防湿庫の湿度がやばいと思ったが原因は……

IMG_5344.jpg

72%は外と変わらん。
ふとカメラを撮影から戻して防湿庫に入れたらこうだった。
そんなにも爆上がりするもんかと思ったが……

IMG_5345.jpg

ああ、
そうか、ストラップごと入れていたせいだった。
普通の人は普通に撮影するくらいなら問題無いだろう。
ところが自分は自転車で走って、
肩掛けしたストラップである。
この暑さ、それ相応に汗をかく。
汗が染み込み水分たっぷり。
うっかりしていた。

IMG_5346.jpg

こう言う時にストラップを簡単に外せるピークデザインのストラップは便利だ。
カメラ本体だけ入れたら徐々に下がってくれた。

IMG_5343.jpg

これくらいが普通か。
今まで水分吸ったストラップを乾かし続けていたのか。
うっかりしていた。

IMG_5350.jpg

これからは、
写真転送、ストラップ外す、カメラのみ収納、ストラップ干す、
そう言う流れが必要な季節であった。
しかし庫内の温度も高いなこれ。
こっちは大丈夫なんだろうかね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

またSkyジャージが増えたよ、Team Sky Ocean Rescue Tour De France

IMG_5334.jpg

またSkyジャージを買ってしまった。
今年は海洋生物保護を謳っており、
チームスカイは全ての活動においてリサイクル出来ないプラスチック製品を使わないそうな。

Sky Ocean Rescue journey by unveiling a new kit design for the upcoming Tour de France

そう言えばRaphaのジャージは買ったけれど、
カステリになってからのジャージは買って無かったな。
海洋保護精神は良しとして自分は純粋にデザインの好みで買っているけど。

IMG_5335.jpg

そのワンポイントな裏地のシャチ。
ツールド・フランスで列車を組んでいるSkyチームを見ていると、
これが並んで面白い。

IMG_5336.jpg

購入したのは、
メンズ半袖のジャージでMサイズを買った。
ジャージは基本的にMサイズを買っている。
メーカーで結構Mサイズでもばらつきがあるがこれはどうだろう。

ジッパーはYKKである。

IMG_5337.jpg

背中の下端部分は滑り止め加工がされている。
縫製はまあ普通かな。
縫い終わりのビローンって糸が出てるのが目立つけど。

IMG_5338.jpg

ツール見てると背中から結構なスケスケ具合が分かる。
(ビブタイツの肩掛けが分かるくらい)
これはレプリカだろうけど、どうかなと思ってみたが、
脇部分が薄い素材になっていた。
前面と背中は普通のジャージ程度かなあ。
選手供給品とはやはり違うのかもしれない。

IMG_5340.jpg

着用した感じでは、
腕まわりがきつい。
着るのも脱ぐのもここがひっかかる。
特に夏場は汗で滑らなくて苦労した。
着脱はアームカバーを付けてからした方がしやすいかもしれない。

IMG_5339.jpg

着用感はRaphaのSkyジャージと似た感じ。
ちょっとタイト目に身体ぴったりとした着心地。
お腹が出てるときついと感じるかも。
ゆったり好みならLサイズか。
背中周りから肩、腰までぴっちりするけど突っ張る程では無い程度。
(178cm、66kgくらいの場合)

IMG_5341.jpg

そんなわけで、
初代のアディダスから今回のカステリまでこんだけSkyジャージが揃った。
薄くて背中は白基調なんで夏には丁度良いジャージじゃないかなあ。
何よりシャチがいい。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

猫も蚊も居なくなる暑さなり、矢作川ロング

P1030885.jpg

今日もあっつい。
それでもこのくらいの短時間ならと走るのである。

もっと早朝に出ようと思うも、
結局ぼんやりしていたり布団を干したりしていたらいつもの時間。
8時半頃スタート。
しかしすでに32℃あった。
こりゃ異常だな。

P1030887.jpg

日は照っているものの、
何となく空は霞んでいて全体的には曇り空。
しかし暑いのは湿度が高いからだろうか。

P1030890.jpg

橋上から水面比較。
明らかに水位は低くなったね。
遠くの砂地が見えてるから。
いつもの平穏な川に戻ったのはいいが、
今度は水不足が予想される、バランスは難しい。

P1030906.jpg

止まるとあっちー。
釣り人は居たが、
今日のニャンコは不発。
こう暑くては出てこないかな。
この暑い日はどこに隠れているのだろう。
テトラポットの影とかに居るのだろうか。

P1030914.jpg

橋の下からこっちへと往復しながら、
水上スキー?
やってた。
今日は先週と違って満潮で、
下流まで水位が高いので漁をしていない。
その時だけかウィンドサーフィンとかジェットスキーとかやってるな。

帰りもがんばるとヒートアップするので、
なるべく頑張らない様に戻った。
ただ走っているだけでのぼせる。

本日51km。


まさに雲龍型か、永安寺の雲竜の黒松、巨樹を訪ねる

P1030002.jpg

忘れた頃にこのシリーズ、
近場の巨樹を訪ねる。
今回は東海道の旧道沿いでちら見える変わった松の木のこちら。



P1030001.jpg

案内板では永安寺の雲竜の松と表記されている。
旧道側から見ると手前に松、奥に永安寺となっているので、
通った事があるならすぐ分かるだろう。
あえてこれを目的に見に行った事が無かったので訪れてみた。

P1020992.jpg

案内によると樹齢300年ほどの黒松で、
木々がすえ広がるものだ。
同じ旧東海道には松並木があるが、
枝が上に伸びるのと違ってこうなっている様だ。

P1030009.jpg

寄って見ると凄い。
ここまで枝が横に広がっている。

P1030005.jpg

折れない様に木で支えているだろうが、
これだけ広がる様にするには、
それなりにメンテナンスも必要だろう。
まさに実物大の盆栽かもしれない。

旧道側からだと小ぶりに見えてしまうので、
ぜひ、
足を止めてお寺側から見てみることをお勧めする。
案内にもお寺側から見た立ち姿が美しいと書いてあった。
まさにその通りである。

P1020997.jpg

P1020989.jpg

こちらは少し先に行った歯医者さんの横にあった力士像。
お相撲さんとゆかりがあるのかな。

街道沿いには人の往来があり、
歴史がある。
たまには通過だけで無く気になったものを訪ねるのもありだと言える。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



灼熱の日は涼を求めて、小渡夢かけ風鈴2018

P1030827.jpg

梅雨が明ける頃、
夏を告げる音が今年も鳴り響く。
小渡の風鈴祭り、小渡夢かけ風鈴を見に行った。

今年一番の暑さ予報、
場所によっては40℃を越えるかもなんて言った予報だったので、
何とか早起きして7時過ぎスタート。

P1030718.jpg

あんまり早すぎてもお祭りは、珍しく日曜スタートの今日初日。
まだ準備段階なので丁度良い頃合いで家を出た。
それにしても雲がまったくない。
走り出してすでに28℃で暑い。

P1030719.jpg

今日のマヨ橋。
このカメラ買ってから初めてたもとから撮影か?
12mmでこんなくらいか。(換算24mm)
もっと広角で撮ってみたいな。

P1030725.jpg

そしていつもの駅にて。
今日はボケ味を生かして。
機材が違えば同じ場所も違って見えるの楽しい。

P1030726.jpg

心配だった矢作川の上流は、
元の穏やかな清流になっていた。
これなら鮎とかも大丈夫なのかな。
やな場も予定通り営業するみたいで。

P1030730.jpg

暑い中、
久しぶりの小渡到着。
すでにあちらこちらで風鈴のセッティングは済んでいた。

P1030732.jpg

郵便局も風鈴飾りで彩っている。
郵便ポスト型の風鈴?

P1030779.jpg

空き瓶を再利用して作られた風鈴。
あちこちの商店や民家が工夫しているところも見られる。
これは足助のひな祭りと同じ感じだ。

P1030766.jpg

アサガオと風鈴、
ああ夏休み。

P1030739.jpg

やはり風鈴、
時折抜ける風で揺れると鳴る音がほんと涼しげ。

P1030742.jpg

お、
手作り工房の戦車は健在。
その奥には?

P1030743.jpg

恐竜?
ゴジラ?

P1030744.jpg

風鈴寺(増福寺)と演技の良い名前のお寺さん。
名前の通りに風鈴に願掛けして納鈴する。

P1030746.jpg

P1030752.jpg

P1030797.jpg

P1030798.jpg

P1030823.jpg

ファミマの手前にある垂れ幕があるところの風鈴がとても風情がって良い。
ここって民家なのかな。
いつもランドマーク的にあるから撮ってしまうけど。

祭りと言いつつ、
祭りの準備段階を堪能して来て、
いつも退散。
祭りの前のちょっとしたざわめき程度が自分には合っている。
本番の人多さには酔ってしまうのでこれくらいが丁度よいかな。

P1030848.jpg

P1030860.jpg

帰りは交通量のある道を避けて、
登るけど下る、
走りやすい道の県道19号から足助経由で帰宅。
こっちのが好みかな。

P1030880.jpg

この気温、
ここまでの距離が限界だわ。

本日98km。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

恵壱

Author:恵壱
ロードバイクとフォールディングバイクであちらこちら



カテゴリ
記事一覧
Amazon
FC2カウンター