FC2ブログ

秋冬向け汗吸い上げインナー、おたふく手袋 BT デュアルブラッシュド ヘビーウェイト

IMG_5947.jpg

今年のおたふく手袋さん秋冬用の新製品、
おたふく手袋 BT デュアルブラッシュド ヘビーウェイト
を使ってみた。

夏から登場したデュアル機能のもの。
春夏インナーは汗を吸い上げてくれるか、 おたふく手袋 デュアルメッシュ JW-601

それの秋冬用バージョンって事なのかね。
キャッチコピーは”汗を解き放て。”

IMG_5948.jpg

機能説明が相変わらず過ごそうに見える。
一昔前のおたふくさんのパッケージと随分変わったよね。
構造的には、
夏のデュアルメッシュみたいに肌に接して汗を吸い上げる構造。
なので吸い上げる部分のミドル、アウターは必要かな。

IMG_5949.jpg

裏起毛なので、
これだけでも割と温かい。
構造上デュアルなので、ごわごわしている。
ちょっとこのごわごわは気になるなー。
ストレッチ性が失われているのでフィッティングがシビアかも。

IMG_5957.jpg

細めの自分が着用してみた。
まあまあフィット。
通常のボディータフネスのおたふくインナーより緩め、
ゆったりフィットはOTFに近い着心地。

IMG_5956.jpg

ちなみに腕は旧モデルのおたふくインナーに近い腕の短さ。
これは気になる。
メインは体幹の部分だからいいけど。

IMG_5950.jpg

ごわごわは重量にも反映されている。
インナーとしては重くて274gある。
(通常のおたふくインナーは134g)
要するに汗を吸い上げるメッシュの部分と温かい起毛部分が二枚合わせと言う事か。
なので、
夏のデュアルメッシュと通常のおたふくインナーを重ね着している部分を、
一枚で可能にしたインナーって事なんだと思う。

と言う事で、
ここ最近着用してみた。
最低気温10℃前後、
日中18℃前後、
インナーとしては生地が厚いので温かい。
15℃以上だと暑いと感じるかな。
スタート10℃前後の寒さだと丁度良いし快適。
ちょっとした汗はほぼ感じない。

あれ?
と思った事が一つあった。
多めに汗をかく場合はアウターに防風素材のジャケットが必要。
汗(水分)は寒い季節すぐに乾くわけじゃないので、
逃げ場が必要であり機能性インナーは単体では意味が無い。
そこを間違えない様に。
これと、夏ジャージ一枚の組み合わせは運動強度低めは快適、
しかし少し強度高めだと逆に汗が流れすぎて駄目だった。

そのため、
秋冬用と言うよりは厳冬期用な気がする。
最適なのはデュアルブラッシュドと汗を外へ押し出すミドル、防風のジャケットの組み合わせか。
まだ今の10℃を下回らない季節はちょっと暑い。
真冬にそこそこ汗をかく運動強度には最適になるインナーだと思う。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




禁断のねこあつめ、やっていたのは?矢作川ロング

P1100961.jpg

コケ、
今日も秋空が広がった。
朝の冷え込みはそこそこ、
10℃前後なのでまだウエア変更は不要と判断。

いつものスタート9時ころになると13℃前後、
夏ウエアにおたふくインナー、夏アームカバー、レッグカバーで、
指切りグローブはまだ大丈夫。

P1100869.jpg

まぶし。
だいたい堤防をファインダーに収めて、
太陽が入り込むと冬の訪れを少し感じる頃合い。
午前中は道路にこれで影を落とす。

P1100971.jpg

水鳥が徐々に数を増して来た。
丁度飛び立つところとかいいタイミング。
鳥撮りしている人も居たが迷彩柄を施した気合入った超望遠レンズ。
アップで撮影はそれくらい必要だな。

P1100884.jpg

こちらも鳥。
群れで飛んでいると映画を思い出してちょっと怖いね。
こうやって固まるとカラスとか外的から襲われにくいんだろう。

P1100911.jpg

海岸でもキラキラ。
到着したら先客と言うか、
某、オレンジの車が停車していた。
管理堤防なので一般車両は侵入禁止の場所。

P1100952.jpg

今日のニャンコ。
あったかいねー。

P1100923.jpg

今日は大盛況。
ほぼ見ている奴らが集まっていた。
なぜなら餌を上げているから。
そしてこの餌を上げていたのは、
その道路管理者の方。
なるほどな。

P1100933.jpg

野生と言いつつ、
実は飼いならされていたわけだ。
それでも餌にありつけるのは定期的でも無いから、
ここぞとばかりにガッツイていた。
おじさんも良く食うなあと感心していた。

野良の餌付けはどうなのとも思うが、
生きていられればいいのかな。
ガッツイているネコ達を後にした。

本日51km。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



BSアンテナがずれて映らない!台座を一体式に交換した

IMG_6007.jpg

随分前にベランダ取り付けしたBSアンテナ、
先日ふとNHKのグレートトラバースを見ようと思ったら録画失敗していた。
え?
と思ってチェックしたらBSが映らない~。

台座を触ってみるとグラグラする。
経年で緩んだのか。
今年は台風も多かったしたまにチェックしないといかんなあ。

IMG_6002.jpg

台座はこのマスプロのアンテナ付属の物で、
ベランダ取り付け位置と外側に出る支柱が別体になっている。
ここが緩んでいた。
このタイプだとどう増し締めしても動いてしまうので、
今回は台座のみ買い替えた。

antena.jpg

買ったのはこのタイプ。
支柱と台座が一体構造になったもの。
これならずれる心配が無い。

IMG_6003.jpg

元の台座を外して何とか最初の状態に。
一人でこの作業は非常に難易度が高い。
腕が4本欲しいわ。

IMG_6004.jpg

支柱一体の台座を取り付け。
これも難しかった。
最初横向きに付けたら何か違う。
太い方の柱で固定して方が安定するので、
やり直して縦位置で付けた。

IMG_6006.jpg

ネジ保護キャップを付けて、
BSアンテナを戻して完了。
方向は、
テレビ付けてそのままレベルが安定するところで固定。
これでやっとBS放送が見られる。

今年の12月から4K放送がBSでスタートするが、
これでも見られるんだろうか。
受信機側(テレビ)欲しい病が発病しているがさて……



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



香嵐渓は色づき始め、紅葉パトロール2018その1

P1100861.jpg

そろそろ頃合い、
2018年の紅葉パトロールスタート。
いつもの通り香嵐渓へ向かう。
朝は10℃をまた下回ったため少し冷える。
どうしようか迷ったが結局まだ夏ウエアにした。
インナーのみ通常のおたふくインナーにして下はレッグカバーで。
まだまだ指切りグローブでOK。

P1100723.jpg

最初はちょっと寒いと感じて失敗だったかと思ったが、
少し走るとすぐ温まる。
走り出しを我慢すればこのくらいで丁度良いのか。

P1100726.jpg

日がぽかぽか、
30分も走ればもう暑い。
見渡す山も随分色づいて来ていた。

P1100735.jpg

道の真ん中にニャンコ。
おっと思ったのか一瞬こっちを見て立ち止まったと思ったらさーと掛けて行った。
普通の野良は警戒心強いんだよね。

P1100737.jpg

飯盛山はちょいちょい色づき。
渋滞はメインの駐車場周辺くらい。
まだ行くにも戻るにも厳しいほどじゃない。

P1100745.jpg

いつもの待月橋を見下ろすところ。
人ではそこそこもうあるね。
まだ本番は来週、散り際は再来週ってところだけど。

P1100807.jpg

奥まで走って、
川見茶屋。

P1100808.jpg

あれ?
屋根がきれい。
きれい過ぎる。
何と茅葺き屋根がトタン葺き屋根に変わっていた。
うーんメンテナンスを考えれば仕方ないのか。

P1100799.jpg

隣の倉庫だったかは木屋根に苔蒸して多少風情はあったが、
結局オフシーズンは手間だけなので、
金属屋根にしてしまうしか無いわな。

P1100781.jpg

吊橋から見る景色はこれくらい。
11月11日と中旬の色付きなら良い方かな。
台風の影響がどこかしこで聞こえて来るから駄目かと思ったが、
そこまででも無い?

P1100794.jpg

空を見上げればひこうき雲が。
直上の空は透き通っていた。

P1100821.jpg

さらに奥へ進むとここはイチョウの落葉地帯。
丁度自転車を置ける木立があるので、
いつものアングルが撮れる。
カメラ買ってから初撮り。

P1100837.jpg

その先にもみじがあるところ。
ここは落葉し切った時が一番良い。

P1100841.jpg

まだバラバラと落ちている程度。
どちらにしてもこれからの様だ。

P1100842.jpg

鳳来寺道へ合流して今日はここまで。
下山へ登らず戻ることにした。

P1100854.jpg

ナイス青のり。
帰りも登りを少し入れてモトクロス場横を通過して戻った。
渋滞しそうなところはちょっとアップダウンコースで回避。
全行程を山コースはその気分で無いのでこれくらいが良い塩梅だ。

紅葉を楽しめるのは今月中くらい。
晴れと休みがタイミング合えばいいけど。

本日71km。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



Z会、Tacx Neo SmartでZwiftやってみたレビュー

IMG_5988.jpg

シャカシャカ。
Tacx Neo SmartでしばらくZwiftやってみて、
簡単なレビューなど。

まず最初に期待したのが、
ローラー動作時の音について。
これは前評判通りであり最強をうたうだけにとても静か。
全く音がしないと言う事は無いが、ローラーのみで漕いでいてもテレビの音が普通に聴き取れる。
うるさいと感じるのはむしろ変速する音、チェーンの音の方だ。
なのでチェーンオイルが切れて来ると気になる。
駆動音が小さくなるオイルを使うと良いだろう。

2018-11-06_10084314.jpg

次にこれはFLUXに無かった機能なので、
試してみたかった路面再現機能。
うわー、ガタガタするー。
ただそれが楽しい。
どう言う仕組みか良く分からんけど桟橋を渡るとガタガタする。

2018-11-06_10083211.jpg

もしかして?
と思ったが砂利道でもちょっと振動してる?
ずーって感じがする。これは勘違いか?

2018-11-08_1050030_clean.jpg

舗装路面はやっぱりスムーズ。
(コースが違うけど)
そして路面が悪いところを走るとワット数(出力)が上がる。
路面抵抗が高いって事なのね。
これは通常モードでも、ERGモードでもなった。

2018-11-04_10434217.jpg

続いて斜度の再現機能。
これはもう半端ないって。
FLUXでは最大でも10%までの斜度再現だったのが、
NEOでは最大25%までも再現される。
いやそこまで再現されても……
Zwift世界内で最大斜度が現れるのはリッチモンドの丘に上がるところのインサイドを通過する時だっけ?
それは瞬間なので、
ニューヨークなどの登りとかwatopia alpe du zwiftなど。

もうほんと半端ないって。
正直なところ、15%超えてくるとファイナルローでダンシングしても厳しいくらいの抵抗である。
実際の登りでもそうなるからリアル何だけどローラーでそこまで再現されてもなと。
これを走りやすくするには、
セッティングでローラー難易度を調整する。
自分の場合は中間よりちょい上くらいにして丁度良かった。
そうするとwatopia alpe du zwiftで普段ヒルクラTTやる時のきつい斜度で、
ケイデンスが落ちて70回転くらいになる斜度13%とかと同じになる。

15%勾配を超えるのにちょっとダンシングが必要くらい。
心地良い汗が流れる。

IMG_5992.jpg

ダンシングについて。
これは完全固定されてしまうFLUXと全く違う。
多少なりともバイクが左右に傾く。
リヤ固定軸がこの大きなドラムローラーごと左右に傾くので、
自転車がよじれる事無く傾くので多少は安心。
なので、
最近のカーボンフレームでダイレクトドライブのローラーやる人は、
NEOをお勧めしたい。
FLUXでもダンシングしないならOKだが、
安心感が違う。

そしてこの構造が最初に書いた静粛性に影響している。
FLUXも他社のWAHOO何かも、
駆動する部分と、抵抗を生み出す部分が別体でベルト駆動なのである。
これが騒音の原因で、NEOが静かな要因となっている。
ベルトを介さずに駆動部分へ直接電磁的に非接触で抵抗を与えているからなのだ。

IMG_5988.jpg

そして最後に、
凄くどうでも良いギミック、
回すと足元が光る。
緩くは青紫、激しくすると赤く、赤くは辛い。

さらに、
FLUXは電源必須だったものがNEOは電源不要。
何と自家発電で勾配変化を再現する。
実はこれが一番良かったかも。
毎回電源コンセントへ挿したり抜いたり面倒だった。
もちろんNEOにも電源は刺さるが、これが必要なのは下りアシスト機能を使う場合のみ。
下りは気にしていないので電源は挿して利用していない。
下りの速度も気にする人はZwiftレースに出ている人だけだろう。


簡単に、
と言いつつ思った事をつらつら書き過ぎた。
これから寒くなって来るとローラー依存度が高くなりそうで、
つまりは
Tacx Neo Smartはいいぞ、と言う結論である。

(Tacx Neo Smart 2が出るが1型とそこまで違いが無いので安売り中の今1型を買うのもありだ)
音についての比較は下記動画が分かりやすい。
実際はここまでうるさくは無い。





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ




   
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター