3を輪番充電

IMG_6041.jpg

オートタイプのOMUNI3が出て、
このロングラン製品も注目を再度浴びている今日この頃。

自分もオートタイプ買うかーと思いつつも、
今ある運用で問題無くて、
もう一晩走る事もまあ無いだろうと、押しとどまる。

常時自転車3台を運用していて、
全てでOMNIシリーズを使っていると、
車種によって利用頻度が違って来る。

IMG_6042.jpg

エネループのノーマルタイプを新規に買ってからまだ一度も充電して居なかったので、
電池をローテーションしつつ充電した。

利用頻度を高い方から、
通勤用のOMNI5、
ロード用のOMNI3、
ポタリング用のOMNI5
の順番。

なので全て充電して頻度低いのを高い方へローテーションした。

IMG_6043.jpg

OMNI3も5も何だけど、
買い足した年代はどれも8年とか4年とかの単位で離れているのに、
全てが完動品として現役なのがすごい。
特に通勤用なんて激しい雨にも耐えて壊れる気配が無い。

IMG_6044.jpg

前に新規購入した9月か、
基盤がちょっと違ってると見たが、
基本は同じなのかな。

自分があえてオートを使わないのは、
どうにもオートの、この暗さ点くのか点かないのか、
自分でコントロール出来ないところにある。
リフレックスオートは3個買ったけれど、センサー壊れた経験もあって、
自分にはちょっと合わないなと思った次第。

大量生産品だし、
壊れる壊れないはたまたまもあるけれど、
自分がずっと使って来て壊れていない通常タイプのOMNIシリーズには、
やはり信頼が置けるなと改めて思ったのだった。

そうそう、
2番目の写真にあるけれど、
蓋がパッカーンと振動で外れやすいのは今でも変わらず。
ゴムバンドは必須(GARMIN付属のマウント用ゴム)なのは何年経っても変わらぬ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



   
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター