fc2ブログ

DAHONで行く、台風一過の八ツ面山ヒルクライム

s-2022-08-14 10-14-26

これを台風一過と言うのだろうか?
それくらいどんより雲っているし湿気がすごい朝だった。
未明には雷雨がひどくて目が覚めるし、余り熟睡できた感じは無い。

s-2022-08-14 09-16-22

予報を信じて曇りなら少しだけ走っておこう。
いつもこう言う時には定番コースである。

s-2022-08-14 09-27-05

さすがに未明の大雨が影響して川の水位が高い。

s-2022-08-14 09-34-38

確か雨音で目が覚めたのは午前3時くらいか。
その時の1時間程度の雨でこれくらいになるものか。
それよりも前に降った雨の蓄積がこうなるのか。

s-2022-08-14 09-43-26

時々水たまりを避けながら八ツ面山の登り口に到着。
全く登り坂って登って居ないからこんなに辛かったっけ?

s-2022-08-14 09-46-47

Garminに斜度を表示項目として入れてから、
最大勾配かもしれない。
意外な事に最後のカーブまでで20%になった瞬間があった。

s-2022-08-14 09-47-50

s-2022-08-14 09-49-44

眺望は微妙なところか。
雲も多いし湿気が多いから澄んだ感じが全くしない。
とてもじめっとしている。
今日は無線愛好家も誰も居らず。

s-2022-08-14 09-50-39

s-2022-08-14 09-52-07

広角レンズをクロップしてやっと発電所のある方角を認識できる。
画角が広いと小さく写り過ぎて全く分からないな。

s-2022-08-14 09-55-53

下り途中、
そう言えば八ツ面山の神社に寄った事が無いなと思ってお参り。

久麻久神社と言うのか。
八ツ面山神社じゃないのね。

s-2022-08-14 09-56-23

赤鳥居は無いけれど、天満社とお稲荷さん。

s-2022-08-14 09-56-43

皇太子殿下御成婚の記念碑って今の天皇陛下だよね?

s-2022-08-14 09-57-27

s-2022-08-14 09-57-39

疫病退散祈願と。

s-2022-08-14 09-57-50

本来の参道はやはり激急勾配の階段があった。
これを上がるのも結構大変だよね。

s-2022-08-14 09-58-51

御神木は「連理の枝のシイの木」

s-2022-08-14 10-13-03

帰りはまた志貴野橋方向へ戻って、
対岸を走ってゆったりと。

s-2022-08-14 10-16-17

やっぱり水位が高いねえ。

s-2022-08-14 10-26-51

終始曇っていて、
薄く日が差す程度の天気だった。
蒸し暑いけれど焼ける暑さは無く走るには良かったかも。

s-2022-08-14 10-35-51

普段の道はお盆休みか、
みんなこもっているのか、
人が少なく感じた。
束の間の夏休みと言える。

本日28km。

#α7c
#SEL24F28G

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 写真ブログへ




台風の影響は限定的、竜とそばかすの姫

s-IMG_5053.jpg

台風が迫る朝、
今回は、
竜とそばかすの姫
を見ながらローラー。

当初はテレビ放送を楽しみに待っていたところ、
アマプラのが配信が早くてこれ幸いと見る事ができた。

公開当時にはたくさんのCMやサントラも聴いていたのだが、
結局映画館まで足は向かわずじまいだった。

細田作品は最初の時かけからサマーウォーズ、
雨雪までは何か夏の映画っぽくてわくわく感があったんだけどね。
その後の 『バケモノの子』 『未来のミライ』から、あれ?って引っ掛かりが出来てしまった。

今作のそばかす姫の話もなんだけど、
監督の親子の描き方がそうなの?
嫌そうはならんだろうと言う感覚を覚えてしまうのは、なぜだろう。

そばかす姫こと、ベルの引っ込み思案な原因とその生い立ちはまあ分かる。
それを主軸に描いて行っていればもうちょっと何とかなった気がする。
美女と野獣の野獣役な部分の竜の内面が、
それなのは、ちょっと説得力が弱いと言うかお話の壮大さに乏しい。

だって高知の片田舎で、
誰それが好きだとか言っている女子高生や友達の間柄に居る彼女等が、
”U”の世界の中で、ちょっと関わりをもったからって、
実際の現実世界でそこまで行動を起こす原動力になるだろうか。

50億のアバター世界から彼を救わないと世界がどうにかなっちゃうとか、
まだサマーウォーズみたいな世界系としてのやる意義はあったけれど、
動機が希薄でちょっとねと思ってしまった。

細田守作品の今後、
ネット世界、親子関係、少しそのテーマから離れてみてもいいんじゃないかなあ。

本日ローラー60min



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 写真ブログへ






池井戸潤のサイコな部分、BT’63

s-IMG_4984.jpg

BT’63(上) (講談社文庫)
BT’63(下) (講談社文庫)

銀行員ものがメインのストーリーがほとんどの池井戸潤作品、
この辺りは異色の作品になる。
運送会社の総務社員が主人公なんだけど、
その精神が過去へ乗り移って追体験する。
父の本当のところはどうだったのか?

タイムスリップ的でもあり、
そして殺人も絡む暗い高度成長期の辺りの話。

最初BTって何だろうと思って想像していたのだが、
なるほど、ボンネットトラックの事ね。
昔はこの手の造形トラックが良くあったのか。
トヨタ博物館とかに行くと見られるタイプ。

いつもの池井戸潤的なあの嫌な上司に証拠を突きつけて行く、
どやな展開を期待すると肩透かしかもしれない。
父の人生を追体験する、
そんなSF色を醸しつつ、何が人をそこまで動かしたのか、
人の黒い部分をまざまざと描くところは東野圭吾の作品か?と勘違いしそう。

s-IMG_4164.jpg

少し前に読んだMISTに近い感じか。
方向性や新機軸を模索していた時期なのかもしれない。
上下巻の長編としては終わりに悲壮感が漂って、
ただただ暗い読後感であった。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 写真ブログへ




Google ONEベーシック契約、Googleフォトの容量を100GBにアップ

s-photo03.jpg

ついにこの時が来てしまった。
今までGoogleフォトのストレージ容量を、
ドライブと含めてで17GB未満で頑張っていた。
そこまでが無料だよと決まったのが昨年2021年の6月末の話。
ほぼ1年間ではあるが、
写真をアップロードし続けても収まっていた。

それが今年の2022年8月についに枯渇。
もうどうしようも無いので課金する事にした。

s-photo01_2022081118565291c.jpg

通常の状態から、
課金画面に移行すると、
ベーシックで100GBが月額250円と出るのを、
年払いに変更すると年額で2500円になる。
この時点で年払いがお得なのだが、

iPhoneのアプリ内課金にすると

s-IMG_5051.jpg

おや?
iTunes経由だと年払いが2300円になる。
うーんでもApple経由の支払いはあんまり覚えていないんだよなあ。
GoogleサービスはGoogle側の支払いのがいいかなと。

s-photo02_2022081118565390a.jpg

何度かアップグレードを促すリンクを行ったり来たりしていると、
時々だがこんな画面に変わる。
1ヶ月無料体験後に課金はいかが?と言う提案。
つまり13ヶ月で2500円になる。

ならば良しと言う事で課金完了。

photo04.jpg

と言うことで課金して現在の容量がこうなった。
100GBあればしばらく保つかな。
年額払いがこれで、
You Tubeプレミアム9800円と、
Google ONEの2300円で12100円に増えてしまった。

こうやって考えるとGoogle様にそこそこ課金していると言う事だ。




24mmくらいの広角レンズあれこれ、iPhone、GMレンズ、Gレンズ

s-IMG_4990.jpg

さて問題、
これはiPhone、ソニーGMレンズ、Gレンズのうちどれで撮影したでしょう?


まあ分かるか。
答えはiPhone SE2
現行のiPhoneの一番廉価なモデルのカメラ性能ってところだろう。
被写界深度が深いし全体的にピントあってるから面容で、
良く言えばくっきりしっかり、悪く言えば単調かな。
色味も普通で嫌味は無いけど味わいは無い。
iPhoneの標準レンズはフルフレーム換算の28mmだったかな?

s-2022-08-07 08-41-54

そしてこちらはGレンズの24mm
SEL24F28Gなので非常にコンパクトで写りもそこそこで気に入っている。
色味はとてもビビッドに写るし、そこそこボケる開放F2.8から。
後ろが抜けてる画ならそのボケ味を生かしてそれっぽく撮れると言える。
広角レンズにそんなボケを望んでも仕方ないかと思われるけど、
素人目にはそのボケがある方がハッタリが効くので良いのだ。

s-IMG_4991.jpg

そしてまたiPhone
やはり何となく味気無い。
そしてHDR効かせ過ぎ。

s-2022-08-07 09-25-26

こっちはGレンズ、SEL24F28G
色味の問題だけだろうかな?
iPhoneを同じ色合いにレタッチしたらそれなりに肉薄できるだろうか?
さすがにこのブログ用に縮小した640pxlじゃ違いは分からないか。

s-2021-02-14 10-37-57

さて、
最後にGMレンズのSEL24F14GM
同じ画角が無いので良い感じと思ったものを。
このレンズで撮影していた写真は、
かなりハッとする写真率が高い。
やはり広角レンズでも大きくボケるのは正義か?
それだけに扱いが難しくて手放してしまったけど。

s-2021-01-20 09-05-31

これもGM
こう言う被写体だとiPhoneでもGレンズでもGMレンズでも、
違いがあまり無い写真は撮れるかもしれない。

s-IMG_2173_202208090901510ce.jpg

GMレンズ単体は約500g
これが重くてボケの大きさの扱いが難しくて、
結局手放した。

s-IMG_2363.jpg

写真の出来、写りにどこまで求めるのか?
価格と扱いやすさと重さ、
今でもこのバランスを考えるのだけど、
その時々の状況で使い分けて妥協するしか無いんだよなあ。

だけど、
iPhone、と言うかスマートフォンのカメラ画質、
できればスタンダードモデルでもうちょいいい感じに撮れる日が来るのを、
もう少し待ってみたい。

Sigmaの新ARTレンズ発表を見てちょっと心が揺れたのは今回の記事の反応だ。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 写真ブログへ




   
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター