FC2ブログ

キャットアイ(CAT EYE) テールライト OMNI5 TL-LD155-Rを買い足しました、と新旧比較

IMG_5569.jpg

キャットアイで未だに売ってる電池式の尾灯、
オムニ5を買い足した。

今やすっかりリチウム電池の内蔵式に取って代わった昨今、
電池式を出してくれている事に感謝。
ランタイムを考えるとこれの代替になるものって無いんだよね。
(当初はオムニ3を探したけど、3は廃番なのか売っていない)

IMG_5570.jpg

スペックは今も変わらず。
自分が最初に買ったのはもう10年前とかじゃないかな。
点灯60時間は余裕ある。
いい電池使えばブルベも行ける。

IMG_5571.jpg

開封して思い出した。
これってブラケットも無駄に豊富で、
単4電池まで付属しているのが至れり尽くせりだ。

IMG_5572.jpg

ついでにエネループ単4通常版も購入。
使う電池はこれが定番である。
プロじゃなくてこれね。
安定性重視なら普通のエネループ。

IMG_5574.jpg

早速新品のエネループ単4を入れて点灯してみる。
エネループは最初から使えるとの事で充電はあえてしていない。

IMG_5575.jpg

明るさはもちろん良好。
日中でも後方に向けて視線が合うと結構目立つ。
なので乗車中は日中も常時点灯で使う。

そして手持ちのオム二5を新旧で比較してみた。
これが何だか不思議な結果だった。

IMG_5588.jpg

VOLT800の検証と同じく壁に1mの距離を取り、
照度計にてルクスで計測してみた。
ランタイムはさすがに計測無理なので点灯時の照度だけ検証。
↓参考に。
CATEYE VOLT800が照度維持するのは本当か?

IMG_5589.jpg
A:
52lux

IMG_5590.jpg
B:
55lux

さてA,Bどっちが新でどっちが旧だろうか?

正解は、
Aである。

1mくらい離れるとほとんど新旧の差は無かった。
でも肉眼で壁の赤みを見ると結構違って見える?
まさか8年以上前から使ってるオムニ5と先日買ったオムニ5で違う事無いだろう。

では、
壁面からの距離を50cmに近づけて再度検証してみた。

IMG_5591.jpg

A:103lux

IMG_5592.jpg

B:189lux

これは圧倒的にBだ。
A:新品 B:8年前品

なんと8年前の旧品のが明るかった。
もしかして電池のせいでは?
そう思ってお互いの新品エネループをまるっと入れ替えてみた。
ところが結果は同じ。
明らかに古い方のオムニ5のが明るかった。

基盤を確認すると若干違っている様だ。
調達する部品とか多少は違うだろうが、
これは個体差何だろうか?
それとも仕様がそもそも変わって来ているのだろうか。

IMG_5593.jpg

最後に同時に並べて点灯してみた。
どっちが新でどっちが旧か。
左が新品、右が旧品である。

この結果どう思う?
離れれば尾灯の赤色灯なので前照灯の様な明らかな違いは無い。
実用上は大した差では無いんだけどね。
8年モノのLEDがこれだけ使えているのは恐るべしと言うべきかもしれない。

もちろん、
新旧どちらも使うもの。
DAHONとか自転車増えたからね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

スプロケを久しぶりに洗う、寿命ってどう決めるんだ?

IMG_5349.jpg

ローラー用と実走用とを汗だくで洗う。
スプロケはあんまり目に見えて変化が分からんからどれくらいで交換する?

5000km
10000km
15000km
20000km以上~

チェーンは伸びる(厳密にはリンクが摩耗する)から、
チェッカー当てて分かるしフロントシングルだと落ちやすくなるしで分かる。
じゃあスプロケはどんだけ使うのか。

IMG_5353.jpg

ローラー用は実走行のお古だから利用距離はかなりのもの。
1万kmは超えてる気がする。
ローラーだと変速をそんなにしないから、使うギヤが限られるので、
そこまで減りは分からんのだけど。

IMG_5354.jpg

でも、
こうやってきれいに洗ってみると、
ギヤ歯先がてかってるのでかなり削れている気がする。
そう考えると、
チェーンもスプロケもグレード下げても交換頻度上げた方が良いかもしれない。
ローラー用は105とかにしたらいいのか。
チェーンも一時105を交換頻度上げた方がいいと思ったが、
何かコーティングの違いもあるので錆びやすい様な気がして結局デュラエースにしとくかとなる。

そもそもが、
ローラーも実走行も同じバイクを載せてるから、
ローラー用のスプロケはお古じゃなくて新品の105でもあてがってやるのがベターな気がして来た。

暑さでただゴシゴシ洗っていると余計な事をただただ考えてしまうのだった。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Wippermann Connexのコネックスリンク目的でチェーンごと買ったけど誤算

IMG_4809.jpg

11速チェーンをロードで使う時は、
基本的にSHIMANOのDURA-ACEグレードを使っていて、
先日交換したところ。

ロードバイクのチェーン交換したのいつだっけか

そしてかれこれ、
ロードバイクを乗り始めてからずっとチェーンの接続は、
Wippermann Connexリンクを使っている。

KMCのミッシングリンクなんかは再利用不可と言っているが、
Wippermann Connexは繰り返し利用可能。
着脱も手でらくらくなのが良い。
そんな訳だからかれこれ2年以上リンク部分は使い続けている。

IMG_4810.jpg

そこで買ったのが、
このWippermann Connex 11 SB ブラックコーティングと言う代物。
どうせ11速チェーンがDAHON用に必要だし使用頻度の高いロード用にリンクだけ借用しようと言う魂胆。

IMG_4811.jpg

こんな成りでチェーンがブラックでリンクがゴールドとけばけばしい。
Wippermann Connexリンクだけでも2000円以上するから、
チェーンを買えばリンクも付いて来てお得ではと考えたのだった。

IMG_4825.jpg

そして届いたチェーンとリンクを別々に、
DURAチェーンに使おうとしたところ……

IMG_4826.jpg

何とDURAチェーンには穴径が合わなくてリンクピンが入らない。
無理に入れる事は出来そうだが外せなくなりそう。
つまり今回の誤算は、

Wippermann Connexのチェーン付属リンクはWippermann Connex専用品である、
と言うこと。
SHIMANOのチェーンやカンパ用もあるWippermann Connexリンクは、
リンクのみを買わないと使えない場合がある。
(他の実践サンプルが無いので今回の場合は)

それでロードのチェーン交換は使い古したコネックスリンクをそのまま再利用したのである。
うーんチェーンメーカーとしては当然の仕様なのだろうか。
ロード用にSHIMANO対応のコネックスリンクまた買うか。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

DURAACE 9100 ブレーキBR-R9100のブレーキシューを1年振りに交換、BBB テックストップ

IMG_3770.jpg

もうブレーキシューはこれ一択。
Shimano使う気がしないなあと言う品物。

昨年の今頃、
SRAM eTapにコンポを組み替えた際に、
ブレーキだけはSRAM REDが気に入らず、DURAACE 9100 ブレーキBR-R9100にしていた。
その時に一緒に購入したのがBBBのこのブレーキシュー。

ちょっと前にブレーキとシューはこれにしたと言う記事を上げたが、
使い始めて交換時期であろう1年が経ったので新品に交換。

あなどれないBBB、テックストップ ハイパフォーマンス シュー、ロードバイク組み立て2017その8

IMG_3772.jpg

使った期間は11ヶ月ちょい。
ウエット利用はブルベの時にちょっとだけ降られた、
30分くらい。
あとは全てドライ環境でのみ利用。
それがこの古い方。
表面はちょっと汚れていたのでパーツクリーナーできれいにした。

IMG_3776.jpg

新旧比較。
Shimanoのブレーキシューだとこうやればすぐ分かるくらいに減っている。
ところが、
BBBのこのシュー、???ぱっと見で分からんぞ。

左新品、右旧品。
わずかに使った方が減ってる程度。
使う前は減りが早いと言う評判だったが全く減っていない気がする。

IMG_3774.jpg

重量を計測したら違うんじゃないかと思って、
新旧の重量を測定したら
新品:13g、旧品;12gかと思ったら13gになった時もあって誤差の範囲。
0.1g以下単位まで計測出来たら違うかも。

IMG_3777.jpg

IMG_3779.jpg

前後新品に交換してみたら、
やはり若干ながら引きしろの調整が必要だったので、
数mm単位では減っていた模様。

それにしても減りも少ない。
Shimanoより明らかに少ない。
それでいてリムに優しく、効きもくにゅっとしてて好み。
何だかもうShimanoのシューを使う気が無くなった。

そんなわけでこのBBBのシュー、いいぞ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

Speedplay クリートネジの締め具合につて

IMG_3614.jpg

先々月くらいにSpeedplayのクリートを交換した。
新しいクリートバネと新しいペダルだから付け外しがきっついなーと思って使っていた。

Speedplay クリート交換、のと同時にペダル本体も交換

しかし使い出して早や数ヶ月、
なんか未だによく外すはずの左側がきっつい。
ステップインがきつい。
もう一度チェックしてみた。

Speedplay Zero Aero Walkable(取扱説明書)※PDF

説明書を良く確認。
締め付けトルクは
”クリート締め付けねじの最大トルクは、2.5 Nm/22 インチポンドです。”
”メタルボトムプレートにかみ込んだねじ頭の下の戻り止めから
前負荷の抵抗 (ノッチング) がはっきりと感じられるまで
#2 フィリップスドライバーで各ねじのゆるみを締め付けてください。
戻り止めの抵抗がはっきりと感じられたら、各ねじを 1/4 回転 (90 度) 以下で締め付けます。

IMG_3615.jpg

これか。
つまり、
締めすぎるなって事だな。
今まで締め過ぎていた感がある。
クリート取り付けのプラスネジは特殊で、
ノッチと言うか段差がネジ受け側にある。
これが締め付け過ぎと緩み留めを担っているわけね。

どうも手ルクレンチだと締め過ぎになりガチである。

IMG_3616.jpg

あらためて、
まずは4個のネジを均等にZ字を描く様に締めて行く。
だいたいツライチくらいまでは抵抗無く締まる。

IMG_3617.jpg

最後に、
ノッチによる抵抗を感じたら4分の1だけ回して終わり。
正直、え?これだけの締め付けでいいの?て言うくらいだが、
これが丁度良いんだろうな。
締め過ぎるとクリートバネに余計な力が加わって割れやすいとかあるのかもしれない。
マニュアルは読まないといかんなあ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター